バレエ&ダンス
新商品あり チケット受付中

バレエ&ダンス レビュー一覧

バレエ&ダンス | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

333件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 数人の指揮者のバレエ音楽を聞き比べできるので面白い...

    投稿日:2020/08/22

    数人の指揮者のバレエ音楽を聞き比べできるので面白い。カラヤンの白鳥の湖は、華麗で壮絶。特に、終曲の盛り上がりは凄い。アルバムの最後のトラックなので思わずブラボーと言ってしまいそうだ。 このアルバムはグラモフォン盤なので、バレエの得意なボニング(彼はロンドンレーベル)の演奏が収録されていないのは残念でした。

    k.k さん |60代

    0
  • ロパートキナの完璧なまでの優美さは皆さん語っておら...

    投稿日:2020/03/25

    ロパートキナの完璧なまでの優美さは皆さん語っておられるので、それ以外の良い所を。 道化が良い、パドトロワがいい。 衣装、装置、踊りと、全体のレベルがとても高い。 私が最も気に入っているのは三幕の「各国の踊り」、とりわけマズルカが最高に良いのです。 ステップだけでなく、目線や顔のつけ方、表情まできちんとプロのダンサーぶりで見ていて楽しい。 マリンンスキーの他の白鳥や、ロイヤル、パリオペラ座、スカラ座、ABT、Kバレエ…今までたくさん見た白鳥の中で、このキャラクターダンスは最高レベルだと思います。 これで王子とロットバルトが私の好みなら、最高の一枚なのだけど。 指揮はゲルギエフの割にあれ?と感じる箇所(オデットと王子の最初の出会いの辺りなど)もありますが、彼の手の内のオーケストラなので問題なし。 総じて、すぐれた名盤としてお勧めします。 ちなみに、ブルーレイ版があるので、可能ならそちらで。衣装の細かいところまで見えます。

    nikia さん

    0
  • ヘッダ演じるニューバッケンさんのダンスは、ダンスを...

    投稿日:2019/08/19

    ヘッダ演じるニューバッケンさんのダンスは、ダンスを超えた迫真の演技が素晴らしい。モダンダンスの未来性を感じた。

    OΣAMY さん |50代

    0
  • このようなオムニバスアルバムは選曲次第だが、その情...

    投稿日:2017/09/05

    このようなオムニバスアルバムは選曲次第だが、その情報がなく、ジャケット、レーベル、指揮者から推測し購入しましたが、バーゲン品とは言えやはり収録曲目は掲載して欲しい。チャイコフスキー3大バレエ、春の祭典、パリの賑わい、シルフィード、コッペリアなどからの抜粋ですが良いとこ取りですのでバレエ音楽入門編には良いでしょう。指揮者、オケも申し分ありません。

    k.k さん |50代

    0
  • フランス近代好きには、有名だけど、全曲を聴くのが、...

    投稿日:2017/08/12

    フランス近代好きには、有名だけど、全曲を聴くのが、なかなか難しい曲、「ジャンヌの扇」。 ラヴェルやミヨー、プーランクあたりは、音源があるが、他の作曲家のものは、そうそうお目にかかれない。 最初に、ジェフリー・サイモン指揮フィルハーモニア管で、リリースされたが、廃盤のよう。 全曲版の現役CDは、これのみで、しかも、フランスのオケとくれば、買わないわけにはいかない。 さすがに、指揮者はフランス人ではないが、20世紀作品を得意としていて、フランスの地方オケであるロワール・フィルから、まとまりのある魅力的な響きを、導いている。 10人の作曲家の個性も、しっかり表現していて、この時代の、フランス音楽の充実度が、耳でわかる。 もちろん、作曲された経緯が経緯なので、ウィットに富んでオシャレです^^b

    京都のタケさん さん |50代

    1
  • 誰がために鐘は鳴る これは音楽にも言えることだ 聞...

    投稿日:2017/06/01

    誰がために鐘は鳴る これは音楽にも言えることだ 聞き覚えのない音楽を他人事と聞いてはいけない 音楽はわたしたち凡ての人に向けて放たれた光の矢なのだ だが このロシアン・ダンスのコンピレーションディスクではどなたも聞き覚えのあるメロディーのひとつに出会えるだろう たとえ記憶がどの岸辺に着かずとも どこか懐かしい念いに辿りつくだろう P.ヤルヴィがフランス放送POと鮮やかな演奏を繰り広げている デカダンとかロシア情緒というどこかで塗られた絵の具は洗い流されている エラートの録音も鮮烈で直截心奥へ呼びかける実在感がある 透明性と十分な空間性とを実体化している 劇場・楽堂と言わず生活・仕事の場に持ち出して聴きたい音楽になっている BGMとしてもいいだろう たくさんの人の耳に届いて欲しい音楽であり演奏である みなさんどうぞ

    風信子 さん |60代

    2
  • フェアリー・ガーデンに迷い込んでしまった風情に 暫...

    投稿日:2017/05/09

    フェアリー・ガーデンに迷い込んでしまった風情に 暫し時を忘れ夢幻に遊んでしまった 先ず《マ・メール・ロワ》がいい 前奏曲冒頭ホルン・ソリの鄙びたエコーの綾に聞き惚れる これがないと《マ・メール・ロワ》は始まらない バレエ版でないと物足らなくなるのはこれが為だ ロワールO.の醸すソノリティが好ましい そして《ジャンヌの扇》は録音も少なく貴重な記録となった ジャンヌ・デュポストの依頼を受けた10人が書いたバレエのための小品を綴り合わせて扇のように連結され束ねられた珍しい作品だが ラヴェルのファンファーレに始まる一曲一曲が珠玉なのだ 単独で演奏される価値を持つ イベール ルーセル プーランク オーリック シュミットの一曲は殊に優れた曲だ アクセルロッドの指揮は音楽の持つ力を自然に引き出している 何より癖を感じさせない曲運びが幸いしている バレエ曲の性格を生かす描出力に長けている 繊細な耳を持つから色彩感が出る 間もよくよく歌うが細部に拘泥しない軽やかさを保てる 貴重なフランス音楽集が生まれた ご一聴を   

    風信子 さん |60代

    1
  • For the past few years in the Mariinsky Theatre, t...

    投稿日:2016/10/06

    For the past few years in the Mariinsky Theatre, the princess Aurora has been danced by such brilliant female dancers as Yekaterina Osmolkina, Maria Shirinkina, Victoria Tereshkina, Olesya Novikova, Anastasia Kolegova, Anastasia Matvienko, and Alina Somova. The lucky one who has taken the role of the leading lady in this long-awaited remake since the last filmed performance in 1989 and might be regarded, rightly or not, as representative of the revered Mariinsky tradition is Alina Somova. Ms Somova was received most favorably from the start of her career; she danced Odette/Odile in Swan Lake during her first year in the theatre, and was promoted principal in only five years. Also, in an article of Telegraph in 2009, Ismene Brown wrote as follows; This year as the Princess in Alexei Ratmansky’s new The Little Humpbacked Horse for the Mariinsky, she was a delight, as dewy as a milkmaid. After the show, ballet’s grande dame Maya Plisetskaya plucked her diamond earrings off her ears, handed them to the awestruck girl and told her to go grab herself a brilliant career. Then what about her other roles, for instance, Aurora? The following is also a quotation of the same article; (...) Somova is peculiarly flexible. She throws her leg high over the vertical, even in a long skirt. She leaps more like a hurdler than a drift of silk, her very long legs flying weirdly above horizontal. Eye-catching it is; classical, beautiful, musically eloquent it is not. Last year I thought Somova 40 per cent intriguing and 60 per cent circus pony. (...) How does she answer the charge that she overeggs the physical side and distorts a glorious tradition? “I think I would like to be thought of as able to dance, to really dance, not just do a combination of gymnastic movements. But we will never dance like they used to in the past. Yes, in a ballet like Sleeping Beauty I agree, I need to control it. My natural flexibility doesn’t suit the artistic demands of that style but at the same time I can use it, (...)” Somova might have improved artistically in other roles during the years since the interview, but watching her Aurora in this performance filmed in 2015 I can’t find her different than commented by the dance critic quoted above. First of all, Somova doesn’t quite suit the part itself; she’s too tall and even omits tour lent in arabesque penche in pas d’action of act 2. (this is one of the highlights in the Konstantin Sergeyev’s revised version and Alla Sizova did this in 1964 film.) It would’ve been much better if the part had been entrusted to Yekaterina Osmolkina, whom I believe the most ideal Aurora; she actually starred as the part in DVD-Video titled New Year’s Eve in Saint Petersburg and filmed in 2006, when the ballet troupe was directed by Makhar Vaziev, the current director of the Moscow Bolshoi Ballet. Maria Shirinkina is also a near-perfect Aurora, reminiscent of the best Aurora Irina Kolpakova; even if she might not be technically strong enough, as far as the classical purity of the exemplary Petersburg style is concerned, she has no equals. Ms Tereshkina is a fine Aurora, too. Another issue that I would like to mention is about the conductor Valery Gergiev. Mr Gergiev is ackowledged as an authorty especially in Russian repertoire, many recordings of which have been critically acclaimed. However, leading an orchestra in concerts or operas is one thing, and accompanying ballet dancers is another; conducting in ballet performaces belongs to another professional realm. Gergiev’s direction constantly fails to set the proper tempo for each dance and keep pace with the dancers’ movements. For instance, Gergiev’s tempo is too slow in the entry of Aurora in Act 1, especially during Somova’s jete en tournant, so the music fails to end at the same time as the dancer does. Gergiev also conducts too slowly in the subsequent Rose Adagio, so Somova apparently slows down and adjusts her movement to the insensitive musical direction as she crosses the stage along the squires. Nevertheless, the conductor still makes it so slow at the end of the number that one of the four princes barely manages to hold the hand of Aurora in arabesque penche; she might’ve almost lost her balance and fallen down if she had not been such an experienced and technically accomplished ballerina. Also, as the princess does a series of emboite-pirouettes in the subsequent variation, the conductor constantly fails to keep pace with her movements, and at the end of the act, as she starts tombe arabesque sissonne, the orchestra even falls a beat(a quarter note) behind; here the conductor is supposed to indicate an upbeat in advance so that the dancer could see it and get ready for the entry on time. The case is not easy for the other dancers, either; Gergiev conducts too fast in the lilac fairy’s variation in the prologue and the allegro for the corps de ballet prior to Aurora’s variation in act 2, making the dancers rush. When it comes to Aurora’s variation, the tempo gets too slow again. In act 3, the marche, which accompanies the dignified and elegant entrance of the guests to the hall, is played hurried and aggressive, which sounds at odds with the atmosphere of the occasion. In Puss-in-Boots and the White Cat, the music frequently hesitates to go on and it even seems to hold back the dancers. Also, in the pas de deux of the princess Florine and the blue bird, Gergiev holds the final note too long, making the male dancer lose his balance. I have watched many performances of the Sleeping Beauty by the Mariinsky ballet company with different conductors, and Gergiev’s is the most disconcerting. As far as the casting goes, Vladimir Shklyarov as the prince Desire, Kristina Shapran as the lilac fairy, Igor Kolb as the wicked fairy Carabosse, Valeria Martynyuk as the carefree fairy, and Yana Selina as the brave fairy, they all leave nothing to be desired. In contrast, though Diana Smirnova as Tender fairy is quite good, I was expecting Xenia Ostreikovskaya for the part. Tatiana Tiliguzova appeared as Playful Fairy and Gold Fairy, but Anna Lavrinenko should be the natural choice for the roles. Also, the princess Florine should’ve been assigned to Yekaterina Osmolkina rather than Oxana Skorik. The real star in this performance is the corps de ballet; simply phenomenal. The fact that among them is Svetlana Ivanova, admired by the renowned choreographer John Neumeier, guarantees that they could hardly be equalled, let alone surpassed, by any other ballet company in the world; she also appears as one of the maids of honor in act 1. There’s nothing else so pure, ethereal, and beautiful. One final word; in this performance, the Panorama in act 2 is abridged, 52 bars omitted, and there’s no forest backdrop moving sidewards as the lilac fairy and the prince sail toward the sleeping castle; which you can see in the DVD-Video filmed 1982 in the Kirov Theatre (Warner Music Vision). The Panorama

    Manfred さん |30代

    0
  • 確か1990年台後半だったか日本公演をみた 眠り...

    投稿日:2016/09/03

    確か1990年台後半だったか日本公演をみた 眠りは一曲一曲は好きなのだが なにせ長く、好みもあるが 他いろいろ観たのだが あまり記憶に残らないので 白鳥、胡桃ばかりで 遠のいていたのだが たまたま手に入れた公園チケット、幕が上がり次第 圧倒されっぱなしだった まったく飽きが来ない 演出 舞台、細かなマイム とても楽しめ 強く印象に残った舞台でした。 その日は 幕が上がったところで やはり どよめきが起こり  最後は スタンディングオベーション 大喝采でした これも他の方が書かれているが 演劇の国の眠り わかりやすく 入りこみやすくなんといっても 今観ても色あせない斬新さ オーロラ、リラの精、なんといってもダウエルのカラボスが最高で 他の方が書かれているが ものすごい存在感でした (当DVDの 映像、カメラワークがイマイチだなと同感 残念!) 眠りは 先ずはこちらをおすすめしています。

    ぶひ さん |40代

    0
  •  映像は美しいが一般的に観賞している「火の鳥」では...

    投稿日:2016/01/22

     映像は美しいが一般的に観賞している「火の鳥」ではなく、スタジオのためのせいか舞台は終始変わりなく、衣装も通常のものとは異なる。火の鳥が舞台を火をまとい飛んだり、スーと消えたり特殊効果映像が使われている。舞台は白い雪のような中に白樺の木のような物だけで、寒い感じがする。見ていると飽きがきて眠くなります。この程度だったら値段が高すぎる。

    こまち さん |70代

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%