CD 輸入盤

Ma Vlast: Neumann / Lgo

スメタナ(1824-1884)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BC32342
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD

収録曲   

  • 01. Vysehrad
  • 02. Die Moldau
  • 03. Sarka
  • 04. Aus Boehmens Hain Und Flut
  • 05. Tabor
  • 06. Blanik

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
8
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 随分前に購入。前に聴いた時は皆さんのレ...

投稿日:2013/06/20 (木)

 随分前に購入。前に聴いた時は皆さんのレビュー程ではないと思ったが、装置を代えて最近聴き直したところ、改めて演奏の素晴らしさに満足した。日本でLP発売当初レコードアカデミー賞を受賞していたと記憶している。ノイマンも後のチェコPOのものより出来が良いのでは。清新の覇気があり、訴える力が強い。またこの当時のゲヴァントハスが惚れぼれするような演奏をしており、チェコPOより実力が上だと思う。ベルリンクラシックの録音がこの演奏を引き立てている。但しベーシック版の音は不明。この曲を聴くならアンチェルの正規とライブのものに並んでこれを強く推す。

マッキントッシュ さん | 愛知県 | 不明

5
★
★
★
★
★
遊悠音詩人さんのコメントに賛同。確かに最...

投稿日:2011/04/13 (水)

遊悠音詩人さんのコメントに賛同。確かに最強奏で少々音割れはありますが、1968年の録音とは思えない高音質です。演奏も、ゲヴァントハウスと思しきホールの残響が長めであるにもかかわらず、これだけ速いテンポで押していけるのはさすがで、まさにライブ以上にライブ的ですね。ただ、一番驚いたのは、モルダウにおける透明感と緻密さ。下手な指揮者や楽団だと、高音が低音をかき消し、金管と打楽器が弦と木管をかき消すという表面的な演奏になりがちかと思いますが、ノイマンは手兵のオケを見事にコントロールしており、中低音域の響きも美しく、室内楽を大迫力のサウンドで聴いているかのようです。ちょっとした川の濁りや吹き抜ける風、陽光を受けて光り輝く清冽な水面、夜霧など、高画質の大画面を見ているかのようでもあり、聖ヨハネの急流の場面は、岩に当たって流れを変える水の激しいしぶき、舟人の恐怖感や、そこで亡くなった人の呻き声まで聞こえるかのようにリアルで、母なる大河とそこに生きる人々の喜びや悲しみが凝縮された名演だと思います。そして、最後はターボルでの静と動の鮮やかな対比から、ブラニークでの凄烈な盛り上がりへ…。チェコ・フィル盤は持っていませんが、安さもあってこれだけで大満足の1枚です。

のろま さん | 東京都 | 不明

3
★
★
★
★
★
@Vysehrad 15:39, ADie Moldau 12:47, ...

投稿日:2011/03/24 (木)

@Vysehrad 15:39, ADie Moldau 12:47, BSarka 09:55, CAus Boehmens Hain und Flur 13:03, DTabor 13:41, EBlanik 14:44

Gewitter さん | 不明 | 不明

2

スメタナ(1824-1884)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品