トップ > My ページ > はな さんのレビュー一覧

はな さんのレビュー一覧 

検索結果:3件中1件から3件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 5人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/09/09

    N響の演奏記録にあることからかねてより期待していたが遂に全曲発売となり嬉しい限りだ。都響とのマーラーから受ける印象は筋が通っているが録音も影響して比較的地味な印象だった。経歴からみると作品と対峙する客観性を持ちなながら、表現主義的にスコアを再現する演奏となりそうである(ギーレンの指揮に通じる)。それにしてもALTUSは少し経過してからSACDを出すことになりはしないかと心配である。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/03/21

    シューベルトは巨匠風の演奏を期待すると肩すかしを食う。素直で優しい演奏と言えるが、これと言う特徴には乏しい。やや褌が緩い印象。シューマンで印象は一変する。楽章が進むにつれ演奏は熱を帯びるのが好ましい。これまでの演奏で聞かれないような音が句読点のように打ちこまれ、演奏効果を高めている。このシューマンは良い。録音は会場の雰囲気が良く出ている。ひなびたような音色は華やかさはないが、むしろ好ましく繰り返し聴くに値する。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/12/23

    大きな期待をもって当日の演奏会に行き、大変満足しました。ブル8は長年にわたって聴いてきたクナッパーツブッシュ、ミュンヘンフィルの深い呼吸感が再現されたかのようで、この曲に求められるものが高い次元で実現されていたと、感じます。福島氏の指揮棒が限界まで高く掲げられ、オケが必死で食らい付いていく様が今でも思い浮かびます。このような素晴らしい演奏が名古屋で実現したことに強い感謝の念を持ちます。聴衆の方々もブルックナーを聞き込んできた人が多かったのでは?第4楽章の最後に大きな確信をもって奏される、巨像の足跡のようなコーダにこれほど感情移入した経験はかつてなかったことでした。このCDにその時の音響が再現されていることを期待しています。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:3件中1件から3件まで表示