トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 交響曲 > アンドルー・デイヴィスのヴォーン・ウィリアムズ交響曲第9番ほか

アンドルー・デイヴィスのヴォーン・ウィリアムズ交響曲第9番ほか

2017年1月6日 (金)


ヴォーン・ウィリアムズ:交響曲第9番、仮面劇『ヨブ』
アンドルー・デイヴィス&ベルゲン・フィル
ヒコックスからバトンを受け継いだヴォーン・ウィリアムズの交響曲!


故リチャード・ヒコックスより「英国音楽の伝道師」としてのタクトを受け継ぎ、エルガー、ディーリアス、ホルスト、バックスなど英国音楽の新たな名録音を生み出してきた名匠、サー・アンドルー・デイヴィス。最新録音のヴォーン・ウィリアムズは、リチャード・ヒコックスが活動後期にスタートし、志半ばで未完となっていた交響曲チクルスを引き継ぐという偉大な事業の一環。グラモフォン大賞を受賞した『ロンドン交響曲』を始め、ヴォーン・ウィリアムズの録音史に多大な功績を築いてきたChandosによるヴォーン・ウィリアムズ録音集に新たな一枚が加わります。
 今回の録音でコンサートマスターと『ヨブ』のソリストを務めるアレクサンドル・カガンは、ロシアの偉大な音楽一家、オレグ・カガンとナターリャ・グートマンの間に生まれた若きエリート・ヴァイオリニスト。現在ベルゲン・フィルのアソシエイト・コンサートマスターとともに、2016/17年シーズンからノルランド・オペラのコンサートマスターも務めています。また、イギリスの伝説的なコルネット奏者として活躍し、現在はベルゲン・フィルなどノルウェーを拠点に活動するマーティン・ウィンターが交響曲第9番でフリューゲルホルンのソロを吹いています。(輸入元情報)

【アンドルー・デイヴィス】
アンドルー・デイヴィスは、1944年の生まれ。オックスフォード大学キングス・カレッジでオルガンを学びますが、在学中から指揮の才能を認められ、卒業後ローマの聖チェチーリア音楽院へ留学、フランコ・フェラーラに指揮法の基礎を授かります。帰国後は英ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー協会に選抜されて経験を重ねる一方、ネヴィル・マリナー率いるアカデミー・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズの鍵盤楽器奏者としてプロの演奏家の道を歩み始めます。
 そのキャリアが急展開をみせるのは、1970年11月、准指揮者のポストにあったBBCスコティッシュ交響楽団の演奏会で急遽代役指揮を務めてセンセーショナルな成功を収めてから。翌年からはイギリス国内の主要オケに次々と客演する多忙な日々がはじまり、1975年にトロント交響楽団の音楽監督に就任する頃には、既に若いながらも場数を踏んだ経験豊かな指揮者へと成長を遂げていました。同じ頃に開始されたレコーディング活動も、ソニーを中心に積極的におこなわれました。
 その後、1988年にグラインドボーン音楽祭の音楽監督に任命され、翌1989年にはBBC交響楽団の首席指揮者に就任していますが、2000年からはシカゴ・リリック・オペラの音楽監督を務めて現在に至っています。(HMV)

【収録情報】
ヴォーン・ウィリアムズ:
1. 仮面劇『ヨブ』
2. 交響曲第9番ホ短調

 アレクサンドル・カガン(ヴァイオリン・ソロ:1)
 シーグル・メルヴェル・オーゴール(オルガン:1)
 マーティン・ウィンター(フリューゲルホルン・ソロ:2)
 ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団
 サー・アンドルー・デイヴィス(指揮)

 録音時期:2016年5月2,3,4,6日
 録音場所:ベルゲン、グリーグホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

交響曲第9番、仮面劇『ヨブ』 アンドルー・デイヴィス&ベルゲン・フィル

SACD 輸入盤

交響曲第9番、仮面劇『ヨブ』 アンドルー・デイヴィス&ベルゲン・フィル

ヴォーン・ウィリアムズ(1872-1958)

ユーザー評価 : 5点 (1件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥3,337
会員価格(税込) : ¥2,904

発売日:2017年01月28日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item