トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 器楽曲 > ジョン・オグドン/RCA全録音集(6CD)

ジョン・オグドン/RCA全録音集(6CD) 名演奏家たちへ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2014年2月5日 (水)

ジョン・オグドン/コンプリートRCAアルバム・コレクション(6CD)
オリジナル・アナログ・マスターからのリマスター!
各ディスクはオリジナルLPデザインによる紙ジャケに封入
ディスク面にはLP時代のデザインを採用
40ページ・オールカラー欧文解説書付き


イギリスの生んだ名ピアニスト、ジョン・オグドンの没後25周年を記念してRCAからボックス・セットが登場。オグドンは、1973年には舞台から遠ざかってしまったため、現役活動期間が非常に短かったのですが、RCAへのレコーディングは、1967年から1972年にかけておこなわれているため、全盛期オグドンの見事な演奏を十分に楽しむことができます。
 今回登場するセットはアルバム6枚分のレコーディングを収めたもので、初CD化を大量に含む形で、未亡人公認のもとにセットとしてリリースされるというものです。
 オグドンといえばヴィルトゥオーゾとして有名ですが、ここではベートーヴェンの『ハンマークラヴィーア・ソナタ』に、ラフマニノフのソナタ集、アルカンの『ピアノ独奏による協奏曲』という難曲を中心にしたプログラムと、1972年の来日時に東京で録音したリスト作品集によって、その魅力を満喫することができます。
 組合わせのメニンのピアノ協奏曲に、ヤルドゥミアンのパッサカリア、叙唱とフーガ、ニールセンのシャコンヌ、堕天使といった珍しいレパートリーも、みずから作曲もおこなっていたというオグドンならではの発見に満ちたに興味深い選曲といえるかもしれません。
 EMIの17枚組と共にオグドンの演奏を知るために欠かせないボックスの登場です。

【ジョン・オグドン】
ピアニストで作曲家でもあったジョン・オグドン[1937-1989]は、1960年にブゾーニ国際コンクールで優勝し、1961年ブダペスト国際ピアノ・コンクールで優勝、さらに1962年には、チャイコフスキー国際コンクールでも優勝するなど、早くから世界的な演奏活動をおこなっていました。
 オグドンは、師のエゴン・ペトリの影響もあって、ブゾーニやリストなどの名技的レパートリーを得意としていましたが、実際に好んでいたのは繊細で内面的な性格の音楽表現だったとも言われています。オグドンは名教授として知られたデニス・マシューズの弟子でもあり、師の要請で著述活動もおこなうほど知的な傾向の持ち主で、なおかつ自身の作曲活動にもエネルギーを注ぎ込んでいたことなどが重なり、1973年には重度の神経衰弱のため舞台から遠ざかってしまいます。
 やがて電気ショック療法などを経て回復し、1977年以降はアメリカのインディアナ大学での教授活動も展開、1979年には来日公演も実施(1966年と1972年にも来日)し、1983年には、ノッティンガム王立コンサート・ホールの杮落としに登場するなどしていましたが、1989年には病に倒れ52歳で亡くなってしまいます。(HMV)

【収録情報】
Disc1
ニールセン:
・シャコンヌ Op.32
・組曲『堕天使』 Op.45
・交響的組曲 Op.8
・3つの小品 Op.59

 録音時期:1967年9月
 録音場所:ロンドン、デッカ・スタジオ

Disc2
ラフマニノフ:
・ピアノ・ソナタ第1番ニ短調 Op.28
・ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調 Op.36

 録音時期:1968年5月
 録音場所:ロンドン、ビショップスゲート・インスティテュート

Disc3
・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第29番変ロ長調 Op.106『ハンマークラヴィーア』

 録音時期:1967年9月
 録音場所:ロンドン、デッカ・スタジオ

Disc4
・ピーター・メニン[1923-1983]:ピアノ協奏曲
・リチャード・ヤルドゥミアン[1917-1985]:パッサカリア、叙唱とフーガ

 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
 イーゴリ・ブケトフ(指揮)
 録音時期:1968年2月、1967年7月
 録音場所:ロンドン、ウォルサムストウ

Disc5
・アルカン:ピアノ独奏による協奏曲

 録音時期:1969年9月
 録音場所:イギリス

Disc6
リスト:
・ハンガリー狂詩曲第2番嬰ハ短調 S.244
・マゼッパ S.139(超絶技巧練習曲集〜第4曲)
・鬼火 S.139(超絶技巧練習曲集〜第5曲)
・ラ・カンパネラ(鐘) S.141(パガニーニによる大練習曲〜第3曲)
・泉のほとりで S.160(巡礼の年第1年『スイス』〜第4曲)
・もの思いに沈む人 S.161(巡礼の年第2年『イタリア』〜第2曲)
・タランテラ S.162(巡礼の年第2年補遺『ヴェネツィアとナポリ』〜第3曲)
・半音階的大ギャロップ S.219
・メフィスト・ワルツ S.110

 録音時期:1972年6月11,12日
 録音場所:東京、青山タワー・ホール

 ジョン・オグドン(ピアノ)

 録音方式:ステレオ(セッション)
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

ジョン・オグドン コンプリートRCAアルバム・コレクション(6CD)

CD 輸入盤

ジョン・オグドン コンプリートRCAアルバム・コレクション(6CD)

価格(税込) : ¥3,888
会員価格(税込) : ¥3,383
まとめ買い価格(税込) : ¥2,527

発売日:2014年03月25日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

3/26(火)まで!輸入盤CD5点以上で35〜50%オフ このアイコンの商品は、 3/26(火)まで!輸入盤CD5点以上で35〜50%オフ 対象商品です