Quiet Corner クワイエット・コーナー Vol.5

Quiet Corner クワイエット・コーナー

上質な美旋律を奏でる、ヨーロッパのピアノ・トリオ。

“リアル・ジャズ・マッドネス”は、本物志向をテーマに掲げ、欧州ジャズの伝統と格式を今に伝える新しいレーベルである。その厳選されたセレクションの中でも光り輝いているピアノ・トリオのシリーズは、このレーベルの魅力を一層高めるクオリティーを持った作品ばかりだ。熱心なジャズ・ファンの方々なら、そのリーダーとなるピアニストたちのクレジットを見ればおそらく納得するはずであろう。フランスからは、アンリ・サルヴァドールやセルジュ・ゲンズブールの楽曲をエスプリの効いた軽快なタッチで聴かせてくれる、ピエール・アラン・グァルシュ。北欧ジャズやECMにも通じるような透明感と詩的情景を描く、ジャン・クリストフ・ショレ。流麗なハーモーニーと洒落たスウィングが魅力の、アントワン・エルヴィエ。イタリアからは、端正かつ豊潤な美旋律を奏でる、“皇帝”ことアントニオ・ファラオ。彼らはビル・エヴァンスやキース・ジャレットなど、偉大なるピアニストの美意識を脈々と受け継ぎながらも、日本人が持っている“わびさび”や“陰影美”にも似た繊細な感性を併せ持っている。そして熟成された三位一体のアンサンブルからは、ヨーロッパ独特の憂いを含んだ音色を醸し出している。こうした現代ヨーロッパの知られざる素晴らしい作品を届けてくれるレーベル、“リアル・ジャズ・マッドネス”。これから、どんなピアノ・トリオがリリースされていくのか楽しみで仕方ない。
文●山本勇樹

 ※下記の各見出しタイトルをクリックすると、それぞれの特集ページをご覧いただけます。
4件中 1-4件を表示
50件 100件 200件
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて