Blu-ray Disc 輸入盤

『メサイア』 グート演出、スピノージ&アンサンブル・マテウス、アルノルト・シェーンベルク合唱団、他

ヘンデル(1685-1759)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
703104
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
Blu-ray Disc
その他
:
輸入盤

商品説明

これはメッチャ面白い!
ヘンデル『メサイア』の舞台上演
スピノージ+グート、鬼才と鬼才のコラボレーション!

ブルーレイディスク

なんとヘンデルの『メサイア』が舞台上演、しかもスピノージの指揮にグートの演出というのですから、面白くないはずがありません!
 2009年4月にアン・デア・ウィーン劇場で上演された『メサイア』は大きな話題となりました。ザルツブルク音楽祭でのモーツァルトのダ・ポンテ三部作演出で大きな話題を振りまいたクラウス・グートが『メサイア』を演出し舞台上演したのです。ヘンデルの多くのオラトリオは物語性が強く舞台上演も珍しくありませんし、バッハの受難曲の舞台上演も時々あります。しかし物語性に乏しい『メサイア』が舞台上演されるのは前代未聞でしょう。グートはキリストの死と復活を描いた『メサイア』を、「ある男の死とそれを巡る家族や友人たちの物語」として捉え舞台化、それによって聖書からの引用で成り立っている『メサイア』の台本から驚くほど生々しい感情を引き出すことに成功しています。
 舞台上演ですので、当然歌手や合唱は暗譜で歌っています。通常より負担が大きい一方で、スーザン・グリットン、コーネリア・ホラク、ベジュン・メータ、リチャード・クロフト、フローリアン・ベッシュといった名歌手たちは、演技をつけることで役柄と同化し、踏み込みの強い見事な歌唱を繰り広げています。また世界最高の合唱団といっても過言でないアルノルト・シェーンベルク合唱団が、鬼才ジャン=クリストフ・スピノージの鋭い音楽作りに見事に応え、音楽面でも非常に充実。
 ヘンデル・ブームが盛り上がる一方で、かつてヘンデルの代名詞的存在だった『メサイア』は、劇的展開に欠けると苦手にする向きもありました。そんな人たちにこそ打ってつけの『メサイア』。目から鱗が落ちる体験をぜひ!(キングインターナショナル)

【収録情報】
・ヘンデル:『メサイア』
 スーザン・グリットン(ソプラノ)
 コーネリア・ホラク(ソプラノ)
 ベジュン・メータ(カウンターテノール)
 リチャード・クロフト(テノール)
 フローリアン・ベッシュ(バス)
 アルノルト・シェーンベルク合唱団
 アンサンブル・マテウス
 ジャン=クリストフ・スピノージ(指揮)

 演出:クラウス・グート
 装置:クリスティアン・シュミット
 収録時期:2009年4月
 収録場所:アン・デア・ウィーン劇場(ライヴ)

 収録時間:154分
 画面:カラー、16:9
 音声:PCM Stereo、DD5.1
 字幕:英独仏西
 Region All

※ブルーレイディスク対応プレイヤーでのみ再生できます。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ヘンデル(1685-1759)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品