トップ > My ページ > こばやん さんのレビュー一覧

こばやん さんのレビュー一覧 

検索結果:3件中1件から3件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/04/11

    1985年9月8日、NHKホールに居合わせた身として、そのワールドツアーの皮切りとなった本演奏は大変興味深いものであった。
    正直な所、来日公演でのクオリティの高さはこの演奏にはないように思う。
    中間の2・3楽章では木管の自信なさげな音色に「おいおい大丈夫か?」といらぬ心配までしてしまう。しかしながら、この後、演奏を繰り返していくうちに来日時の精度に磨かれていった様を想像するに、長足の進歩を遂げたイスラエル・フィルに心から拍手を送りたい。
    この演奏、圧巻は両端楽章にある。1楽章はレニーが自在なドライヴを魅せ、変幻自在な一大絵巻を展開する。そしてフィナーレはどこまでも深く、そして暖かい。
    まだ数回しか聴いていないが、聴く都度新しい発見があり、聴き飽きない噛めば噛むほど味の出るスルメのような演奏である。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 7人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/02/24

    映画「ピアノマニア」鑑賞して参りました。
    劇中で録音していたフーガの技法はこのディスクかと思います。
    繊細なタッチから紡ぎ出される美音で知られるエマールですが、美しい音色を妥協することなく追い求めるエマールその人のほか、この美音を支えるピアノ調律士の存在があるというのが大変興味深く、面白いドキュメンタリー映画でした。
    これは映画を楽しまれた方には是非とも聴いて戴きたいお薦めの1枚です。
    また、この演奏を愛聴されていて映画未視聴の方がいらっしゃいましたら、この映画もお薦めです。きっとこの演奏を聴く新しい楽しみが見つかることでしょう。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/01/12

    迫力の重低音!
    このズンズンズン感に疲れる方もいるのかな?
    とにかくモノラルながら音は良く、私は満足してます。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:3件中1件から3件まで表示