久石譲&ウィーン響、タメスティ/『Joe Hisaishi in Vienna』

2024年04月05日 (金) 10:00 - HMV&BOOKS online - クラシック


久石 譲〜Joe Hisaishi in Vienna

久石 譲のドイツ・グラモフォン第2弾アルバムは、クラシック作曲家及び指揮者としての研ぎ澄まされた技巧と感性に焦点を当てたクラシック作品集。
 2021年に京都で初演された『Symphony No. 2』は本人指揮によりウィーン交響楽団とウィーン楽友協会で世界初録音。そしてこちらも世界初録音となる『Viola Saga』は著名なヴィオラ・ソリスト、アントワン・タメスティをフィーチャー。今作のリード・トラックでもあり、2022年の日本での初演時から評価の高い楽曲となっています。(輸入元情報)

【収録情報】
久石 譲:
1. Symphony No. 2

 I. What the World Is Now?
 II. Variation 14
 III. Nursery Rhyme

2. Viola Saga
 Movement 1
 Movement 2

 アントワン・タメスティ(ヴィオラ:2)
 ウィーン交響楽団
 久石 譲
(指揮)

 録音時期:2023年3月(1) 9月(2)
 録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール(1) コンツェルトハウス(2)
 録音方式:ステレオ(デジタル)
輸入盤
23件中1-20件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて