トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 管弦楽曲 > ヨハン・シュトラウスU世:管弦楽曲全集

ヨハン・シュトラウスU世:管弦楽曲全集 クラシックお買得ボックス・ニュースへ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2011年5月6日 (金)

ヨハン・シュトラウスU世:管弦楽曲全集(52CD)
MARCO POLOの大労作がナクソスからお買得価格でボックス化!


1997年に高価なボックスでも発売されたマルコポーロ・レーベル最大の労作シリーズが、今度はナクソスから登場します。
 ヨハン・シュトラウス[1825-1899]が最初に作曲をしたのは6歳のときで、曲種はワルツでした。以後、実に67年ものあいだ作曲活動をおこない、500以上に及ぶ管弦楽曲や劇場音楽など数多くの作品を書き上げて演奏、生涯通じて高い人気を博したことはよく知られています。特に創作のメインとなるワルツやポルカなどの管弦楽曲は、聴衆の期待に応えるため、強い情熱を持って書き進められたこともあってか非常に数が多くなっているようです。
 それらのうち、特に人気のある作品については、ニューイヤーコンサートなどウィーンの演奏家たちのおかげで世界的な知名度を得ていますが、有名曲に匹敵する内容を持ちあわせながらもあまり知られていない作品が多いのもまた事実。
 実際、このマルコポーロのシリーズでのレコーディングが世界初録音だったという作品もかなり多く、ヨハン・シュトラウスU世の管弦楽曲の全貌に手軽に接することができるという意味でも、今回のナクソスからの廉価でのボックス化は歓迎されるところです。
 マルコポーロの当シリーズのスタートは1988年のことで、オーストリアの出版社ドブリンガーや、英ヨハン・シュトラウス協会の全面的な協力を得て、1996年の全集完成まで計画的に仕事が進められ、オリジナルの479作品に加えて、多数の編曲ものや補筆完成もの、合唱曲まで含む全部で587に及ぶ作品が収録されています。
 たとえば『美しく青きドナウ』は3ヴァージョン収録されていますし、『春の声』や『酒・女・歌』も2ヴァージョン入っているなど、有名曲のヴァージョン比較が楽しめるのも面白いところです。(HMV)

【収録情報】
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

管弦楽曲全集(52CD)

CD 輸入盤

管弦楽曲全集(52CD)

シュトラウス、ヨハン2世(1825-1899)

ユーザー評価 : 4.5点 (11件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥14,677
会員価格(税込) : ¥12,770

発売日:2011年06月15日
メーカー取り寄せ

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item