生き方 人間として一番大切なこと

稲盛和夫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784763195432
ISBN 10 : 4763195433
フォーマット
出版社
発行年月
2004年08月
日本
追加情報
:
20cm,246p

内容詳細

混迷の時代に打ち込む、「生き方」という1本の杭。充実の人生と成功の果実をもたらす、揺るぎなき指針。2つの世界的大企業・京セラとKDDIを創業した著者が語り尽くした、人生哲学の集大成。

【著者紹介】
稲盛和夫 : 1932年、鹿児島生まれ。鹿児島大学工学部卒業。59年、京都セラミツク株式会社(現・京セラ)を設立。社長、会長を経て、97年より名誉会長。また、84年に第二電電(現・KDDI)を設立、会長に就任。2001年より最高顧問。84年には稲盛財団を設立し、「京都賞」を創設。毎年、人類社会の進歩発展に功績のあった人々を顕彰している。他に、若手経営者が集まる経営塾「盛和塾」の塾長として、経営者の育成にも心血を注ぐ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 徒花 さん

    KUにて。王道的な自己啓発書。結局、人が幸せに生きていくために裏道などはなく、小学校で習うような道徳を愚直に、大人になってからも実践することこそが大切なのだというのが、丁寧に説かれている。読めば「当たり前」のことしか書かれていないのだが、ここに書かれていることをちゃんと実践しようとすると、それは死ぬほど難しい。しかし、それをきちんと実践し、そして社会で結果を出している人が書いているからこそ、ぐうの音も出ないほどの説得力があるのだろう。正しいけれど、正しいからこそ、難しい。

  • Kawai Hideki さん

    十年前の出版だが、図書館の予約は今も長蛇の列。私の後ろにも予約が16人も並ぶ。京セラ、DDIを大企業に育て上げ、65歳を越えて名誉会長に退き、出家を果たした稲盛和夫さんが、自分の思う「生き方」と「人間として一番大切なこと」を少しのてらいもなく真正面から「心を高めること、魂を磨くこと」であると説く。想像以上に中村天風の教えそのままでびっくりした。セラミクスの焼成や人工宝石の結晶成長を真剣に観察しながら技術を磨き、利他の心で事業を大きく成長させて来たからこそ到達した一つの境地として、尊いな、と素直に思う。

  • mura_STEPUP さん

    【再読】先行きの見えない時代の生き方。以下の一文に要約されている「つねに前向きで建設的であること。感謝の心を・・・・強欲ではないこと」。自分の才を私物化しない。利己と利他、背中合わせ。異なるのは広く考えるかどうか、広く考えると利他となる。人格が大切なこと。人格の形成のため六つの精進「努力・謙虚・反省・感謝・利他・○○」。最後の一つができていない自分。虎に追いかけられている人のたとえ話「生命を縮めても蜜をほしがる」。「してもらう」側から「してあげる」側への転身。今週末、心をギアポジションニュートラルに。

  • さと さん

    稲盛氏が自身の生き方の根幹に据えてきた事を、確信として伝えている。読めば読むほど氏のエネルギーを感じずにはいられない。多大なる社会貢献をし、得た冨も膨大であるだろうに、氏の生き方の目的はそもそもそこではなく、「魂をいかに磨き高めて宇宙に還すのか」に尽きる。謙虚さ ひたむきさ 利他の心というおよそ経営とかけ離れた概念が結果的に成功をもたらしている。俗世を離れ煩悩を手放す苦行とも思われるかもしれないが、宇宙意志を理解するならばそこに喜びと感謝が内包されていることに気付くだろう。

  • おしゃべりメガネ さん

    ページ数とは裏腹に思ってた以上に苦戦した一冊となりました。とにかくスケール(器)がデカすぎて、凡人の私には「そうなんだ〜」とはなれないトコがあり、すんなりとはハマれていなかったです。その中でもハマれたのは『六つの精進』―@誰にも負けない努力をするA謙虚にして驕らずB反省ある日々を送るC生きていることに感謝するD善行、利他行を積むE感性的な悩みをしない―がココロに残ったかなと。あとは『三毒』で@怒りA欲望B愚痴がなるほどと思わせてくれました。どんな京都に陥っても、常に前向きな姿勢は今こそ必要かもですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

稲盛和夫

1932年、鹿児島県生まれ。鹿児島大学工学部卒業。59年、京都セラミック株式会社(現京セラ)を設立。社長、会長を経て、97年より名誉会長を務める。また84年には第二電電(現KDDI)を設立、会長に就任。2001年より最高顧問。10年、日本航空会長に就任。15年より名誉顧問。一方、1984年には稲盛財

プロフィール詳細へ

稲盛和夫に関連するトピックス

  • 京セラ・KDDI創業者の名著 京セラとKDDIの創業者であり、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」が人生の哲学を語った名著『生き方 人間として一... HMV&BOOKS online|2015年10月19日 (月) 11:45
    京セラ・KDDI創業者の名著
  • 「経営のカリスマ」稲盛和夫氏の珠玉の講演集 世界的大企業である京セラとKDDIを創業し、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」稲盛和夫氏による膨大な講演録の中か... HMV&BOOKS online|2015年08月17日 (月) 17:54
    「経営のカリスマ」稲盛和夫氏の珠玉の講演集

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品