人魚の眠る家

東野圭吾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344028500
ISBN 10 : 4344028503
フォーマット
出版社
発行年月
2015年11月
日本
追加情報
:
388p;19

内容詳細

答えてください。
娘を殺したのは私でしょうか。

東野圭吾作家デビュー30周年記念作品
『人魚の眠る家』


娘の小学校事件が終わったら離婚する。
そう約束した仮面夫婦の二人。
彼等に悲報が届いたのは、面接試験の予行演習の直前。
娘がプールで溺れたー。
病院に駆けつけた二人を待っていたのは残酷な現実。
そして医師からは、思いもよらない選択を迫られる。

過酷な運命に苦悩する母親。その愛と狂気は成就するのか。
愛する人を持つすべての人へ。感涙の東野ミステリ。

こんな物語を自分が書いていいのか?
今も悩み続けています。 東野圭吾

【著者紹介】
東野圭吾 : 1958年大阪府生まれ。85年、『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。99年『秘密』で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木賞を受賞。12年『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で第7回中央公論文芸賞、13年『夢幻花』で第26回柴田錬三郎賞、14年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    東野圭吾は新作を必ず読む作家の一人です。本作はミステリ色は希薄ですが、脳死、臓器提供、最新の医療の問題を上手くエンタティメントとして加工している感動作です。20世紀の時に21世紀になれば人クローンや人工臓器、ロボットは実現するものと思っていましたが、まだかなり難しいようです。脳を含め、DNA、身体のメカニズムが全て解らないと人に近いロボットは完成しないとのことです。私が生きている間は到底無理そうなので、本作のようなテーマは当分書かれ続けると思います。今年400冊目の区切りの1冊でした。

  • Yunemo さん

    価値基準の難しさ、法的、善悪、好き嫌い、狂ってでも守るべき対象への想い等々。第三者には理解出来ない価値基準の多さそして脆さ。この著に出会った我々読み手に、突きつけられた課題。そんな感じがしてなりません。脳死、臓器移植、この相関を自身で判断ができません。母親の子に対する周りを顧みないほどの執着・狂い、突き詰めると怖くて、完全な思考停止状態。最終章へのプロセス、プロローグとエピローグによる救い、登場人物それぞれの事象に対する葛藤、何だかじんわりとした感情を持って読了。でも、違った結末もあったのではとの想いも。

  • まるけん さん

    2012年、改正臓器移植法施行後、初めて6歳未満の男児が脳死と判定され臓器移植手術が行われた。作品は水難事故により脳死に近い状態に陥った女児を取り巻く家族と脳死、臓器移植をテーマにしている。臓器提供側には幼い我が子の脳死を認めたくない親心があり、臓器を受け取る側には莫大な費用を必要とする海外での移植治療が待つ。移植法改正後、国内でも小児の脳死移植が可能となった。どうせ灰になってしまうなら、どこかで移植を待つ不幸な患児の寿命を延ばす事が出来るなら…。個々の倫理観を問われる重いテーマだったな。是非、どぞっ。

  • zero1 さん

    幼い娘がプールでの事故で脳死状態に。 脳死は臓器移植とつながっている。 「子供のために狂えるのは母親だけ」という言葉は重い。 素朴な疑問。 本書により臓器や骨髄移植についての理解は深まったのか? 単なるエンタメとして読むだけなら、小説は役に立たないものなのだな。 それは作者に問題があるのか? 単に読者が鈍感なのだろうか? 横隔膜ペースメーカーなど、技術を障害者に生かすという視点は流石。 理系の東野らしさが出ている。 もしあなたが親なら、どういう判断をする? 私なら脳死を認める。 役に立つのなら。

  • そのぼん さん

    離婚協議中の夫婦の幼い娘がプールで事故に遭い、脳死と思われる状態になってしまったところから物語が展開していきました。『人の死とは何か』を問いかけるかなり難しいテーマが示されていて、重みのある作品となっていました。少女を取り巻く家族や関係者の心情もとてもリアルに描かれていて、綺麗事だけでは済まされない現実も深く掘り下げられていて、読み終えても何が正しいのか答えは出ませんでした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

東野圭吾

1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学電気工学科卒業後、生産技術エンジニアとして会社勤めの傍ら、ミステリーを執筆。1985年『放課後』(講談社文庫)で第31回江戸川乱歩賞を受賞、専業作家に。1999年『秘密』(文春文庫)で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者χの献身』(文春文庫)で第134

プロフィール詳細へ

東野圭吾に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド