マスカレード・イブ 集英社文庫

東野圭吾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087452167
ISBN 10 : 4087452166
フォーマット
出版社
発行年月
2014年08月
日本
追加情報
:
331p;16

内容詳細

ホテル・コルテシア東京のフロントクラーク山岸尚美と、警視庁捜査一課の新田浩介。『マスカレード・ホテル』で二人が出会う前、大学教授殺人事件の真相とは!? 新シリーズ第2弾!!

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
前作のマスカレードホテルが大好きだったの...

投稿日:2014/12/25 (木)

前作のマスカレードホテルが大好きだったので、こちらも読みました!やっぱり、新田さんは素敵です!マスカレードホテルでのお話の前の話ということで、「どこでどう繋がっていくのだろう?」と思いながら読んでいましたが、それとは別にしても、大変楽しめる作品でした。 でも、前作のマスカレードホテルのインパクトが大きすぎて、そちらの方が面白かったなぁと思ってしまいました。 二冊合わせて読むことをおすすめしたいです。 順番的にはホテル→イブの方がいいですね。時系列的にはイブからなのですが、イブから読んでしまうとホテルの方のネタバレにも繋がってしまうので。

ひよこ さん | 神奈川県 | 不明

2

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Tetchy さん

    前作でコンビを組んだ山岸尚美と新田浩介それぞれの初々しさを髣髴させるエピソード集。本書の美味しいところは山岸尚美のパートでは日常の謎系ミステリを、新田浩介のパートでは警察小説と2つの味わいが楽しめることだ。これらを卒なくこなす東野氏の器用さこそが特筆すべき点であるのだが。この2つの要素を上手く溶け合わせた万人に受けやすいブレンドコーヒーのような作品で、じっくり読むというよりも息抜きで軽く読める読み物となっている。因みに映画化された『疾風ロンド』と微妙なリンクがあるので興味のある方は探してみては?

  • Yunemo さん

    フロントクラークとしての役割を存分に発揮させ、本業ではない職分ながら、自前の推理、仮説から事件の解決へ。このパターンってどこかにもありましたよね。それがまた人を惹きつける大きな魅力になる。尚且つ、そこに至るまでのプロセスがロジカルで。人間誰しも、薄い、厚いはありながら、それぞれの仮面をかぶっているもの。ここに生き様があり、その心理を読み解くところに惹かれるのです。と、言って、一人主人公にせず、コンビによる作品とするところに更なる面白味。本来ならシリーズがあってのエピソード1としての位置付けなんでしょう。

  • どんちん さん

    正直、この二人のシリーズがでてくれるとは思っておらず、とてもうれしい限りだ。二人が会う前という設定と聞いていたが、どう話を展開するか楽しみだった。なるほど、当たり前といえばそうだが、それぞれの人となりをメインとした設定なんだな。ちょっと無理に仮面に結びつけている感もなくはないが、それは、短編ならではということでOKかな。この中では「仮面と覆面」がよかったな。また、「すっぴんの2種類」、これはうけたww さて、さらに続編はでてくるか?なかなか続け方が難しいのだろうが、是非ともお願いをしたい。

  • OCEAN8380 さん

    新田と尚美が出会う前の話。そしてマスカレードホテルに続くんだね。東野さんの作品は面白くて読みやすい。

  • まるけん さん

    『マスカレードホテル』が好きだっただけに超期待して手に取った一冊。 『虚ろな十字架』のような読後の頭重感❓はなかったな。4編からなる短編集。ホテルマン、ホテルウーマンのご作法がとても勉強になる。でも山岸さんのようなフロント係が実在するかは❓それにしても、いい具合に新田刑事と山岸さんの過去をスピンオフしてる。今回、新田と仕事をした女性刑事も次回の活躍を期待。いい子だったな。『ガリレオ』のようにシリーズ化もアリだし、テレビドラマもアリかな。そして『スッピンには2種類』…、これはアルアルだわ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

東野圭吾

1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒業。85年、『放課後』で江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。99年、『秘密』で日本推理作家協会賞、2006年、『容疑者Xの献身』で直木賞、12年、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で中央公論文芸賞、13年、『夢幻花』で柴田錬三郎賞、14年、『祈りの幕が下りる時』

プロフィール詳細へ

東野圭吾に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド