禁断の魔術 文春文庫

東野圭吾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167903770
ISBN 10 : 4167903776
フォーマット
出版社
発行年月
2015年06月
日本
追加情報
:
294p;16

内容詳細

ガリレオ最新長編、文庫オリジナルで登場!

姉を見殺しにされ天涯孤独となった青年。愛弟子の企てに気づいたとき、湯川がとった驚愕の行動とは。あの衝撃作が長編でよみがえる!

【著者紹介】
東野圭吾 : 1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学電気工学科卒。エンジニアとして勤務しながら、85年、「放課後」で江戸川乱歩賞受賞。99年、「秘密」で日本推理作家協会賞受賞。2006年、「容疑者Xの献身」で直木三十五賞受賞。同書は本格ミステリ大賞、2005年度の「週刊文春ミステリーベスト10」「このミステリーがすごい!」「本格ミステリ・ベスト10」各第1位にも輝き、12年にはエドガー賞(MWA主催)候補作となった。同年、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」で中央公論文芸賞、13年に「夢幻花」で柴田錬三郎賞、14年に「祈りの幕が下りる時」で吉川英治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Tetchy さん

    本書に登場する古芝伸吾は東野氏が描いてきた法律では割り切れない現実に生き、犯罪に走らざるを得ない社会の犠牲者の1人だ。元は短編に加筆した作品だったがそこに内包されたメッセージ、とりわけ科学者とはどう生きるべきかという根源的な命題を刻み込んだ作品で中身は濃かった。そして今までは科学を悪用した相手に博識でトリックを看破してきた湯川だったが、今回初めて自身で授けた技術の悪用と愛すべき後輩に対峙した湯川の心境はいかばかりだったのか。この事件を経て湯川はさらに人間的な魅力を備えて我々の許に還ってくるに違いない。

  • Yunemo さん

    なんだか平坦のまま最後まで、という感覚で読了。そこに若干の物足りなさが残るのも事実。短編作に大幅加筆したとのことですが、最後まで新鮮な感覚というのも事実。湯川のより人間味を感じさせることが、強調させられてますね。いろいろな意味で、登場人物の人間性を隠し味にしてる、そんな気がして読了しました。伸吾、姉の秋穂、由里奈と善意の人間をきちんと表現してます。だから読了後に救われた想いになるのでしょう。科学技術とは、扱う人間の心次第、邪悪な人間にかかれば禁断の魔術となる。まさに本著が自身に訴えかけてること。これ真髄!

  • だんじろー さん

    いつもどおりの安定感。残念ながら、決して“最高のガリレオ”ではなかった。ステレオタイプの人物が多く、残念ながら目新しさが全く感じられなかった。代議士と伸吾の関係性についても、内面描写も含めもっと踏み込んで書いてくれたら、最後の場面もより効果的に映ったのではなかろうか。このまま映像化は、ちと厳しかろう。

  • kishikan さん

    あァァ・・・、またやってしまった。禁断の魔術もう単行本で読んでいたのに、文庫本も買ってしまった。それも読み始めは気がつかなくて、読んだ記憶があるなって思ってはいたのだけど、面白過ぎて気づくのが遅くなってしまったよ。というわけで再読。単行本は4つの中編集、その中の「猛射つ」を加筆・改稿したのが、本作品。そういえば1冊の本になったんだから、相当手が加えられているね。でもガリレオ8作目だけあって、いつもの湯川の科学に対する情熱とクールさだけでなく、感動のラスト、内海とのやりとりに湯川の人間らしさが際立っていた。

  • barabara さん

    当たり前だけど既視感ありあり。短編の方が研ぎ澄まされていて、凝縮された中の緊迫感が凄かったが、こちらは長編なのでどうしても間延びしてしまう。まぁ、それはしょうがないのだが。短編の時にも思ったが、一番美味しい野球場のシーンなんて、映像が浮かんでくるほど。狙ってるよね〜。短編が長編を上回ってないのが残念。9

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

東野圭吾

1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学電気工学科卒業後、生産技術エンジニアとして会社勤めの傍ら、ミステリーを執筆。1985年『放課後』(講談社文庫)で第31回江戸川乱歩賞を受賞、専業作家に。1999年『秘密』(文春文庫)で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者χの献身』(文春文庫)で第134

プロフィール詳細へ

東野圭吾に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド