ナミヤ雑貨店の奇蹟 角川文庫

東野圭吾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041014516
ISBN 10 : 4041014514
フォーマット
出版社
発行年月
2014年11月
日本
追加情報
:
413p;15

内容詳細

第7回中央公論文芸賞 受賞

あらゆる悩み相談に乗る不思議な雑貨店。そこに集う、人生最大の岐路に立った人たち。過去と現在を超えて温かな手紙交換がはじまる……張り巡らされた伏線が奇跡のように繋がり合う、心ふるわす物語。

【著者紹介】
東野圭吾 : 1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学工学部卒業。エンジニアとして勤務しながら、85年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。99年『秘密』で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木賞、12年『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で第7回中央公論文芸賞、13年『夢幻花』で第26回柴田錬三郎賞、14年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
登場人物に味がありなかなか面白かったです...

投稿日:2021/07/04 (日)

登場人物に味がありなかなか面白かったです。映画化もされ、人気のストーリーですが、読みごたえがあり、世界観も好きです。

AYA さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
今回の作品は非現実的な物語であり、登場人...

投稿日:2021/06/26 (土)

今回の作品は非現実的な物語であり、登場人物の心情描写がとても詳しくされていると感じました。 温かい気持ちになるすてきな作品です。

ちよ さん | 福岡県 | 不明

0
★
★
★
★
★
東野圭吾さんの名作のひとつだと思います。...

投稿日:2021/06/19 (土)

東野圭吾さんの名作のひとつだと思います。謎解きの話というより人間の感情を重視したミステリーです。映画も面白かったですが私は原作のほうが好きです。東野圭吾さんは本当にミステリー小説なのに泣かせるお話が多いです。大好きな作家さんです。

Yuki さん | 神奈川県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Tetchy さん

    とにかく小憎らしいほど読者を感動させるファクターが散りばめられている。東野圭吾が本気で“泣かせる”物語を書くとこんなにもすごいクオリティなのかと改めて感服した。テーマが普遍的であり、読者に当事者意識をもたらせ、登場人物に自身を投影させる親近感が生まれるからだろう。語りたいエピソードの嵐であるのに思いが強すぎて何を語ればいいのか解らない。それほど心に響いた。特に浪矢雄治の人柄が実に素晴らしい。読み終わった後、しばらくジーンとして動けなかった。またもや東野圭吾に完敗だ。しかもとても清々しくやられちゃいました。

  • しんごろ さん

    未来と過去をなぜか往き来しながら悩み相談する雑貨店の話!かなり面白いね!(^^)また再読すること間違いないです!話がとんだと思ったらちゃんとつながってるし、いわゆる伏線を拾うという技ですね(^^)全ての章が面白くステキな物語でした(^o^)そして手紙の温かさを感じました(^^;)それから、これを読んだら『生協の白石さん』を読みたくなります(^o^)BGMには、いろいろ悩みましたが九州男の『マルアール』がいいかと思います(^^;)

  • zero1 さん

    【情けは人の為ならず】時空を超えた言葉の力。泥棒三人組が廃屋の元雑貨店に隠れる。そこは相談で有名になった店だった。誰もいないはずの店に、相談の手紙が届く。モスクワ五輪(後述)を目指す選手、養護施設の歌手、回答者とその息子。ビートルズの思い出と夜逃げ。そして女性実業家。すべての人物が雑貨店でクロス。「陳腐」とか「ご都合主義」と批判するのは容易。しかし誰かを救い【伝えることの大切さ】を訴えたのは確か。読んでいて「リプレイ」や「夏への扉」を思い出す。残酷なようで、この世は善で成り立っている。

  • サム・ミイラ さん

    三十年前と現在との手紙のやりとりということで、まあなんでもありになってしまうのは仕方ない。でも時代考証がしっかりしているのでもしかしたらこんな事もあり?と思えるのは東野圭吾の手腕か。確かにそれぞれの話は悪くない。泣けないけど。読み終えると全てはナミヤ雑貨店とある施設の縁の物語だったと分かる仕掛け。その縁が実は重要でここは読んでもらうしかない。だから繋がり過ぎるほど繋がっているが正直私はここまでやらなくてもと思う。登場人物のひとりに偶然が多いと語らせるに至ってはもう居直りに近い。ここが一番の衝撃だった(笑)

  • Yunemo さん

    ほのぼのとした感覚が残って読了です。時代的な過去と現在との繋がり、結果として縁ある人々との繋がり、この展開はなかなか味わえません。結局、善人同士の付き合いの要として、ナミヤ雑貨店店主が存在し、それを辿ると丸光園創業者に繋がるという不思議な縁。著者独特の練り方に翻弄されながら、何だか得した気分にさせられます。自身、こんな悩み事を持ち込まれたら、なんと回答するんでしょう。そんなことを考えさせられます。でも、若者3人、やるじゃないですか!! 小さく拍手して、将来の行く末を安堵感を持って期待できます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

東野圭吾

1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学電気工学科卒業後、生産技術エンジニアとして会社勤めの傍ら、ミステリーを執筆。1985年『放課後』(講談社文庫)で第31回江戸川乱歩賞を受賞、専業作家に。1999年『秘密』(文春文庫)で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』(文春文庫)で第134

プロフィール詳細へ

東野圭吾に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド