CD 輸入盤

『ニーベルングの指環』全曲 ヤノフスキ&シュターツカペレ・ドレスデン、アダム、シュライアー、ミントン、他(1980、81、82、83 ステレオ)(14CD)

ワーグナー(1813-1883)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
82876557092
組み枚数
:
14
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Das Rheingold
  • 02. Das Rheingold
  • 03. Das Rheingold
  • 04. Das Rheingold
  • 05. Das Rheingold
  • 06. Das Rheingold
  • 07. Das Rheingold
  • 08. Das Rheingold
  • 09. Das Rheingold
  • 10. Das Rheingold
  • 11. Das Rheingold
  • 12. Das Rheingold
  • 13. Das Rheingold
  • 14. Das Rheingold
  • 15. Das Rheingold
  • 16. Das Rheingold
  • 17. Das Rheingold
  • 18. Das Rheingold
  • 19. Das Rheingold

ディスク   2

  • 01. Das Rheingold
  • 02. Das Rheingold
  • 03. Das Rheingold
  • 04. Das Rheingold
  • 05. Das Rheingold
  • 06. Das Rheingold
  • 07. Das Rheingold
  • 08. Das Rheingold
  • 09. Das Rheingold
  • 10. Das Rheingold
  • 11. Das Rheingold
  • 12. Das Rheingold
  • 13. Das Rheingold
  • 14. Das Rheingold
  • 15. Das Rheingold
  • 16. Das Rheingold
  • 17. Das Rheingold
  • 18. Das Rheingold
  • 19. Das Rheingold
  • 20. Das Rheingold
  • 21. Das Rheingold
  • 22. Das Rheingold
  • 23. Das Rheingold

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
15
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
「ワルキューレ」の冒頭で顕著なように、全...

投稿日:2014/01/14 (火)

「ワルキューレ」の冒頭で顕著なように、全体的に粘り気の薄いテンポが特徴的だとは思いますが、それを理解したうえで聴けば、何よりもCDとしての音質の素晴らしさに圧倒されます。濃厚で古風な油絵のような印象ではなく、大画面HDハイビジョンの美しい映像を観る印象です。現代のステレオ再生環境で聴ける音質としては、最高レベルではないでしょうか。DGに良く聴かれるような、狭いレンジに押し込められたような窮屈な音の印象とは、真逆の印象です。SKDの迫力と繊細さを兼ね備えた素晴らしい演奏を、あますところなく聴かせてくれます。この時期のルカ教会での録音もの特有の豊かな音場感と、立体感があり芯のあるサウンド、一音一音の粒立ち、各楽器の細部の表現まで、実にクリアで見通しの良い音づくりに脱帽です。当時のSKDとしても、カラヤンとの「マイスタージンガー」、クライバーとの「トリスタンとイゾルデ」に続く、西側資本との共作というビッグビジネスの大型プロジェクトだったことは間違いないはず。しかしながら、当時としては、手堅いとは言え、(失礼ながら)それらに比すと名劣りのするヤノフスキー指揮となったのには、何らかの事情があったのではないか、と推察せざるをえない。これで巨匠級の指揮者だったとしたら、今ごろまったく違った「売れ方」をしていたに違いない。そんな事に関係なく、いまこの価格で、この高音質な録音の全曲盤「指環」を聴けるのは、ありがたい。唯一難点は、ディスク交換のため演奏の途中で、ずいぶん無神経に突然曲が切れてしまうこと。

oni-bikkuri-syakkuri さん | 山梨県 | 不明

5
★
★
★
★
★
「指環」全曲は多くを聴いたわけではありま...

投稿日:2013/03/22 (金)

「指環」全曲は多くを聴いたわけではありませんがスマートな仕上がりで聴きやすいディスクと感じました。ドレスデンシュターツカペレの響きは派手ではないですが大変ノーブルで落ち着いた雰囲気があります。カラヤンが同じくドレスデンを振った「マイスタージンガー」も気品のあるものでした。ドレスデンの伝統は素晴らしいです。

コーキロマンハ さん | 兵庫県 | 不明

1
★
★
★
★
★
アダム、コロ、シュライヤーという不世出の...

投稿日:2013/02/12 (火)

アダム、コロ、シュライヤーという不世出の名歌手の円熟の声が聞けるだけでもこのディスクの価値は不滅です。この録音にやたら難癖をつけている評論家気取りの人もいるようですが、自分が作曲者にでもなったつもりなんでしょうかねえ。

Franzi さん | 不明 | 不明

13

ワーグナー(1813-1883)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト