トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ワーグナー(1813-1883) > 『ニーベルングの指環』全曲 ヤノフスキ&シュターツカペレ・ドレスデン、アダム、シュライアー、ミントン、他(1980、81、82、83 ステレオ)(14CD)

ワーグナー(1813-1883)

CD 『ニーベルングの指環』全曲 ヤノフスキ&シュターツカペレ・ドレスデン、アダム、シュライアー、ミントン、他(1980、81、82、83 ステレオ)(14CD)

『ニーベルングの指環』全曲 ヤノフスキ&シュターツカペレ・ドレスデン、アダム、シュライアー、ミントン、他(1980、81、82、83 ステレオ)(14CD)

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:21件中1件から15件まで表示

  • ★★★★★ 

    oni-bikkuri-syakkuri  |  山梨県  |  不明  |  2014年01月14日

    「ワルキューレ」の冒頭で顕著なように、全体的に粘り気の薄いテンポが特徴的だとは思いますが、それを理解したうえで聴けば、何よりもCDとしての音質の素晴らしさに圧倒されます。濃厚で古風な油絵のような印象ではなく、大画面HDハイビジョンの美しい映像を観る印象です。現代のステレオ再生環境で聴ける音質としては、最高レベルではないでしょうか。DGに良く聴かれるような、狭いレンジに押し込められたような窮屈な音の印象とは、真逆の印象です。SKDの迫力と繊細さを兼ね備えた素晴らしい演奏を、あますところなく聴かせてくれます。この時期のルカ教会での録音もの特有の豊かな音場感と、立体感があり芯のあるサウンド、一音一音の粒立ち、各楽器の細部の表現まで、実にクリアで見通しの良い音づくりに脱帽です。当時のSKDとしても、カラヤンとの「マイスタージンガー」、クライバーとの「トリスタンとイゾルデ」に続く、西側資本との共作というビッグビジネスの大型プロジェクトだったことは間違いないはず。しかしながら、当時としては、手堅いとは言え、(失礼ながら)それらに比すと名劣りのするヤノフスキー指揮となったのには、何らかの事情があったのではないか、と推察せざるをえない。これで巨匠級の指揮者だったとしたら、今ごろまったく違った「売れ方」をしていたに違いない。そんな事に関係なく、いまこの価格で、この高音質な録音の全曲盤「指環」を聴けるのは、ありがたい。唯一難点は、ディスク交換のため演奏の途中で、ずいぶん無神経に突然曲が切れてしまうこと。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    コーキロマンハ  |  兵庫県  |  不明  |  2013年03月22日

    「指環」全曲は多くを聴いたわけではありませんがスマートな仕上がりで聴きやすいディスクと感じました。ドレスデンシュターツカペレの響きは派手ではないですが大変ノーブルで落ち着いた雰囲気があります。カラヤンが同じくドレスデンを振った「マイスタージンガー」も気品のあるものでした。ドレスデンの伝統は素晴らしいです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Franzi  |  不明  |  不明  |  2013年02月12日

    アダム、コロ、シュライヤーという不世出の名歌手の円熟の声が聞けるだけでもこのディスクの価値は不滅です。この録音にやたら難癖をつけている評論家気取りの人もいるようですが、自分が作曲者にでもなったつもりなんでしょうかねえ。

    13人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    konaka  |  広島県  |  不明  |  2013年01月26日

    廉価版で出たので買いました。 良い演奏・録音だと思います。 ただ、ハイティンク(EMI盤)、ショルティ(デッカ盤)と比べると、 地味さを感じてしまいます。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    鉄血桃太郎  |  山梨県  |  不明  |  2012年12月30日

    その昔初のデジタル・リングとして鳴り物入りで登場したが、ショルティ、カラヤン、ベーム等のあとでは低評価もやむを得なかった。私は当時まったく無視した−というか評価の良くないディスクを買うような酔狂をやる余裕はなかったというのが真相。今は知らないが、ヤノフスキもその頃まだまだ未熟だったと思われる。どうにも感興が高まらない。「ヴァルキューレ」や「神々の黄昏」のように、作品そのものが聴き手を一方的にひっぱっていく力を持った曲はまだ良いが、「ジークフリート」のように乗せにくい曲だとどうしても指揮者の力量不足が露呈する。録音も今となっては格別良いとも思われない。歌い手ではコロにとどめを刺す。シュライアーも良い。ただアルトマイアーは、ニルソンあたりで馴染んでいる耳にはかなり物足りない。この盤にいえることは、リング初心者はまず先述三巨匠(カラヤン盤は歌手がやや弱いが)から始めてリングの、ワーグナーの毒をたっぷり味わってから、こういう演奏もあるのだということで求めるのが順当だろう。

    9人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    1970年代  |  東京都  |  不明  |  2012年12月14日

    人間ところ変われば不思議なもので1980年代鳴り物入りで登場したこの盤は当時の価値観から言ったら橋にも棒にもかからない代物と評価されました。アルトマイヤーはひりだすような声でヴァルトラウト・マイアーの高音より聴き辛いとまで言われたのです。確かにアダムのヴォータンからしてまずベーム盤に見られるような激情さが欠片も感じられません。音楽はポルタメントもなにもなくもうただ淡々と進むのみ、歌手もスコアに沿って淡々と歌うのみです。しかし昨今になって急にこのような演奏が脚光を浴びだしました。 私は飽食になった耳が単に変化を求めたのではと感じています。 それはヤノフスキ盤とバレンボイム盤におけるマイアーの気合の入り方の違いに如実に現れています。ヤノフスキ盤のそれはまさにこのリングのそれなのですよ。遊びがなく淡々と進むどこか空気の洩れたような白けた演奏。ヤノフスキの新盤も徐々にモチベーションが下がっているのがその証左ともいえるのではないでしょうか。新鮮と感じたのはトリスタンだけで、以降全種類を揃える人がそういるとは正直思えません。 ここに来てこの盤が注目を受けたことはとてもうれしいことです。それだけに油物の後の黒烏龍茶のように「十分飲んだから次の油物」とされないことを祈るのみです。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    Upack  |  福岡県  |  不明  |  2012年11月06日

    録音は良いです。楽器の細かいところまで聴き取れますし、歌詞も単語の一つ一つまで聴き取れるほど明瞭なのですが、演奏は全然盛り上がりません。まるで水墨画のようなリングですね。価格的魅力から☆1個プラスです。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    カズニン  |  東京都  |  不明  |  2012年10月15日

    非常に爽やかな録音です。美しいです。歌手も一流どころを揃えていて安心してリングの世界に没入できます。お値段は驚異的です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    蓮華人  |  千葉県  |  不明  |  2012年01月15日

    80年代に入っても、依然、旧東独は対外的には東欧圏の先進国として覇を唱えていたが、行き詰まりのような状況が、さまざまな面で出てきていた。この当時、CDの発売は全て西側のレーベル頼りだった。このリングもデンオンがデジタル化(CDではないフォーマットを考えていたようだが)を睨み3年がかりで行った労作だ。リング初のCD全曲盤で63000円と、今から考えるとぶっとぶような高価な商品だったが、それなりに売れてしまった。輸入盤では同時期にショルティ盤が出ていて、半額以下の30000円で1割分の割引券も付いていたので、当然、そちらを買ってしまい、「歴史に永遠に残る」とされたCD初の快挙は、見送ってしまった。幸いデンオンからのハイライトが中古で投げ売られれていたので買ってみたが、まあそこそこ面白そうだが、いかんせん「やっぱ63000円は初物とはいえ高いよね」という結論だった。今回は桁違いの約30分の1。この価格なら買いでしょう。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    オペラかじり虫  |  兵庫県  |  不明  |  2012年01月08日

    LPで出た時には、大変お気に入りだったスタジオ名録音RINGです。歌手もよく揃っており、中ではルネ・コロの明るい若々しい声のジークフリートが、実際に聴けたステージの思い出と重なってお気に入りです。目下のところ、大流行の珍演出ではワーグナーを劇場で指揮しないマエストロですが、若いとは申せ、堂に入ったものです。オケの響きがこれまたすぱらしい。今回お買い得ボックス登場は大歓迎。これからRINGを、という心がけのリスナー、特に若いファンには最適の全曲ボックス。廉価盤の「神々の黄昏」しかCDは所持していないので、早速手に入れましょう。論評では弱いと書かれたアルトマイヤーも決して悪くはありませんよ。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ROYCE  |  神奈川県  |  不明  |  2011年08月28日

    ギトギトに油っぽいこってりしたワーグナー演奏から決別した清冽な音楽が展開している。劇場的なはったりも見栄もないので、はじめは物足りないと思うかもしれないが、よく聞きこんでゆくと、さながら精密なスイス時計の中身を覗き込むような精緻な音楽の組み立てに魅了される。これを録音した当時のヤノフスキーの知名度はイマイチだったが、今や大家として知られる実力者となった。いまだ40代の彼にこの録音をゆだねた関係者の慧眼には敬意を表したい。ようやく時代がこの録音のスタイルに追いついてきたともいえよう。今ではほとんど不可能な贅沢なスタジオ録音ならではの細部の練り上げが素晴らしい。繰り返し聞いて飽きが来ない「指輪」のスタンダードとして評価したい。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    cherry_sakurai  |  神奈川県  |  不明  |  2010年01月30日

    オーケストラがSKDなんで素晴らしいです。このオーケストラの音色は他では出ないでしょう。ワーグナーが絶賛しただけのことはあります。指揮者が少し弱いですが、Karajan やシノポリだったら、他のCDは全く売れなくなってしまうような気がします。歌手もかなり良いです。このオケでティーレマンが出したら、みんな衝天してしまいますよ。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    蟷螂の御大臣  |  武州鴻巣  |  不明  |  2009年01月02日

    なにやら、精進料理のような油成分が抜けたリング。ショルティやベームのようなエネルギッシュなリングを聞いた後の一休み向きには良いかと。不思議とあまり盛り上がらない穏やかなリング。演奏も精密で良いと思う。オケと歌手の録音バランスがイマイチのような気が・・・。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    tomato fripp  |  sinsekai  |  不明  |  2008年05月17日

    ベ−ム盤、ショルティ盤と大枚を叩いてLP時代から愛聴していたがこのヤノフスキ盤の評価と値段につられて購入 この大作を一気に聞かしてしまう新鮮さにノック・アウトされたベ−ム盤のバイロイトのほの暗き格調の高さ、ショルティ盤の力強さこれらを足してあまりある魅力を感じた。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    長米名人  |  国分寺市  |  不明  |  2008年04月20日

    30年前セットで出たときになんと63000円で買いました。 あの時はCDを使った時計が特典で付いていました。時計は動かなくなって捨てちゃいましたが。18枚組みで変なところで切れて盤が変わります。でも演奏は素晴らしい。ブリュンヒルデはちょっと問題ありですが、他はオケともども最高です。ショルティのように変な雷音もありませんし。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:21件中1件から15件まで表示