ボンポルティ(1672-1749) レビュー一覧

ボンポルティ(1672-1749) | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

3件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  •  古楽器を使用したラビリンティ・アルモニチによるボ...

    投稿日:2021/03/13

     古楽器を使用したラビリンティ・アルモニチによるボンポルティ(ヴィヴァルディと同世代。)のCD第2弾、1696年に作曲された2つのVnと通奏低音のための教会ソナタ作品1である。作品2の室内ソナタと同様にコレッリの影響がかなりみられるが、ただ最後の第10番のソナタは少しはじけたボンポルティ節のような音が結構聞こえてくる。録音状態が良いせいか、ラビリンティ・アルモニチの息の合った美しいハーモーニーがまだ若き作曲家の作品のエネルギーを見事に再現している。作品2と同様に4〜7分と短い曲ばかりなので、全曲通してではなく、何曲か選んでじっくりと聞くようにするとよいと思う。ボンポルティはVn演奏が達者であったようであり、たくさんのVn曲を作曲しているので、日本でももっと彼の作品が聞けるようになってほしい。

    まさやん さん

    0
  •  日本ではあまり知られていないボンポルティ(ヴィヴ...

    投稿日:2021/03/13

     日本ではあまり知られていないボンポルティ(ヴィヴァルディと同世代である。)が1698年に作曲した2つのVnと通奏低音のための室内ソナタ作品2全10曲のCDである。いずれも4〜7分と短い曲ばかりであり、コレッリの影響がかなりみられるが、2つのVnの掛け合いやチェロとの絡み方に時折ボンポルティの個性も感じられる。特にソナタ第1番の第3楽章の荘厳な響きや、ソナタ第10番チャコーナの華麗な響きとその終結部でのリリックなメロディーとピチカート2音でのジ・エンドは印象的である。古楽器を使ってラビリンティ・アルモニチはまだ若い作曲家のソナタを生き生きと現代に再現している。全曲通して聞くよりも、今日はこれとこれというように選択してじっくり聞くとよいと思う。

    まさやん さん

    0
  • もうなんだか、人生観が変わってしまいそうになるので...

    投稿日:2004/06/13

    もうなんだか、人生観が変わってしまいそうになるのである。イッチャイソウなのである。たとえ隕石が地球にぶつかったとしても、それがどうした? という気になるのである。

    豊後梅 さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%