DVD 輸入盤

『蝶々夫人』全曲 ミスキモン演出、オメール・マイア・ウェルバー&ロンドン・フィル、オルガ・ブズィオク、ジョシュア・ゲレーロ、他(2018 ステレオ)(日本語字幕付)

プッチーニ (1858-1924)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OA1167D
組み枚数
:
1
レーベル
:
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
DVD
その他
:
輸入盤

商品説明


2018年グラインドボーンを沸かせた蝶々さんが登場

モルドバ出身のソプラノ ブズィオクが蝶々さんを演じ、純粋で清楚な容姿と演技、確かな技術に支えられながら儚さを湛えた歌唱が作品の世界と絶妙に重なり、伸びやかな美声を聴かせるジョシュア・ゲレーロのピンカートンとあいまって大きな評判となりました。
 舞台は明治の日本から太平洋戦争後のGHQ統治下に移され、ピンカートンは進駐軍の将校という設定となっています。遠く日露戦争の昔よりも身近になり、また時代的な要素も多分に反映され、物語が今の私たちに生々しく迫る演出です。
 次世代を担う若手指揮者のホープの一人オメール・マイア・ウェルバーがプッチーニの音楽を瑞々しく情感豊かにまとめ上げています。(輸入元情報)

【収録情報】
● プッチーニ:歌劇『蝶々夫人』全曲 (1904)


 蝶々さん…オルガ・ブズィオク(ソプラノ)
 ピンカートン…ジョシュア・ゲレーロ(テノール)
 シャープレス…マイケル・サミュエル(バリトン)
 ゴロー…カルロ・ボージ(テノール)
 スズキ…エリザベス・デション(メゾ・ソプラノ)、他
 グラインドボーン合唱団
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 オメール・マイア・ウェルバー(指揮)

 演出:アンニリース・ミスキモン
 美術:ニッキー・ショウ

 収録時期:2018年6月21日
 収録場所:グラインドボーン(ライヴ)

● 特典映像:蝶々夫人の変容/キャスト・ギャラリー

 収録時間:本編143分、特典8分
 画面:カラー、16:9
 音声:LPCM 2.0、DTS 5.1(イタリア語)
 字幕:英語・フランス語・ドイツ語・日本語・韓国語
 NTSC
 Region All

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
『蝶々夫人』の演出はスカラ座のミラノ初演...

投稿日:2020/01/11 (土)

『蝶々夫人』の演出はスカラ座のミラノ初演版や蝶々さんの子どもを文楽人形が演じるメトのミンゲラ演出のようにアンチリアルな方向の舞台がある一方で、これはきわめてリアルなタイプのもの。使われた楽譜はごく普通の改訂版(ブレーシア版)。時代を第二次大戦後に移すとともに第1幕の舞台を丘の上の家からゴローの結婚斡旋所に変えているが、米兵の現地妻を募るためのすこぶる差別的な映像を投影したいがためだろう。一方の当事者である日本人としては、何ともやるせない舞台。たとえ明治時代でもピンカートンの振る舞いはひどいものだが、ましてこの時代では免責の余地もあるまい。それ以外に大きな読み替えはないが、ここぞという所での映像投影を含めて、なかなか細かい工夫がある。最後はほぼ定型通りだけど。 エキゾチックな容貌のブズィオクは15歳は無理としても、日本人に見えないこともない。歌は細やかさにはやや欠ける感があるもののドラマティックな力があり、悪くない。一方のゲレーロは逆にまだ線が細いが、若くいかにも無思慮そうに見える見た目は役に合っている。脇役ではヤオ主演、パッパーノ指揮のコヴェントガーデン版にも出ていたデションが素敵。サミュエルは存在感薄いが、シャープレス自体がそういう人物だから仕方ないか。ウェルバーの雄弁な指揮は相変わらず素晴らしい。最終場の表現主義など前代未聞の壮絶さだ。テンボを自在に揺らす指揮だから、オケの中だけでも縦線が合いにくいし、歌手とも綿密な打ち合わせが必要なはずだが、リハーサル時間が長くとれるグラインドボーンならではの成果と言える。

村井 翔 さん | 愛知県 | 不明

0

プッチーニ (1858-1924)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品