CD 輸入盤

セルジオ・フィオレンティーノ・ザ・ベルリン・レコーディングス(10CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PCLM0033
組み枚数
:
10
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

セルジオ・フィオレンティーノ
ザ・ベルリン・レコーディングス

かのミケランジェリが「彼は私以外の唯一のピアニストである」と評したことでも知られる知る人ぞ知る名匠セルジオ・フィオレンティーノ[1927-1998]の10枚組ボックス。
 このボックスはベルリンのジーメンス・ヴィラで1994年〜1997年にかけてレコーディングされたものです。

【収録曲目】
・シューマン:幻想曲Op.17
・シューベルト:ピアノソナタ第4番、第13番、第21番、即興曲D.899
・ショパン:ピアノソナタ第3番
・リスト:バラード第1番、第2番、葬送、軽やかさ、森のささやき、ソナタ ロ短調
・フランク:前奏曲 フーガと変奏曲、前奏曲 コラールとフーガ、前奏曲、アリアと終曲
・スクリャービン:ピアノソナタ第1番、第2番
・ラフマニノフ:ピアノソナタ第1番、第2番
・プロコフィエフ:ピアノソナタ第8番
・バッハ:プレリュードとフーガBWV532、BWV.552「聖アン」(ブゾーニ編)、
・バッハ:フランス組曲第5番、組曲よりパルティータ第3番BWV1006(ラフマニノフ編)、
・バッハ:パルティータ第1番、第4番、
・ヴァイオリンソナタ第1番(フィオレンティーノ編)
・ドビュッシー:ベルガマスク組曲、他

 セルジオ・フィオレンティーノ

 録音時期:1994〜1997
 録音場所:ベルリン、ジーメンス・ヴィラ
 録音方式:デジタル

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Durchaus Fantastisch Und Leidenschaftlich Vorzutragen
  • 02. Mig. Durchaus Energisch
  • 03. Langsam Getragen. Durchweg Leise Zu Halten
  • 04. Arabeske in C Major, Op. 18
  • 05. Novelette in F Major, Op. 21, No. 1
  • 06. So Rasch Wie Mglich
  • 07. Andantino, Getragen
  • 08. Scherzo, Sehr Rasch Und Markiert
  • 09. Rondo, Presto
  • 10. Romanze in F Sharp Major, Op. 28, No. 2
  • 11. Die Lotosblume, Op. 25, No. 7
  • 12. Widmung, Op. 25, No. 1

ディスク   2

  • 01. Allegro Moderato
  • 02. Andante
  • 03. Allegro
  • 04. No. 1 in C minor
  • 05. No. 2 in E Flat Major
  • 06. No. 3 in G Flat Major
  • 07. No. 4 in a Flat Major
  • 08. Allegro Ma Non Troppo
  • 09. Allegretto Quasi Andantino
  • 10. Allegro Vivace

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
録音は少々こもっていますが、音色がすばら...

投稿日:2019/12/29 (日)

録音は少々こもっていますが、音色がすばらしいのが良く伝わります。また、その音色と表現しようとしている音楽がこれ以上無いというほど必然的一致を遂げている。ベネデッティ=ミケランジェリ云々の言葉もよくわかりますし共通点が多いですが、彼ほど研ぎ澄まされてはいないのでこちらの神経まですり減って疲れることはありません(もちろんベネデッティ=ミケランジェリは最高のピアニストですが)。個人的にも自分で演奏するならこうありたいというタイプです。

せごびあ さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
初めて聴くピアニストですが、実に、味わい...

投稿日:2013/01/31 (木)

初めて聴くピアニストですが、実に、味わい深くていいですね。

蜻蛉子 さん | 大阪府 | 不明

2
★
★
★
★
★
まず、ピアノの音が綺麗です。ピアノってこ...

投稿日:2012/12/16 (日)

まず、ピアノの音が綺麗です。ピアノってこんなにいい音なんだ、と思います。最近、SACDの音の素晴らしさが言われていますが、私はもうこれで十分です。それから演奏がいいです。ひとつひとつ考え抜かれた音楽を聴かせてくれます。間もそうだし、左右のバランスのかけ方がなんとも絶妙です。ですが、それは決してユニークなものではなく、大変にスタンダードと思いました。それも極上のスタンダードです。例えばバッハなどは別にグールド(私はグールドが大変好きですが)のようにユニークに弾いてくれなくてもこれはこれで十分にグールドに匹敵するほど魅力的だと思いました。

顕 さん | 岐阜県 | 不明

7

ピアノ作品集に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品