スティーヴン・キング

スティーヴン・キング | 【HMV&BOOKS online】は、本・雑誌・コミックなどを取り扱う国内最大級のECサイトです!スティーヴン・キングに関する最新情報・アイテムが満載。CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズは、コンビニ受け取り送料無料!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!スティーヴン・キングならHMV&BOOKS online!!

プロフィール

1947年、アメリカ、メイン州生まれ。1974年に『キャリー』で作家デビュー。恐怖小説をアクチュアルな現代小説に再生した「モダン・ホラー」の巨匠。作品に『呪われた町』『シャイニング』『アンダー・ザ・ドーム』『11/22/63』など。ブラム・ストーカー賞、世界幻想文学大賞、エドガー賞など多数の賞を受賞
アウトサイダー 下』より

関連商品

映像化作品

商品ユーザーレビュー

8件

すべてのユーザーレビューを見る(8件)

  • 私にとって130冊目のスティーヴン・キング作品。米...

    投稿日:2021/04/20

    私にとって130冊目のスティーヴン・キング作品。米国での発表当時(2016年)、キングは69歳だったはずだが、筆の衰えなど全く感じさせないレベルの高さ。むしろ、定年退職した主人公ビル・ホッジズの描写に、年老いた者だけが書ける具体性があるし、謎を小出しにしつつ「次はどうなるの」と読者の気を引き続けるテクニックはさらに凄みを増している。びっくりしたのは、ビル・ホッジズの前2作「ミスターメルセデス」「ファインダーズ・キーパーズ」では、得意のホラーや超常現象を封印していたのに、このシリーズ最終作では超能力が重要なキーワードになっていることだ。キングファンにはなんてことないが、純粋な警察小説ないしハードボイルドだと思って前2作を読んだ読者には違和感があるかもしれない。なお、上巻の終わりの方には、日本で起きた有名な事件(といっても殺人ではない)が取り上げられている。

    うーちゃん さん |50代

    0
  • これは悲しい記憶の話でもなければ、楽しかった思い出...

    投稿日:2018/05/23

    これは悲しい記憶の話でもなければ、楽しかった思い出の話でもない。 歳を重ね、ただただその年月に比例するように堆積していった過去。その中で、今でもひときわ輝くいて見える時期の記憶。誰しもが持つであろうと思いたい、そんな過去を振り返った回想録である。 主人公は学生であり、遊園地でバイトをしていた。美しい海岸線の見える街の、少し鄙びた遊園地だ。 そこで出会う人々と、幽霊のうわさ。そして、過去の殺人事件。 なるほど、確かにキングの名作、スタンド・バイ・ミーと表層は似ている。しかし、その中身は、全くの別物なのだ。これは、若き青年の一夏の成長物語であると共に、彼の人生の方向性を決めた標なのだから。 華々しい学生生活ではなかったが、それでも、思い出すと、良い時期だった。そんな学生時代を、僕は送っていた。 彼も、また、そうなのであろう。

    ギャツビー さん

    0
  • 長過ぎて疲れるか、短かくて理解に苦しむキング作品の...

    投稿日:2019/01/13

    長過ぎて疲れるか、短かくて理解に苦しむキング作品の中で、ほどよい量の読みやすい作品。シャイニング続編。 ダニー(ダン)もすでに大人となり、ドクタースリープとしてシャインの力を人のために使っている時代へと入っていく。 ダンより強いシャインの力を持つ少女と、この世ならぬ者達との対決を通して、本当の自分の立ち位置を見い出していく。 なつかしくもあり、感動的、心あたたまる、力を与えてくれるストーリーに仕上がっていて、とても良かった。

    紫の君 さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、スティーヴン・キングのチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%