ショスタコーヴィチ(1906-1975)

人物・団体ページへ

SACD 輸入盤

交響曲第7番『レニングラード』 アンドリス・ネルソンス&バーミンガム市交響楽団

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
C852121SACD
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明


ネルソンス&バーミンガム市響の鮮烈なショスタコーヴィチがSACDハイブリッドの高音質で蘇る!

2017年11月、人気絶頂の指揮者ネルソンスがボストン交響楽団を率いて来日。来日を記念して、SACDハイブリッド盤を日本限定発売いたします。
 1941年、第二次世界大戦のさなか、ナチス・ドイツ軍に包囲されたレニングラード市内で作曲された『交響曲第7番』。ナチスのファシズムへの反感が込められた壮大な作品であり、闘争、悲劇、勝利といった感情の中に、ショスタコーヴィチらしいシニカルさも含む問題作です。
 アンドリス・ネルソンスは2014年以来ボストン交響楽団の音楽監督を務め、2017年からはライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の首席指揮者にも就任することが決まっている現在最も注目を集める指揮者。この『レニングラード』はバーミンガム市響と良い関係を築いていた2011年の演奏で、冒頭から疾走するようなスピードで一気に突き進む、若きネルソンスのエネルギッシュな表現が魅力です。一方、第3楽章「アダージョ」では悲しみに満ちたメロディを弦の美しくも痛切な響きで見事に歌い繋ぐなど、豊かな音楽性も存分に発揮しており、この録音から数年後には世界的な人気指揮者となった実力の片鱗を見せつけます。曲の最後、大音響の中に到達する雄大なスケールで作り上げたクライマックスが聴きもので、聴衆の熱狂的な歓声にも納得させられます。(販売元情報)

【収録情報】
● ショスタコーヴィチ:交響曲第7番ハ長調 Op.60『レニングラード』
[75:29]

 第1楽章:Allegretto [26:15]
 第2楽章:Moderato (poco allegretto) [11:09]
 第3楽章:Adagio [19:36]
 第4楽章:Allegro non troppo [18:26]

 バーミンガム市交響楽団
 アンドリス・ネルソンス(指揮)

 録音時期:2011年11月10,12日
 録音場所:バーミンガム、シンフォニー・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)
 SACD Hybrid


内容詳細

ネルソンスの下で“極上”なサウンドを奏でるまでになったCBSOを聴く。かつては若手の雄だったラトルとともにフレッシュなアンサンブルを信条としてきたオケが、ここまで貫禄十分な演奏を繰り広げるようになったとは、正当進化の証。歴史の“垢”が抜けた新たな「レニングラード」が響く。★(田)(CDジャーナル データベースより)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
快進撃の続くネルソンスさんの注目盤。ジャ...

投稿日:2013/05/04 (土)

快進撃の続くネルソンスさんの注目盤。ジャケットにもライナーノートにも明記されていませんが、終演後に拍手が入るのでライヴ録音です。快速テンポで決然と始まり、迷いのない、力強い進行です。長大な第1楽章でひた押しに攻めてくる何らかの「力」は、十分に迫力を持って再現されています。シニカルな第2楽章、悲嘆の歌も美しい第3楽章を経て、フィナーレも確かな手ごたえをもって終了します。ドラマティックな盛り上げとか、極端なコントラスト付けとか、下手をするとあざとさを感じさせるような手(技)は使わず、もっと直截で真摯かと思います。ただですねぇ、録音の加減もあるのか、どこか「寸止め」のような印象もあります。フルオーケストラもメーターが振りきれる手前で止まっているし、悲しみの歌もやや冷めた感じで今一歩。といふことで、トータルの評価は「最高」には至らないなあ。残念です。録音は優秀。

ほんず内閣総理大臣 さん | 北海道 | 不明

1
★
★
★
★
☆
評価が高いので、かなり期待していたのだが...

投稿日:2013/03/28 (木)

評価が高いので、かなり期待していたのだが、家の再生システムとの相性の問題か 音に広がりが無い。初め、曲が終わるまでライブ録音とは分からなかった。 指揮者の解釈なのだろが、ショスタコーヴィチに美しさを求める私には少々不向きな演奏だと書いておくが、恐らく生の音は違っていた筈と想像出来る。

ラブラドライト さん | 東京都 | 不明

3
★
★
★
★
★
この曲の最高の名演。どこかの評論家に踊ら...

投稿日:2013/02/13 (水)

この曲の最高の名演。どこかの評論家に踊らされて、バーンスタイン盤を聴いてピンとこなかった人(私もそう)にこそ聴いてほしい。最後など手に汗を握るほど興奮した。感動した!

a lad insane さん | 静岡県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

「わたしの交響曲は墓碑である」という“証言”の中の言葉によって象徴されるショスタコーヴィチの音楽と生涯への価値観の変質は、今もって盛んな議論と研究、演奏解釈によって再認識過程の最中にあるとも言えますが、作品によってはすでに演奏年数も75年に及び、伝統と新たな解釈の対照がごく自然におこなわれてきているとも言えそうです。 圧政と戦争の象徴でもあったソビエト共産主義社会の中に生き、そして逝ったショスタコ

プロフィール詳細へ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品