シューベルト(1797-1828)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲第8番『未完成』(キャラガン校訂4楽章版)、第9番『グレート』 シャラー&フィルハーモニー・フェスティヴァ(2CD)

シューベルト(1797-1828)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PH12062
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

シューベルト『未完成交響曲』
キャラガン校訂4楽章版!


ウィリアム・キャラガン校訂譜を使用したブルックナー・シリーズで好評を博したシャラー率いるフィルハーモニー・フェスティヴァの次なる取り組みはシューベルト。当コンビが2011年におこなったコンサートの模様をライヴ収録したもので、『未完成』と『グレート』を取り上げています。
 このたびの目玉はずばり、4楽章完成版による『未完成』。第3楽章のスケルツォをウィリアム・キャラガンがブルックナーのケースと同様にここでも補筆完成とオーケストレーションを施しており、フィナーレにはシューベルトの『ロザムンデ』間奏曲第1番を流用しています。『未完成』完成版の試みはこれまでにも存在しましたが、ブルックナーで実績を示したキャラガン版による初録音ということで、おおいに期待が高まります。
 さらに、カップリングの『グレート』も、清新なアプローチと目の詰んだアンサンブルとが聴きものとなっています。(キングインターナショナル)

【収録情報】
Disc1 [44:06]
・シューベルト:交響曲第7(8)番ロ短調 D.759『未完成』
 第1楽章:アレグロ・モデラート [13:54]
 第2楽章:アンダンテ・コン・モート [10:31]
 第3楽章:スケルツォ(アレグロ) ウィリアム・キャラガンによる補筆完成&オーケストレーション [7:10]
 第4楽章:アレグロ・モルト・モデラート(〜劇音楽『ロザムンデ』) [12:13]

Disc2 [48:57]
・シューベルト:交響曲第9番ハ長調 D.944『グレート』
 第1楽章:アンダンテ−アレグロ・マ・ノン・トロッポ [13:02]
 第2楽章:アンダンテ・コン・モート [13:35]
 第3楽章:スケルツォ アレグロ・ヴィヴァーチェ [10:18]
 第4楽章:アレグロ・ヴィヴァーチェ [11:47]

 フィルハーモニー・フェスティヴァ
 ゲルト・シャラー(指揮)

 録音時期:2011年10月30日(Disc1)、2011年6月5日(Disc2)
 録音場所:レゲンテンバウ・バート・キッシンゲン、マックス・リットマン・ザール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

【フィルハーモニー・フェスティヴァ】
フィルハーモニー・フェスティヴァは、ミュンヘンの主要なオーケストラ、すなわちミュンヘン・フィル、バイエルン放送響、バイエルン州立歌劇場管のメンバーと首席奏者たちで構成されるオーケストラ。もともとはカール・リヒターが1953年に創設した世界的アンサンブル、ミュンヘン・バッハ管をその母体とし、偉大な伝統を振り返ることが可能ですが、レパートリーを拡大し古典派とロマン派時代の傑作群を網羅しようとして、「フィルハーモニー・フェスティヴァ」の名称のもと、幅広い楽器編成で演奏をおこなっています。

【ゲルト・シャラー】
1965年バンベルクに生まれたゲルト・シャラーは、1993年にハノーファー州立歌劇場で指揮者としてのキャリアをスタートさせ、ほかにも1998年にブラウンシュヴァイク州立歌劇場、2003年から2006年までマグデブルク劇場の総音楽監督を務めている実績が示すように、劇場たたき上げのマエストロ。とりわけワーグナー、シュトラウス、ヴェルディのオペラを得意として評価も高く、そのいっぽうで、あたらしいレパートリーの開拓にも前向きなシャラーは、同じ「Profil」よりリリースされたキャラガン校訂譜使用によるブルックナーの交響曲シリーズ、ゴルトマルクの『メルリン』のレコーディングでも注目を集めています。(キングインターナショナル)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Schubert: Symphony No. 8, D. 759 (completed by W. Carragan) : I. Allegro moderato [13:54]
  • 02. II. Andante con moto [10:31]
  • 03. III. Scherzo - Allegro (completed by W. Carragan) [07:10]
  • 04. IV. Rosamunde, Furstin von Cypern, D. 797: Entr'acte No. 1: Allegro molto moderato [12:13]

ディスク   2

  • 01. Symphony No. 9, D. 944: I. Andante - Allegro ma non troppo [13:02]
  • 02. II. Andante con moto [13:35]
  • 03. III. Scherzo: Allegro vivace [10:18]
  • 04. IV. Allegro vivace [11:47]

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
演奏は素晴らしい。だが未完成の完成版を聞...

投稿日:2014/01/22 (水)

演奏は素晴らしい。だが未完成の完成版を聞くとなんだか第3、4楽章が別の曲に聞こえてくるシューベルトが未完成としたことが理解できる気がする。貴重な資料の一つとして持っていても損はないと思う。 シャラーという人は初めて聞いたがダイナミックで聴き応えのある演奏をしてます。

松ちゃん さん | 東京都 | 不明

3

シューベルト(1797-1828)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品