オッフェンバック(1819-1880)
新商品あり

オッフェンバック(1819-1880)

オッフェンバック(1819-1880) | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

プロフィール

ジャック・オッフェンバックJacques Offenbach, 1819年6月20日 - 1880年10月5日)は、ドイツ生まれでフランスで活躍(後に帰化)した作曲家、チェリストである。ジャック・オッフェンバックは父親の出身地(ドイツ・フランクフルト近郊のオッフェンバッハ・アム・マイン)からとったペンネームで、本名はヤーコプ・レヴィ・エーベルスト(...

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

関連商品

商品ユーザーレビュー

269件

すべてのユーザーレビューを見る(269件)

  • マイケル・アレグザンダー・ウィレンズ指揮、ケルン・...

    投稿日:2023/11/06

    マイケル・アレグザンダー・ウィレンズ指揮、ケルン・アカデミーの演奏で演奏されたこのCDは、ジャック・オッフェンバックの1幕物の喜歌劇を収録したCD。 ウィレンズとケルン・アカデミーは以前にも『紅いりんご』『火山の上に』という1幕の喜歌劇を録音、このCDはそれに続くもの。 CDは2枚組で1枚目は、1855年8月31日に初演された『ヴァイオリン弾き』という作品。 南ドイツを舞台にしたこの作品、オッフェンバックの喜歌劇でも初期の作品に位置し、現在では忘れられているが、オッフェンバックらしい、軽妙な音楽は後のパリの生活等を思い起こさせる。 録音はかなり少なく1950年代にドイツで録音された音源がドイツのマイナーレーベルからCDになっているぐらいで、今回の新録は歓迎される。 2枚目は『66』という作品が収録されている。 この作品も初期の曲で、ヴァイオリン弾きが初演されてからほぼ一年後の1856年7月31日に初演されたもの。 こちらも録音は少なく、ベルギーのレーベルから出ていたシャウヴェ盤に続く商用録音と思われる。 さて、本CDで演奏しているケルン・アカデミーは、バロックあたりや19世紀頭の知られざる作品の紹介に力を入れているようで、このオッフェンバックもそうでしょう。 楽譜等作曲時のスタイルをだいぶ研究して録音しているようですが、演奏は堅苦しい物ではなく、ドイツらしい重量な響きと明るいサウンドと生命力に満ちた演奏が特徴となっています。 歌手もそこそこ良い歌を聴かせてくれます。 ほぼ世界初録音の様な物と考えれば充分な演奏です。 録音は2022年8月、音質は良好です。

    レインボー さん

    0
  • ジャック・オッフェンバックの喜歌劇『トレビゾンド姫...

    投稿日:2023/11/03

    ジャック・オッフェンバックの喜歌劇『トレビゾンド姫』の全曲盤です。 この作品はオッフェンバックが一世を風靡していた1860年代に書かれた作品の一つです。 同時期に書かれた『盗賊』はまだ録音がある物の、この作品の全曲録音は非常に珍しい。 演奏は、ポール・ダニエル指揮、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団。 歌手は新進気鋭の人物を配役しているとの事です。 作品はオッフェンバックのもつ美しいメロディを持っていますが、忘られたのもわかります。 唯一、時折演奏される序曲は良いのですが。 指揮のダニエルはイギリスの指揮者で、主にオペラ畑を中心に活躍しています。 演奏は一言で言ってしまうと手堅い仕上がりと言ったもの。 ただ、作品を初めて聴くなら充分な水準だろう。 解説書は詳しい文とセリフ集、更に録音演奏メンバー表まで載っており、これはなかなか圧巻の出来。 CDはプラケースではデジパック仕様だが、解説書も入るスリーブケース仕様となっている。 録音はデジタルなので特に問題はない。

    レインボー さん

    0
  • ジャック・オッフェンバックの喜歌劇『月世界旅行』の...

    投稿日:2022/07/16

    ジャック・オッフェンバックの喜歌劇『月世界旅行』の全曲盤です。 1875年に初演されたこの作品は、後期のオッフェンバック作品にある夢幻オペラのシリーズ作。 1850〜1860年代の陽気で風刺的な一面を全面に押し出した作品とはまた異なり、ロマンティックでオッフェンバック特有の美しいメロディを前に出した、後のホフマン物語にも通ずる作品です。 月世界旅行の録音は、バレエ音楽が、アルメイダやミンコフスキらオッフェンバックを得意とする指揮者が録音してますし、序曲はメロディの一部が後にホフマン物語の有名曲『輝けダイヤモンドよ』に転用されたためか意外と録音があり、また全曲盤自体も1958年録音のブルクハルト盤(ドイツ語)1961年録音のクレデール盤(フランス語)があります。 このピエール・デュムソー指揮、モンペリエ=オクシタニー国立管弦楽団による録音は、フランス語歌唱による2枚目の現役音源となるもの。 ただ前記の全曲録音は時間の制約上か、カットがありバレエ等も含めた完全版は唯一の現役盤です。 演奏は序曲こそ少しテンポが速く、今時と言った感じであるが、その後は、メリハリのついた演奏で、ご機嫌。 歌手については全員初めて聴いたのだが、どの歌手も役に上手くハマっており、なかなか良いと思う。 そしてこのレーベル特有のブックタイプの解説書。 作品の解説から台詞までついた充実した内容は見応えがある。 録音も新しいだけあり問題ない。 決して安いとは言えない値段だけど、その分の価値はある非常に丁寧に作られた一枚。

    レインボー さん

    3

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、オッフェンバック(1819-1880)のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%