トップ > My ページ > まーちゃん さんのレビュー一覧

まーちゃん さんのレビュー一覧 

検索結果:3件中1件から3件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/05/16

    「カラヤン60S THE COMPLETE COLLECTION」(82CD)これはいいですよ。カラヤンが1960年代にDGに録音したオペラ以外のすべてのCD82枚組。これはお得ですよ。選りすぐりの名曲を野心に燃えるカラヤンがベルリンフィルを振った名演で楽しめる全集だ。OIBP(ORIGINAL IMAGE BIT PROCESSING)リマスターがかかって価格は22000円位。私が持っているのは今年の2月22日に買ったMADE IN GERMANYのもの。聞くところによると、MADE IN KOREAのものもあるようだ。この輸入盤ボックス、HMV、TOWER RECORDSで手に入る。OIBPリマスターが施されたドイツ製輸入盤、カラヤンのCDが82枚組セットで22000円なら、絶対買い!でしょ。1960年代のカラヤンは1955年47歳の若さでベルリンフィルの終身音楽監督(TENURE)に就任してから、上り坂を駆け上がる野心に満ちた時代だっただろう。前のめり気味の勇み足なところもあるが、広々としたレパートリーの名曲を極上の演奏で聴けるファン垂涎のいい企画だ。音も60年代と思えないほどいい音で、バイオリンの伸びやかさから地鳴りのする低弦群までリアルな音でおまけにOIBPリマスターの高音質で楽しめる。SEE、DISCOVER、BUY!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/04/08

     ショルティ、CSOの1986年ベートーベンの第九の録音にはソプラノにあのジェシー・ノーマンを起用した。ノーマンは1987年にも今度カラヤンと「トリスタンとイゾルデ」愛の死を録音していることもあって、カラヤンとショルティの両雄は互いに切磋琢磨したと言えるのだろう。
     同じく1986年のカラヤン、ベルリンフィル(BPO)の第九のDVD、映像ということもあって、本当に感動的な演奏だ。ベルリンフィルの団員それぞれ、4人のソロイスツそれにウィーン楽友協会合唱団が見事に機能して感動の名演を繰り広げている。ソリストの選考に関しては、カラヤンの嗜好がよく反映されたものになっていると思うが、コントラルト(アルト)のヘルガ・ミュラー・モリナーリをはじめとしてたいへん素晴らしい。カラヤンにとってはもちろん生涯最後の第九の収録となったが、1989年に永眠していることを考えると最晩年の渾身の大演奏と言えるのではないか。
     因みにこのソニー・クラシカルから発売されているDVD、日本版を買うと字幕が付いてきて歌詞の内容が理解できる。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/02/06

     ブルックナーの交響曲第8番、カラヤンがウィーンフィルを振った1988年盤(CD、DVD)はとにかくとてつもない演奏だ。奇蹟の名演奏と言っても過言ではない。
     これは厳格な宗教曲だと言ってもいいだろう。
     このカラヤン最晩年の大演奏、全体のハーモニーの中で、太鼓と金管をよく聞いてみよ。そこがこの演奏のポイントだろう。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:3件中1件から3件まで表示