CD 輸入盤

交響曲第8番 カラヤン&ウィーン・フィルハーモニー(1988)

ブルックナー (1824-1896)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4790528
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ブルックナー交響曲第8番
カラヤン&ウィーン・フィル
リマスターされて1枚ものに!


カラヤン最晩年、1988年11月にセッションで収録された定評ある録音に新たなリマスタリングを実施、しかも全82分56秒を1枚に収めて大幅プライスダウンを実現したアルバムがORIGINALSシリーズから登場。
 名エンジニアのギュンター・ヘルマンスと、プロデューサーのミシェル・グロッツによって音響抜群のウィーンのムジークフェラインで収録されたこの演奏は、大編成のウィーン・フィル・サウンドを隅々まで美しく捉えたもので、レンジの広さにもかなりのものがあっただけに、今回のリマスターの成果にも期待のかかるところです。
 ブルックナーの8番を得意とし、若い頃から演奏してきたカラヤンの指揮は相変わらず見事なものですが、ここではオケがウィーン・フィル、ホールがムジークフェラインザール、録音条件がセッションということもあり、雄大なフォルムと美麗な歌いまわし、そして壮絶な盛り上げといういつものカラヤン手法に加え、オケの濃密な個性を反映した独特の複雑な味わいが備わり、さらに最晩年のカラヤンならではの達観したかのような自然体志向が、演奏全体を独特の雰囲気でまとめるあげることに繋がっています。
 ウィーン・フィルのブルックナー8番というと、フルトヴェングラー、クナッパーツブッシュ、シューリヒト、ショルティ、ベーム、ジュリーニ、ハイティンク、ブーレーズなどこれまで数多くの録音が親しまれてきましたが、カラヤン盤はその音の迫力と美しさによって特別な存在感を示しています。その細部の緻密さは、カラヤンとウィーン・フィルによる同曲のライヴ映像やライヴ録音を大きく上回っており、質感のリアリティも十分な説得力を獲得、こうした大編成作品におけるセッション録音のメリットを強く感じさせる仕上がりとなっています。(HMV)

【収録情報】
・ブルックナー:交響曲第8番ハ短調 WAB.108[ハース版]

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

 録音時期:1988年11月
 録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

収録曲   

  • 01. Allegro moderato
  • 02. Scherzo: Allegro moderato
  • 03. Adagio: Feierlich langsam; doch nicht schleppend
  • 04. Finale: Feierlich, nicht schnell

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
16
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
2
★
★
★
★
★
7番はさして期待もせず買って大感激してし...

投稿日:2019/10/12 (土)

7番はさして期待もせず買って大感激してしまいましたが、8番はヴァントのBPO版でえらく退屈したので、カラヤンでも同じだろうと思ってずっと買わずにいました。  最近、ヤングの録音でブルックナーの苦手意識が少しやわらいできたので買ってみましたが、金管とティンパニーがうるさくて、一度聴いたきり棚の肥やしになっていました。  ところが、いつも大編成のオケで使ってるプレーヤーから室内楽やピアノに使ってるものに替えて聴いてみたら、すばらしくバランスよく美しい音が響いて、ティンパニーのバチが当たる瞬間、金管の奏者のほっぺたが膨らむ様子が感じられるくらいニュアンスのあるものになりました。 7番はプレーヤの違いはあまり感じませんでしたが、8番はオーディオ機器でだいぶ印象が違うのかもしれません。

TOCHIPAPA さん | 広島県 | 不明

0
★
★
★
★
★
カラヤン晩年の名演。枯れた演奏ではなく、...

投稿日:2018/03/15 (木)

カラヤン晩年の名演。枯れた演奏ではなく、ウィーンフィルが力強い音で鳴っているのが印象的だ。CDが世に出た当初、1枚に入る時間は74分余りと言われたが、このCDは何と82分58秒。どんな技術改革があったのかはよく分らないが、2枚組だったものが1枚になれば全曲を通して聴けるようになり、値段も下がる。いいことだ。

久保田 山月 さん | 千葉県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
CDが1枚になり、リマスターされたためか、...

投稿日:2016/10/16 (日)

CDが1枚になり、リマスターされたためか、かなり音が良くはなりましたが…やはり納得がいきません。晩年のカラヤンとウィーンフィルのCDはトランペットが変に大きく取られていてとても耳障りになってしまっています。音の録り方も、相当マイクを各楽器の近くに立てたのでしょうね…オーケストラの一体感がないといいますか…生演奏でこのように聴こえたとは考えにくく、以前のカラヤン指揮の演奏とは違い、よりフレキシブルな合奏になっていて、それを楔のように引き締めるティンパニや、一つになって響き渡る美しい弦の合奏を聴く限り演奏自体はかなり素晴らしいものと感じるだけに残念です。晩年のカラヤンとウィーンフィルなら、ニューイヤーコンサートと最後のブルックナーの7番はどういうわけか違和感無く聴けるため、そちらの響きを想像しながらこのCDも聴いていこうと思います。少なくとも以前のCDよりは音質は良くなっていると思います。

ロールパン さん | 不明 | 不明

5

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

ブルックナー (1824-1896)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト