CD 輸入盤

カラヤン60(82CD)

カラヤン、ヘルベルト・フォン(1908-1989)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
DN0008
組み枚数
:
82
レーベル
:
:
Korea
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明

KARAJAN 60
カラヤン60(82CD)
60年代にDGが制作したカラヤン・アルバムのコレクション
オペラ以外の全録音を網羅

カラヤンがドイツ・グラモフォンで1960年代に制作したアルバムをまとめた82枚組ボックスセット。対象はオペラ以外の録音すべてとなっており、1959年の『英雄の生涯』と『ハンガリー舞曲集』、『スラヴ舞曲集』のほか、1971年の『ミューズを司るアポロ』、1973年のR.シュトラウス:ホルン協奏曲第2番も含まれ、さらに指揮者なしのベルリン・フィル団員による演奏(CD70、72)も収録されています。
 セットの体裁は、なるべくオリジナルの通りにジャケット・デザインを含めて再現するというもので、各ディスクは美麗な紙ジャケットに封入され、319ページの豪華なブックレットが付属します。
 欧州楽壇に君臨したこの頃のカラヤンの演奏は自信にあふれた見事なものばかりで、昔のベルリン・フィルならではの味わい豊かなサウンドが、安定したステレオ録音で収録されて音質も良好。しばらく入手困難だった音源も多いため、今回のお買得価格でのリリースは朗報です。(HMV)

【豪華ブックレット】
・トラックリスト (英語・韓国語)
・1960年代のカラヤンとドイツ・グラモフォン (韓国語・英語・日本語)
・感情表出のマルチ・プロデューサー、カラヤン(韓国語・英語・日本語)
・バイオグラフィ (韓国語・英語)
・おもな作品解説 (韓国語・英語・日本語)
・オペラ録音ディスコグラフィ (英語・韓国語)
・オリジナルLPライナーノーツ (韓国語)
・作曲家別インデックス (英語・韓国語)

【収録情報】


総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
44
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
若き日のカラヤンのグラモフォン60年代BOX...

投稿日:2021/03/20 (土)

若き日のカラヤンのグラモフォン60年代BOX。 円熟のカラヤンも良いが、 やはり60年代のカラヤンが一番良かったかも。

ハッチ さん | 愛知県 | 不明

2
★
★
★
★
★
<カラヤンはクラッシックの完成型>○アン...

投稿日:2021/03/05 (金)

<カラヤンはクラッシックの完成型>○アンチの存在は認識しています、彼らの言い分も理解出来ます。しかし、敢えて言わせて頂きます、やはりカラヤンは凄いです!クラッシック・ミュージックの完成度において彼を上回る指揮者は二度と現れない、そんな思いをするボックスです。○カラヤン50代、壮年期の演奏が収められています。収録されているCDはOIBP化されていて、音質が向上しています(OIBPの恩恵はこの60年代が最も大きいと思います)。EU製ですがドイツリリース(HMV商品説明)であるところにも良い音の原因が有るかも知れません。○カラヤンとBPOの全盛期は70年代かも知れませんが、そこへ向けて駆け登っているこの時期は、飛ぶ鳥をも落とす勢いが有ります。カラヤンの類い稀なる完成度の高さはこの頃には確立しています、70年代に比べて曲目も馴染みの多い物が多いです。○DGとデッカの全集はこの上なく豪華な作りですが、構造上(裏面からもCDを取り出す作り)置き場所が限られるし、楽壇の帝王とはいえ数が多すぎます。本品は約20枚が小箱に収められていて取り扱いやすいので、本体は目に付かない場所に置き、聴きたい小箱だけを取り出しています。ちなみに、その小箱にはカラヤンの姿が薄っすら印刷されていてカッコイイです。○余談ですが、私はカラヤンが大好きなので「本品」「1970s」「オペラ録音集」(これだけでも234枚!)を中心にして、それ以外の欲しい物を単品で集めています。

S七 さん | 神奈川県 | 不明

1
★
★
★
★
★
完璧です。非の打ち所がないです。 ジャケ...

投稿日:2016/11/26 (土)

完璧です。非の打ち所がないです。 ジャケットもオリジナルドイツグラモフォンを思わせる発色で丁寧です。 箱がしっかりしていて上から見て卍型に並べるのも良いアイデアです。 昔はカラヤンのレコードを買うのが習慣になっていまして、 気がついたらCDはあまりにもカラヤンを持っていないのに驚きました。 久しぶりにカラヤンを堪能していますが、さすがにすばらしい演奏ですね。 一世を風靡し今なお人気なのも頷けます。独特な魅力がありますね。 どのジャンルのどんな曲もすばらしいです。 とくに手兵ベルリンフィルだからなおさらです。 録音は残響の多い’70よりこちらの方が好きです。 例えばブラームスの交響曲。 1812年はドンコサック合唱団を加えてこの曲としては非常に 芸術性の高いものになってるのはカラヤンらしいです。 初めて買ったクラシックレコードもカラヤンで青きドナウの入った シュトラウス集でした。懐かしいジャケットがそのまま再現されています。 ディヴェルティメントがまたカラヤン独特ですね。 シベリウスの交響曲が上手い!どれを聴いてもほれぼれします。 ミシェル・シュバルベ、ローター・コッホ、カール・ライスター、 ゲルト・ザイフェルト、レオン・シュピーラー、トーマス・ブランディスなど 毎度おなじみの名手が懐かしいです。 カラヤンファンならこのアルバムは絶対に欠かせませんね。 丁寧な企画、出来の良さに感心しています。 最初は高いなと思いましたが、今は当然の価格だと思います。 ’70も欲しくなりました。 カラヤンはこのシーリーズを持ってればほぼ完璧ではないでしょうか。 こういう企画を他のアーティストでもやって欲しいものです。 さすがドイツグラモフォン。

alouetlejeune さん | 福岡県 | 不明

3

カラヤン、ヘルベルト・フォン(1908-1989)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト