【映像】アラルコン&カペラ・メディテラネア/カヴァッリ:『ジャゾーネ』

2019年01月22日 (火) 00:00 - HMV&BOOKS online - クラシック


カヴァッリ:『ジャゾーネ』
アラルコン&カペラ・メディテラネア


20世紀までの忘却から一転、ここ数十年でめざましい復権を遂げたバロック・オペラの世界でも、とくにモンテヴェルディとヘンデルの間をつなぐ存在として歌劇界隈でいま新たな注目を集めているのが、モンテヴェルディの有能な弟子でもあったフランチェスコ・カヴァッリ。「Alpha」レーベルが満を持してリリースする今回のDVDでは、2年前にも同じ作曲家の『エリオガバロ』で大成功をおさめた敏腕古楽指揮者アラルコンのチームによる演奏です。しかも今回の主役格歌手には『エリオガバロ』でも独特の存在感で客席を引きつけた最前線のカウンターテナー、サバドゥスの名が。2019年2月の来日ツアーも大いに注目されているところ、話題が温まった絶好のタイミングでのリリースとなるでしょう。
 『ジャゾーネ』は見せ場も登場人物も多い重要作品、新収録映像としてもまさに古楽ファン待望。マリアナ・フローレスやドミニク・ヴィス(!)ら新旧世代の実力派歌手たちの存在もさることながら、地中海バロック作品をラテンの躍動感と稀有の様式感覚であざやかにまとめあげるアラルコンの楽隊の音作りにも注目です。(輸入元情報)

【収録情報】
● カヴァッリ:『ジャゾーネ』〜序幕付3幕の音楽劇(ドランマ・ムジカーレ) (1649)


 ヴァレア・サバドゥス(カウンターテナー:ジャゾーネ)
 クリスティナ・ハンマーストレーム(メゾ・ソプラノ:メデア)
 クリスティナ・ムヒタリアン(ソプラノ:イジフィレ)
 ウィラード・ホワイト(バリトン:大神ジョーヴェ、オレステ)
 ギュネス・ギュルレ(バス=バリトン:ベッソ)
 ラウル・ヒメネス(テノール:エジェオ)
 アレクサンドル・ミレフ(バス:エルコーレ)
 ドミニク・ヴィス(カウンターテナー:デルフォイの巫女、エオーロ)
 ミグラン・アガドジャニアン(テノール:デーモ、ヴォラーノ)
 マリアナ・フローレス(ソプラノ:アリンダ)
 メアリー・フェミニア(ソプラノ:恋神アモーレ)
 セレナ・ぺルヌー(ソプラノ:太陽神ソーレ)
 カペラ・メディテラネア(古楽器使用)
 レオナルド・ガルシア・アラルコン(指揮、楽譜校訂)

 演出:セレーナ・シニガリア

 収録時期:2017年2月
 収録場所:ジュネーヴ市民歌劇場(ライヴ)

 収録時間:182分29秒
 画面:カラー、16:9
 音声:ステレオ
 字幕:英・仏・独
 NTSC
 Region All