【インタビュー】DORO

2018年08月15日 (水) 17:00

|

HMV&BOOKS online - ヘヴィーメタル



 ジャーマン・メタルの女王、ドロ・ペッシュは、1980年代の初期からヘヴィ・メタルの旗を誇らしげに振り続けている。40年近くの間に彼女は幾つかのバンドのフロントを務め、世界中を幾度となくツアーして廻り、数多くのアルバムとその他の形態の作品をリリースしてきた。

 彼女はその間ずっとあまりにも忙しく過ごしてきたために、子供を持つ時間も、いわゆる普通の家庭を築く時間も持てなかった。彼女にある時間はヘヴィ・メタルのために使う時間だけなのだ。だが、ドロは全く後悔していない。この音楽のスタイルは、これまでも、そしてこれからも、最後の瞬間まで彼女の人生で最も重要なものなのだ。

 ドロの最新アルバムである2枚組「FOREVER WARRIORS, FOREVER UNITED」は、そのタイトルで既に示されているものを総て明らかにしている。そう、ドロが現役でいる限り、へヴィ・メタルも活き活きと存在し続けるのだ。

――あなたがキャリアを始めた当時のもので、良い思い出話はありますか?

ドロ(以下D):沢山あるわ! WHITESNAKEやJUDAS PRIEST、そしてACCEPTにはまった私が「ヘヴィ・メタル・ミュージシャンになりたい。世界中をツアーしたい。そしてそれを一生やり続けたい」と言うと、皆に笑われたのも思い出す。大笑いされて、「おい、判らないのか。お前はドイツ人女性だ。ヘヴィ・メタルの世界でキャリアを築くことなんて出来っこない。不可能だ」と言われたわ。その頃、私はグラフィック・デザイナーとして働いていて、ある日、上司に「仕事を辞めます。ミュージシャンとしてのキャリアを歩んでいきます」と言うと、彼は私をじっと見て、「頭がおかしくなってしまったのか?」と言ったわ。でも、どうなったかというと、私は実際に仕事を辞めて、それから2年後にはWARLOCKで世界ツアーをやっていた。JUDAS PRIESTのサポート・バンドとして。凄いでしょ? 信じられないほど素晴らしいことだった。私の夢が実現したのよ。JUDAS PRIESTは、80年代初期に私が一番好きだったバンドだと言える。それが突然、私は彼らと一緒にツアーをしていた。自分でも信じられなかった!

――あなたの新しいアルバムは「FOREVER WARRIORS, FOREVER UNITED」というタイトルで、何と2枚組です。今回の曲作りも、プレッシャーも苦労も一切無縁だったようですね。

D:全くなかった! 総ては2016年に30周年記念の3枚組DVD『STRONG AND PROUD』をリリースした時から始まったの。あれは素晴らしいリリースだった。私はとても満足していた。その後、レミーが亡くなって、物凄く悲しい出来事ではあったけれど、そのことが私に沢山のエネルギーを与えてくれて前に進ませてくれたのよ。自分の中で炎が燃えているのを感じたわ。そして、「今、レミーのために新しい音楽を書かなくてはいけない。言い訳なんかしている暇はない」と思っていた。

 その後、新しい曲がどんどん出てきたわ。そして少し経つと、35曲から40曲ほどの素晴らしいへヴィ・メタル曲を書き終えていた。でも、その直後、少し不幸な気分になったの。25曲ぐらいを外さないといけない、新しいアルバムのために、10曲から15曲ぐらいを選ばなくてはいけないと思ったからよ。

そこでしばらくの間じっくり解決策を考えていて、そしてレコード・レーベルの『Nuclear Blast』に「2枚組のアルバムをリリースしたい。新しい曲のどれも外したくないから」と伝えたの。彼らは、最初は何となく疑っている感じだった。レーベルの人達は「今のこの時代に、誰もそんなことはやらない。今はシングルしかリリースしないアーティストだって大勢いるくらいだし」と言って私を説得しようとした。でも、私は『Nuclear Blast』に「オールドスクールのやり方でやりたい」と言い続けた。そして最終的に「判った、判った。2枚組を出そう。問題ない」という返事をくれたわ。(笑)

 まさにそれが、私が『Nuclear Blast』が大好きな理由よ。彼らが考えているのはビジネスのことだけじゃない。以前、メジャー・レーベルと契約していた頃、レコード会社で働いている人達はいつも私に「もっとラジオ向きのヒット・シングルを書かなくてはいけない」とか何とかあれこれ言ってきていて、それが私にとってはいつも凄く大きなプレッシャーになっていた。今は、自分が書きたい音楽を書きたいとおりに書けるという完全な自由が私にはある。勿論、最近だって幾らかのプレッシャーは感じているわ。でも、それは良いプレッシャーよ。私はただ、自分が完全に満足を覚えられる、とても良い曲を書きたいだけだから。


――新しいアルバムの歌詞について、話していただけることはありますか?

D:歌詞は非常に幅広いものになっているわ。でも、幾つかの歌詞のアイディアについて話すわね! まず、ビデオ・トラックになっている“All For Metal”だけど、ゲストが大勢参加しているわ。例えばミレ(KREATOR)、ヨハン・ヘッグ(AMON AMARTH)、チャック・ビリー(TESTAMENT)、ジェフ・ウォーターズ(ANNIHILATOR)、SABATONのみんな、そしてロス・ザ・ボス(元MANOWAR)といった人達がこの曲に参加しているの。歌詞だけど、この曲では勿論、この音楽の炎をずっと燃やし続けようというもので素晴らしいヘヴィ・メタル・アンセムになっている! “Bastardos”も少しとそれと繋がっている。こっちは南米の私のクレイジーなファンの皆のことを歌った曲だから。

 かなりパーソナルな曲も幾つかある。色々な人間関係についてのものが。例えば“Thousand Years”はある恋愛関係についての曲。本当に難しいと感じたけれど、最終的には上手くいった…。私は輪廻転生を信じている。それが、この曲のタイトルが千年になっている理由よ。そういった超自然的なものは全く信じない人達もいるけれど、私は確信を持てる経験を沢山しているから、人間の魂には始まりも終わりもないと信じている。生きている間は良い生き方をして、誰に対しても良い接し方をするべきだとも…。私はとにかく出来るだけ良い人生を送りたいと思っている。くだらないことで自分の時間を無駄になんかしない。それが私のルールね!

 もっと馴染みのあるタイトルを挙げておくと、“Don't Break My Heart Again”は勿論WHITESNAKEのカヴァーよ。さっき話したとおりWHITESNAKEは私が初めて行った大きなコンサートだった。それに、この曲をカヴァーすることは、80年代初期のあの素晴らしかった時代へのトリビュートでもある。私はこの曲が大好きだし、このカヴァー・ヴァージョンをやることはかなり長い間、私の“To Doリスト”に入っていたのよ。

――それでは、また話題を変えましょう。ヘヴィ・メタルはこれまでも、そして今も、男性中心の世界です。それが理由で苦労した経験はありますか?

D:信じられないかもしれないけれど…。いいえ、特にないわ! 私はいつもその場に相応しいユーモアのセンスを忘れないでやってきたから…。例えばこんなことがあったわね。1986年にキャッスル・ドニントンでの『MONSTERS OF ROCK FESTIVAL』にWARLOCKとして出た時、ステージ衣装の着替えを手伝ってくれる人が必要だった。私にはパーソナル・アシスタントが着いていなかったから。それでスタッフの中に手伝ってくれる女性がいないか探したの。でも、1人もいなかった! バックステージには500人ぐらいいたはずなのに全員が男性だったのよ!(笑)

 最近の状況は、当然ながらその頃とは全く違っている。メタル・フェスティヴァルのバックステージに行っても女性が大勢いるわ。アーティスト、マネージャー、ツアー・マネージャー、アシスタントと様々な女性達がね。私は同僚の女性達が大好きよ。ARCH ENEMYのアリッサ(ホワイト=グルーズ)、元NIGHTWISHのシンガーのターヤ(トゥルネン)、今のNIGHTWISHのシンガーのフロール(ヤンセン)、BATTLE BEASTのノーラ(ロウヒモ)、HALESTORMのリジー(ヘイル)、といったように、リストはとても長くなっている。みんなラヴリーな人達であり素晴らしいシンガー達よ!

 実は、古くからの友人であるリタ・フォードにも数週間前に会ったばかりなの。そして、また一緒に仕事をしようという話をした。私とリタが一緒の写真を投稿したんだけど、インターネットが爆発寸前になったのよ。コメントを残してくれた人達は全員が「何か一緒にやるべきだ」と書いていた。いつか彼女と何かをやるかもしれないわ!

――今後の予定はどうなっていますか?

D:その答えは既に知っているわよね!(笑) 私と私のバンドは、これから数ヵ月間、猛烈にツアーをする。そして日本まで行けたら凄く嬉しいと思っている。数えられないほど多くのショウをやった後、また次のアルバムをリリースする。このサイクルが、私が死ぬまで続くことになる!

取材・文 ティモ・イソアホ



国内盤 2CD

Forever Warriors, Forever United

CD

Forever Warriors, Forever United

DORO

価格(税込) : ¥3,024

発売日: 2018年08月17日

輸入盤 『Forever warriors』1CD

Forever Warriors

CD輸入盤

Forever Warriors

DORO

価格(税込) : ¥2,149

会員価格(税込) : ¥1,977

まとめ買い価格(税込) : ¥1,397

発売日: 2018年08月17日

輸入盤 『Foreever United』1CD

Forever United

CD輸入盤

Forever United

DORO

価格(税込) : ¥2,149

会員価格(税込) : ¥1,977

まとめ買い価格(税込) : ¥1,397

発売日: 2018年08月17日

%%message%%

最新ニュース・情報を受け取る

DORO

ドロ・ペッシュはドイツ出身の女性ヘヴィ・メタル・シンガー。80年代にはSCORPIONSやACCEPTらに続くジャー?..



DOROに関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る