【インタビュー】SPYAIR

2017年10月15日 (日) 00:00

|

HMV&BOOKS online - ジャパニーズポップス

ニューアルバム『KINGDOM』をひっさげ全国22公演のホールツアーへ


10月11日、前作『4』から約2年ぶりとなるニューアルバム『KINGDOM』がリリースされた。2016年7月にリリースした「THIS IS HOW WE ROCK」をはじめ「RAGE OF DUST」、「Be with」「MIDNIGHT」とシングル曲を筆頭に、先に富士急ハイランド・コニファーフォレストで行われた野外ワンマンライブ『JUST LIKE THIS 2017』のテーマソングとなった「THE WORLD IS MINE」、サムライ乱闘アクションゲーム『銀魂乱舞』のテーマソング「スクランブル」を含む全12曲が収録されている。

SPYAIR を良く知るファンにとっては、ライブでしか聴くことができなかった「Brand New Days」や「君がいた夏」などがパッケージ化され、貴重な1枚になったに違いない。また今作で初めてこのアルバムを手にした人は SPYAIR の楽曲の幅の広さに驚いたことだろう。

UZ 前作のアルバムを作り終えた後、次にどんな曲を作っていけばいいのか迷った時期があるんです。アニメの主題歌のようにまずテーマがあると曲のイメージはすぐ湧くのですが、"SPYAIR としてどんな曲を発表したいか" となると浮かんでくるものがない。あれもやった、これもやった、やってないのは何だっけ?みたいな(笑)。そんな時にこの『KINGDOM』という言葉が出てきて目の前がパッと開けたような感じがしたんですよね。

IKE 『JUST LIKE THIS 2016』のテーマが "ロックスター" で "ロックスターのように SPYAIR らしいロックを見せよう" とライブをやったこと、そして年末のアリーナツアー『真冬の大サーカス』でエンターテインメント性の高いライブをやったことで自分たちの見せ方、見られ方の幅がグッと広がった気がしたんです。『KINGDOM』というスケールの大きなイメージと SPYAIR のこれからが重なって、ひとつの指針になりました。

MOMIKEN アルバム制作に約1年半かけたんですが、「THIS IS HOW WE ROCK」が一番最初にできた時にハッキリ見えた気がしましたね。でも実際は1曲1曲への向き合い方もそれぞれ異なるので全然タイプの違う曲が並んでいるんです。この期間に僕も UZ も他のアーティストに楽曲提供をする経験があって、"IKE じゃない人が歌うとこうなるんだな" と改めて IKE というボーカリストを意識したり(笑)。

KENTA 昔から言ってることですが、どんな曲を作ってもどんな曲をやっても、僕らが演奏して IKE が歌うと "SPYAIR の曲" になるんですよね(笑)。もちろん音楽的なところで言えばドラムの音ひとつ、叩き方ひとつこだわって作ってきていますが、そういうことよりも "これが今の SPYAIR だ" とわかってもらえる作品になったと思います。『KINGDOM』という言葉にふさわしいスケール感、そして初回生産限定盤Bにはこれまでの楽曲のアコースティックバージョンを収録したんですが、これもアコースティックとはいえ SPYAIR らしい仕上がりになっているのでぜひ聴いて欲しいですね。

IKE ライブでいつも SPYAIR のアコースティックカバーを披露する "キャンプファイヤー" の4人の演奏ではなく、アレンジにもこだわった本物の SPYAIR のアコースティックバージョンになっていますから(笑)、いつもとは違うアプローチで "こういう音もあるんだ" とか "こんな風に曲の印象って変わるんだ" みたいに音を楽しんでもらいたいですね。

そしてこの『KINGDOM』をひっさげ、来年1月からは全国22ヶ所をまわる全国ツアー『SPYAIR TOUR 2018-KINGDOM-』が開催される。

UZ やっぱりツアーは楽しいですよ。仲間たちと旅をしながらライブして、飲んで(笑)。久しぶりの場所にも行けるし、初めての場所もあって。自分たちからこうして足を運んで行くのは大事なことだと思っています。回を重ねるごとにパフォーマンスの精度も上がっていくだろうし、頑張って作ったアルバムを自分たちで届けに行って、あらためて『KINGDOM』は完成ですからね。楽しみにしていて欲しいです。

MOMIKEN まだどんなライブになるかわかりませんが、SPYAIR らしいライブになることでしょう(笑)。頑張ってチケットを取って遊びに来てくださいね。

KENTA もう完売しそうな場所もあるみたいですが、もしまだチケットを持っていないという人がいたら、みなさんの家の近くにも行くはずなので、ぜひチェックしていただいて遊びに来てください。

IKE 東京ドーム公演という目標を掲げ、その歩みを一歩一歩着実に進めている SPYAIR。「目標は大事。それがないと道に迷っちゃうから。でも、目標に縛られてそれしかない、とかじゃなく目の前にあることをひとつひとつやっていけば、いつかそこにちゃんとたどり着くはず。等身大でナチュラルに、そしてやっぱり楽しくないとね。みんな、また SPYAIR と一緒に遊ぼうぜ!

インタビュー・文/編集部
構成/月刊ローチケHMV編集部 10月15日号より転載

ライブ情報


全国ホールツアー
『SPYAIR TOUR 2018 ーKINGDOMー』
1月26日(金) 中野サンプラザ
1月28日(日) 沼津市民文化センター
1月30日(火) 大宮ソニックシティ
2月3日(土) 東京エレクトロンホール宮城
2月4日(日) 浦安市文化会館
2月8日(木) 川崎市スポーツ・文化総合センター
2月12日(月・祝) 神戸国際会館 こくさいホール
2月17日(土) 新潟テルサ
2月18日(日) 郡山市民文化センター 中ホール
2月25日(日) 桐生市市民文化会館 シルクホール
3月11日(日) 厚木市文化会館
3月17日(土)わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
3月21日(水・祝) 石川・本多の森ホール
3月23日(金) 長良川国際会議場
3月25日(日) ロームシアター京都
3月31日(土) 広島文化学園HBGホール
4月1日(日) 岡山市民会館
4月5日(木) 福岡サンパレス ホテル&ホール
4月7日(土) レクザムホール・小ホール
4月8日(日) 松山市総合コミュニティセンター・キャメリアホール
4月12日(木) 大阪・フェスティバルホール
4月14日(土) 名古屋国際会議場センチュリーホール

チケット料金:指定席 ¥5,800(消費税込)※3歳以上チケット必要



リリース情報


5thアルバム『KINGDOM』
2017年10月11日(水)発売


<収録内容>
■ Disc1 ※3形態共通
1. THE WORLD IS MINE
2. RAGE OF DUST
3. MIDNIGHT
4. スクランブル
5. 君がいた夏
6. THIS IS HOW WE ROCK
7. BRING IT ON 〜Battle of Rap〜
8. Don’ t Look Back
9. Brand New Days
10. C!RCUS
11. Goldship
12. Be with

■ Disc2:DVD(初回生産限定盤Aに収録)
=Music Video=
・THIS IS HOW WE ROCK
・RAGE OF DUST
・Be with
・MIDNIGHT
・THE WORLD IS MINE

=Making of Music Video=
・THIS IS HOW WE ROCK
・RAGE OF DUST
・MIDNIGHT

=Live=
・君がいた夏
 Live at Fuji-Q Highland Conifer Forest 2016.7.30
・Brand New Days
 Live at Yoyogi National Stadium First Gymnasium 2017.1.21

■ Disc2:CD(※初回生産限定盤Bに収録)
=Acoustic Sessions=
1. サムライハート (Some Like It Hot!!)
2. RAGE OF DUST
3. Be with
4. Supersonic
5. Stand by me



単品購入

※こちらにオリジナルマフラータオルは付属しません


関連情報

SPYAIR『KINGDOM』限定マフラータオル現物が完成 メンバーのもとへ

SPYAIR 5枚目のアルバム『KINGDOM』に限定オリジナルマフラータオルが付属された Loppi・HMV限定セットが発売される事は既に発表されているが、その現物が完成。メンバーのもとに届けられた。

HMV&BOOKS online-邦楽・K-POP|2017年09月25日 (月) 15:00

5th Album『KINGDOM』特設サイト


SPYAIR(スパイエアー)

写真左よりKENTA(Drums)、MOMIKEN(Bass)、IKE(Vocal)、UZ(Guitar & Programming)の4人からなるロックバンド。

%%message%%

最新ニュース・情報を受け取る

SPYAIR

SPYAIR(スパイエアー)は、IKE (Vocal) / UZ (Guitar & Programming) / MOMIKEN(Bass) / KENTA (Drums) の...


「月刊ローチケHMV」は毎月15日発行(無料)
ローソン・ミニストップ・HMVにて配布

10月15日号の表紙は、BIGBANG / パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊



インタビューへ戻る

SPYAIRに関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る