【インタビュー】『ここさけ』ミト(クラムボン)

2016年01月29日 (金) 17:00

|

HMV&BOOKS online - アニメ , HMV&BOOKS online - 邦楽・K-POP

2015年9月に公開された『心が叫びたがってるんだ。』。原作・原案を持たず、テレビシリーズ発でもない完全オリジナル劇場用アニメーション作品としては史上4番目となる、興行収入10億円突破を記録し、第39回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞、第19回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門・審査委員会推薦作品選出など、各界からの評価も高まる本作が、ついにBlu-ray/DVD化、2016年3月30日(水)に発売となる。

そのBlu-ray/DVDの法人特典も一挙発表となった中、Loppi・HMVでは、「『心が叫びたがってるんだ。』Original Vocaltrack e.p」と題した12インチアナログレコード盤付き限定セットも発表された。それに伴うアナログレコード盤の制作が1月某日行われ、本作の音楽を担当したミト(クラムボン)も列席。強いこだわりを持つというアナログレコードについて、様々な話を伺った。


――今回のアナログレコード盤企画の経緯、決まったときのご感想をお聞かせください。

「ここさけのサントラをアナログ化したい」発言は、けっこういろんな機会にアニプレックスの制作の皆様にお伝えしてはいました。でも、サントラ全曲とかは流石に無理でしょうし、そこまで必死にというわけではなく、「7インチは切りたいかも。」みたいな話でちょこちょこしていたりして。それをアニプレックスさんが汲んでくださって、企画にしていただいて、この度実現となりました。それなりに反響をいただけたサントラとはいえ、正直、アナログになるにはもう少し時間がかかるだろうと考えてたんですけれど、まさかこんなに早く、しかも特典という形でリリースになるとは思っていなかったので、嬉しくも驚いています。

――本日行われたカッティング作業ですが、ユーザーとしては耳慣れない言葉なので、簡単に解説をよろしくお願いいたします。

CDで言うところの「マスタリング」に相当する工程です。CDの収録音源を、どこで聴いても聴き取りやすいように、音量その他諸々を最終調整するのが「マスタリング」です。アナログの場合、盤に溝を刻んで「マスタリング」をするので、この工程を「カッティング」と呼びます。「カッティング」では、溝の刻み方によって音の良さであったりとか、「どの部分を聴いてほしいか」を調整することができて、音全体のトーンを明るくしたり暗くしたり、かなり変化をつけることができます。あと、レコードの回転速度と刻む溝の幅の広さによってだいぶ音が変わります。溝が細ければ音は劣化していくし、溝が太ければ太いほど音の情報量が増えていきます。回転数と溝の幅、そのせめぎ合いから、収録音源の聴いてほしい部分を際立たせる作業と言えますね。

――カッティング作業、本日実際に立ち会ってみてのご感想をお聞かせください。

音源って、カセットテープに録音するとグッと引き締まったような音になって、ちょっとニュアンスが変わったりします。あれには「テープコンプ」っていうコンプレッション(圧縮)が、音源にかかっているからなんですけれど、同じような効果がアナログ盤を作る工程で音源に加わるんですね。さらに、音の輪郭を形作っている「サチュレーション」っていう耳に聞こえない音の歪みみたいなのがあって、それも加わってくる。なので、CDやハイレゾよりもっとわかりやすく耳に伝わる音の輪郭が、アナログを作る工程で自然と記録されていくんですね。不思議なことに。

今回のアナログは、ボーカルメインの曲が収録されているので、それこそ水瀬いのりさんだったり、雨宮天さんだったり、声優さん全員分の声が過不足無く、すごく綺麗に聴こえる、というレコード盤になったんじゃないかと思いました。悲しいかな、CDではここまで効果が出せなかったなっていうくらい。

ただ、CDのほうも音の情報量は確かに多いんです。アナログっていうのはちょっと違って、「ここ」っていう音楽の一番おいしいところ、旨味成分だけを引き上げてくれるメディアなんですよ。メディアとしての歴史の重みもあるんでしょうけれど、CDでもハイレゾでも敵わない音が記録できるメディアなんだな、と忸怩たる思いを痛感いたしました(笑)。本当にCDでもハイレゾでもマスタリングはいろいろがんばったんですけれど…カッティング一発でここまでの盤ができてしまうとは…

――今回のレコード盤とCDやハイレゾでは、また違った聴感になっているとのことですが、さらに補足説明をいただけると助かります。

CDやハイレゾと呼ばれているものは、どんなに情報量がいっぱいあっても2次元から超えないイメージなんですが、アナログは不思議なもので2.5次元というか、音の立体感が次元からして違う感じがするんですよね。デジタルには無い音の揺らぎだったりとか、不規則性的なものだったりで立体感が出ているんだと思うんですけれど。同じ音楽でも、打ち込みで作った音楽と、目の前で演奏する音楽が違うように、不規則性や揺らぎが音楽の肝なのかな、と思います。

――今回の特典で初めてアナログレコード盤を手にする、という方々へ向けてのアドバイスがあればよろしくお願いいたします。

別に高い機材を買って環境を整える必要とかは全然ないんで、まずは聴いていただきたいですね。これまで言ってきた音の違いも勿論ですけれど、アナログレコードは自分の音楽環境をより彩ってくれるメディアだと思います。CDをデッキで鳴らして聴くのと、回っているレコード盤がそこにあってそれを聴いているのでは、やはりアナログのほうがワンランク上の音楽の嗜みというか。自宅に聴く環境が無いっていう方は、友達とか知り合いの家とかでもいいんで、聴いてみたら多分驚くと思いますよ。今までCDで聴いていた音楽とはこんなにも違うんだなって。

――お話を伺っていると、なみなみならぬレコード盤への愛着を感じますが、やはりレコード盤をいっぱい持っていらっしゃいますか?

僕はCD・アナログ全部で2万枚くらい持っていると思います…自宅とは別に倉庫が二つあってそこに収容しています。レコードに至っては確実に1万枚超えているはず。CDよりアナログのほうが多いかも…中学卒業の頃にはもうすでに2千枚くらい持っていましたし。昔は近所に安いレコード屋さんがいっぱいあったので買いまくっていました。

――そんなミトさんが一番最初に手に入れたレコードは憶えてらっしゃいますか?

レイ・パーカー・ジュニアの「ゴーストバスターズ」です。映画『ゴーストバスターズ』の主題歌で、7インチの日本盤でしたね。もう本当に映画を見た後にすぐ欲しくなって、一緒に映画を見に行っていた母方のおばあちゃんに買ってもらったのがこれでした。小学校3年生とか4年生くらいの時のことかなぁ。

――入手時期問わずで特に思い入れの強い一枚はありますか?

だいぶマニアックなんですけれども、プログレ界にART BEARSっていうバンドがいて、そのアルバムです。僕が持っているART BEARSは、初版のサンプル盤でナンバリングが入っている盤なんですが、それは今たぶんすごい値段になっているものなんじゃないかなぁ…昔、本当に偶然、町のレコード屋さんで見つけたときは鳥肌が立ちましたし、震えが止まらなかったです(笑)。いまだに自宅のレコード棚に飾ってあって、片時も離さないで持っていたいと思っています。

――世間的なレコード市場で言うところの”お宝レコード”というものはお持ちですか?

それで言ったらビートルズですかね。デビュー前のトニー・シェルダンとビートブラザース時代のEP盤です。それは普通に神保町の古本屋で2000円もしないで買ったものなんですけれど…昔は中古レコードも扱っている古本屋がいっぱいあって、そういうところの店主が大体レコードの価値を分かっていなかったから、びっくりするようなレア盤が眠っていたりしてましたね。あと、レコード屋さんに置いてある機材が激レアだったりとか…(笑)。懐かしいです。

――『心が叫びたがってるんだ。』についてもお伺いいたします。本作の見どころや好きなシーンなどお教えください。

やはり一番の見どころはクライマックスのミュージカル二重奏ですが、ちょっと捻りをいれるとすれば…まさに今回のレコード盤に収録されている「あこがれの舞踏会」、この曲を拓実が順に聴かせるシーンがありますが、あのシーンのピアノ演奏の作画はロトスコープでやっているんですね。ロトスコープっていうのは、人間が実際に演奏しているところをカメラで撮影して、それを動画にトレースしていく手法なんですけれど…あの場面の拓実のピアノ弾いてるの僕なんです(笑)。見どころなのかレア情報なのかよく分からないですけれど(笑)。もしかしたらこれ公の場で言うのは初めてかもしれない。あのシーンのピアノを弾いている手や拓実の動きあたりは全部僕なんですよ。

――『心が叫びたがってるんだ。』の登場キャラクターで一番共感できるのは誰ですか?

共感できるという意味では拓実ですね。でもちょっと自分に似すぎていて、見るときは感情移入しすぎないようにしています(笑)。拓実も僕も、人や会話の深部に触れないで生きていたい人なので、自分の心の中をどんどん言えてしまう人っていうのは、羨ましくもあり、ちょっと苦手だなぁと。そういう人に対して「苦手だなぁ」って顔をする拓実が僕はすごく好きです!

――ミトさんは『心が叫びたがってるんだ。』のプロジェクトに長い間関わってきたと思いますが、今思い返して印象深かった出来事などありますか?

偶然とか運が伴わないとこうはならなかったなぁっていう出来事が、この『ここさけ』プロジェクトにはいっぱいありました。僕が『ここさけ』に関わる一番最初のきっかけになった、岡田麿里さんが「ミュージカル詳しい?」って声をかけてくれたことからして偶然で。僕の両親がミュージカルのスタンダード曲を演奏していて、そういう曲をたくさん知っていたことも、表立って誰にも言ったこともないのに、岡田さんが声をかけてくれた。話し合ってもいないのに、お互いが同じことを考えていたっていうことが本当にいっぱいあったんですよ。

そういう引き寄せられている感っていうものがすごくあったので、今でも自分からこのプロジェクトに飛び込んだっていうか自然と導かれて参加したような気分で。そんな感じなので、作品を作る立場にいながらも、ある意味ずっと今でも『ここさけ』のいちファンでいられているような不思議な感覚がしています。

――ありがとうございます。それでは最後に『心が叫びたがってるんだ。』ファンの皆様へ向けて、”叫びたいこと”をよろしくお願いいたします。

これを機にアナログ機器を揃えてみよう!!

…これ以上何を言うべきなのだろうかみたいな(笑)。今、アナログプレイヤーも安くて、5000円を切るくらいで手に入るので是非!


『心が叫びたがってるんだ。』Blu-ray/DVD Loppi・HMV限定セット 2016年3月30日(水)発売


【Blu-ray Loppi・HMV限定セット】

【HMV・Loppi限定セット】心が叫びたがってるんだ。≪描き下ろしジャケット仕様12inchレコード「『心が叫びたがってるんだ。』Original Vocaltrack e.p」付き≫

Blu-ray Disc

【HMV・Loppi限定セット】心が叫びたがってるんだ。≪描き下ろしジャケット仕様12inchレコード「『心が叫びたがってるんだ。』Original Vocaltrack e.p」付き≫

超平和バスターズ

価格(税込) : ¥10,978

会員価格(税込) : ¥9,221

まとめ買い価格(税込) : ¥9,112

発売日: 2016年03月30日


『心が叫びたがってるんだ。』Blu-ray/DVDのLoppi・HMV限定セットは、描き下ろしジャケット仕様の12inchレコード「『心が叫びたがってるんだ。』Original Vocaltrack e.p」が付属。レコードには、劇中で流れた「憧れの舞踏会」や「Over The Rainbow」などが収録。レコードのマスター音源素材は「96kHz/24bit」のものを使用。Blu-ray/DVD合わせて3,000セットの数量限定発売。

【レコード収録予定曲】
・憧れの舞踏会
・わたしの声
・玉子の中には何がある
・心が叫びだす〜あなたの名前呼ぶよ
・Over The Rainbow
・Harmonia

※曲順は変更となる場合があります。

【販売サイト】
ローチケHMV『心が叫びたがってるんだ。』Loppi・HMV限定セット特設ページ
https://www.hmv.co.jp/news/article/1601050045/


『心が叫びたがっているんだ。』Blu-ray/DVD 2016年3月30日(水)発売


【Blu-ray 完全生産限定版】

心が叫びたがってるんだ。【完全生産限定版】

Blu-ray Disc

心が叫びたがってるんだ。【完全生産限定版】

超平和バスターズ

価格(税込) : ¥9,350

会員価格(税込) : ¥8,041

まとめ買い価格(税込) : ¥8,041

発売日: 2016年03月30日

【DVD 完全生産限定版】

心が叫びたがってるんだ。【完全生産限定版】

DVD

心が叫びたがってるんだ。【完全生産限定版】

超平和バスターズ

価格(税込) : ¥8,250

会員価格(税込) : ¥7,013

まとめ買い価格(税込) : ¥6,930

発売日: 2016年03月30日

【Blu-ray 通常版】

心が叫びたがってるんだ。【通常版】

Blu-ray Disc

心が叫びたがってるんだ。【通常版】

超平和バスターズ

価格(税込) : ¥6,050

会員価格(税込) : ¥5,203

まとめ買い価格(税込) : ¥5,203

発売日: 2016年03月30日

【DVD 通常版】

Man Alive (アナログレコード)

LPレコード輸入盤

Man Alive (アナログレコード)

Thao & The Get Down Stay Down

価格(税込) : ¥4,609

会員価格(税込) : ¥4,011

発売日: 2016年03月04日


【完全生産限定版 特典ディスク内容】
★キャラクターデザイン・田中将賀 描き下ろし三方背BOX&デジパック
★特典Disc1:公開記念特番、2015.9.19「公開初日舞台挨拶」、PV・CM集
★特典Disc2:CD(「ミュージカルパート楽曲順Ver.」、「オリジナルサウンドトラック」、「来場者特典スペシャルボイスドラマ」 他)
★特製ブックレット(総作画監督修正集、スタッフ座談会、ビジュアルコレクション、設定資料集等)
★劇場パンフレット(縮刷版)52P
★音声特典:オーディオコメンタリー
★字幕:英語字幕

※商品の特典および仕様は予告なく変更になる場合がございます。


『心が叫びたがってるんだ。』作品概要


【作品情報】


名曲と共に、描かれる物語。再び日本を感動の渦にー。本作は、監督:長井龍雪、脚本:岡田麿里、キャラクターデザイン:田中将賀が『あの花』に続き再びタッグを組む、秩父を舞台に描かれる「青春群像劇」第2弾の劇場版オリジナルアニメーション。心の傷、葛藤、誰かを想う切なさー。人と人との絆を描いた物語と、誰もが一度は聴いた事のある「悲愴」や「Over the Rainbow」「Around The World」などの名曲の数々が、きっとあなたの心を感動でいっぱいにしてくれる。

【ストーリー】


幼い頃、何気なく発した言葉によって、家族がバラバラになってしまった少女・成瀬順。そして突然現れた“玉子の妖精”に、二度と人を傷つけないようお喋りを封印され、言葉を発するとお腹が痛くなるという呪いをかけられる。それ以来トラウマを抱え、心も閉ざし、唯一のコミュニケーション手段は、携帯メールのみとなってしまった。高校2年生になった順はある日、担任から「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命される。一緒に任命されたのは、全く接点のない3人のクラスメイト。本音を言わない、やる気のない少年・坂上拓実、甲子園を期待されながらヒジの故障で挫折した元エース・田崎大樹、恋に悩むチアリーダー部の優等生・仁藤菜月。彼らもそれぞれ心に傷を持っていた。

心の殻に閉じこめてしまった素直な気持ち、本当は叫びたいんだ。

担任の思惑によって、交流会の出し物はミュージカルに決定するが、クラスの誰も乗り気ではない様子。しかし拓実だけは、「もしかして歌いたかったりする?」と順の気持ちに気づいていたが、順は言い出せずにいた。そして、だんまり女にミュージカルなんて出来るはずがないと、揉める仲間たち。自分のせいで揉めてしまう姿を見て順は思わず「わたしは歌うよ!」と声に出していた。そして、発表会当日、心に閉じ込めた“伝えたかった本当の気持ち”を歌うと決めたはずの順だったが…。

【スタッフ】


■原作:超平和バスターズ
■監督:長井龍雪
■脚本:岡田麿里
■キャラクターデザイン・総作画監督:田中将賀
■音楽:ミト(クラムボン)
■演出:吉岡忍
■美術監督:中村隆
■プロップデザイン:岡真里子
■色彩設計:中島和子
■撮影・CG監督:森山博幸
■編集:西山茂
■音響監督:明田川仁
■企画・プロデュース:清水博之・岩田幹宏
■プロデューサー:斎藤俊輔
■アニメーションプロデューサー:賀部匠美
■製作:「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会
■制作:A-1 Pictures
■配給:アニプレックス
■宣伝:KICCORIT

【キャスト】


成瀬順:水瀬いのり
坂上拓実:内山昂輝
仁藤菜月:雨宮 天
田崎大樹:細谷佳正
城嶋一基:藤原啓治
成瀬泉:吉田羊
玉子 : 内山昂輝
ほか

【主題歌】


乃木坂46「今、話したい誰かがいる」

【関連サイト】


映画『心が叫びたがってるんだ。』公式HP
http://kokosake.jp
映画『心が叫びたがってるんだ。』公式Twitter
https://twitter.com/kokosakeproject
映画『心が叫びたがってるんだ。』公式Facebook
https://www.facebook.com/kokosakeproject


©KOKOSAKE PROJECT

インタビューへ戻る

クラムボンに関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る