激ロック×HMV&BOOKS online vol.84

2020年04月28日 (火) 18:30 - HMV&BOOKS online - ジャパニーズポップス

ラウドロックのポータルサイト“激ロック”とのコラボコーナー。毎月レコメンドアーティストとアイテムをご紹介。


4月のレコメンド

全曲解説掲載中

激ロック x HMV (2016〜)へ戻る

12件中1-12件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

  • 激ロックレビュー

    オメでたい頭でなにより2 【初回限定盤】(+DVD)

    オメでたい頭でなにより

    価格(税込) :
    ¥3,500
    会員価格(税込) :
    ¥3,150
    発売日:
    2020年04月29日
    まとめ買い価格(税込) :
    ¥3,150

    GENRE:LOUDROCK
    音楽的なルーツもカルチャーも、“好き”を丸出しにしながら
    オメでた流に昇華してみせる、深化の2ndアルバム

    メジャー・デビューから2年、ワンマンや、打首獄門同好会らを招いたツーマン・ツアーで全国を巡り、アニメ主題歌やWEB CMのタイアップ曲も手掛け、ジャンルを超えてフロアからお茶の間にまでラウドでめでたい音楽とスピリッツを届けるという、当初からの思いを実現しているオメでたい頭でなにより。2ndアルバムはそうしたスケールの広がりを感じさせるサウンドであり、且つ彼らでしかできない笑いからマニアックなネタから音楽ネタも増量した仕上がりだ。おふざけとシリアスの妙味や達者なアレンジだが、それを器用さだけで終わらせない。好きを第一に、過剰なまでの熱量で築き上げていくバンド・サウンドが最高だ。キャッチーに耳を捕らえ、音から歌詞からひもとく楽しさをくれるアルバムになっている。
    吉羽 さおり 【ライター推薦】

  • 瀧夜叉姫

    Unlucky Morpheus

    価格(税込) :
    ¥1,540
    発売日
    2020年04月29日

    GENRE:SYMPHONIC METAL
    平 将門を巡る伝説を“和”のアプローチのメタルで奏でる新境地作
    MV曲「瀧夜叉姫」を観て、微に入り細を穿つ“和”のこだわりっぷりに驚嘆した人も多いだろう。前作『CHANGE OF GENERATION』から一転、今回のシングルは平 将門を巡る伝説を“和”のアプローチで奏でることを試みた新境地作となった。全曲に琴と三味線の音色を導入し、ヴィオリンとの融合も素晴らしく、あんきもオリジナルと言えるメタル・サウンドを構築している。エッジ際立つ攻撃力を高める一方、妖艶且つ和風テイストの歌メロがうまくマッチしており、優れたポピュラリティを発揮している点も聴きどころだ。「鉄皇」における天外冬黄のコブシを効かせた歌い回しも新鮮であり、作品全体を通して華やかな色味を放っている。ちなみに、ジャケットのアートワークにある表題の文字は冬黄執筆によるもの。
    荒金 良介【ライター推薦】

  • Chronos 【初回限定盤】(2CD)

    摩天楼オペラ

    価格(税込) :
    ¥3,080
    発売日
    2020年04月22日

    GENRE:ROCK, METAL
    “時の神”の名を冠した、パーソナル且つ壮大な5曲入りEPをリリース
    古代神話における“時の神”の名を冠した本作は、ドラマチックに幕を開ける「Chronos」から、「Kiss」で恋人との出会い、「Silence」では感情の縺れ、そして別れを悔やむ「Reminiscence」、その果てを描くラストの「Anemone」へと繋がっていく。誰にでも身に覚えがあるような等身大の恋、普遍的な出会いと別れ、それなのに壮大さを感じさせるコンセプチュアルなものになっている。彼らの武器であるメロディアスなHM/HRに、現代的なラウド色も加わったこれまでにない意欲作でありながら、“どこからどう聴いても摩天楼オペラ”という仕上がりだ。なお、初回限定盤には今年2月に行われた男女限定別ライヴの音源が、合計6曲収録されている。
    藤谷 千明【ライター推薦】

  • RUN RIOT 〜Deluxe Edition (+DVD)

    OUTRAGE

    価格(税込) :
    ¥3,960
    会員価格(税込) :
    ¥3,564
    発売日:
    2020年04月15日
    まとめ買い価格(税込) :
    ¥3,564

    GENRE:HEAVY METAL
    バンドのアイデンティティを突き詰め、アグレッシヴに荒ぶる衝動を叩きつけた快作
    昨年はNWOBHM 40周年の流れを受けて、7インチEP『Axe Crazy』を発表してマニアを喜ばせたOUTRAGE。そして、届いた新作がまた驚愕のクオリティで、バンドのギアはさらに上がったと思わせるクレイジーな仕上がりである。前アルバム『Raging Out』は楽曲の質の高さで聴き手をねじ伏せてくれたが、今作はそれを踏まえつつ、荒ぶる衝動を叩きつけてくる。安井義博(Ba)は“全作品を振り返った”と発言していたが、過去作にあった様々な表情やニュアンスを現在の彼らとして解き放った、風通しの良さがあるのだ。スラッシュ・メタルはもちろん、ハード・ロック、ドゥーム/ストーナー、サイケデリックな要素をまぶした色とりどりの曲調が、1枚の作品の中で違和感なく同居している。傑作だ。
    荒金 良介【ライター推薦】

  • The Age of Villiains

    妖精帝國

    価格(税込) :
    ¥3,300
    発売日
    2020年03月25日

    GENRE:HEAVY METAL
    妖精帝國がよりヘヴィで濃密な音像で妖しき世界へ誘う
    4年半ぶりにして新体制初の大作完成

    “機動戦士ガンダム”で言えば、主人公 アムロよりもヒールであるシャアのほうが好きだというタイプの方には、今作をぜひ聴いていただきたい。多くの物語は往々にして魅力的な“Villains”の存在があってこそ、不朽の輝きを放ちだすものだ。そして、妖精帝國が今作で強く主張しているのは、自らがマイノリティであるということにほかならない。正統派メタル・バンドとも違えば、アニソン・プロジェクトでもなく、それでいて独自のヘヴィネス・サウンドと暗黒ファンタジー的な世界観を武器に、我が道を行く妖精帝國は、ことごとく偏執的且つ濃密な音像と詞世界の作り込みを見せつける。4年半のインターバルを経て、より最新鋭な装備と盤石の体制を得た妖精帝國の逆襲と侵攻が、今ここから力強く始まっていくのだ。
    杉江 由紀【ライター推薦】

  • YOUCOUSTIC

    YOU (足立祐二)

    価格(税込) :
    ¥3,300
    発売日
    2020年03月18日

    GENRE:ROCK, ACOUSTIC
    エレクトリック・ギターとアコースティック・ギターの音を融合させた
    ギター・レジェンド、YOUによる新機軸的インストゥルメンタル・アルバム

    想像や妄想を膨らませる幸せを得たとき、人は自由になれるはずだ。また、想像や妄想から生まれたものを受け手として楽しむ場合にも、人は幸せになることができると同時に自由を感じたりもするだろう。DEAD ENDのギタリストとしてのキャリアを誇るYOUが、ここにきてソロ・アーティストとして見事に完成させた世界は、エレクトリック・ギターとアコースティック・ギターの音を融合させた、新機軸的なものだと言える。しかも、その根底には彼が紡いだ数々のドラマたちが脈々と息づいている点も実に興味深い。求めるものを掴むために時には深夜の森に分け入ったり、時には雨に延々と打たれたり。日々の取材活動が実を結んだところも多々あるというが、いずれにせよ彼の非凡なる才能が具現化していることは間違いない。
    杉江 由紀【ライター推薦】

  • “A.G.A.G”

    TAKE NO BREAK

    価格(税込) :
    ¥3,850
    発売日
    2020年04月22日

    GENRE:ELECTRO ROCK
    より重厚且つキャッチーなTAKE NO BREAKサウンド炸裂
    バンドの好調示す新体制初アルバム『A.G.A.G』堂々完成

    昨年ギタリストにシン・マナヒロが加入し、新体制となったTAKE NO BREAKのアルバム。躍動的なドラムとレイヴィなシンセ音が絶頂に誘う表題曲のような、前作で中核を担っていたダンス・ビートで構築された楽曲は本作でも健在だ。それでいて、再びGARIのYOW-ROW(Vo/Prog)が編曲に参加したハイブリットな手触りの「Ultimate Bug」や、幻想的なイントロから幕を開け、シンガロングを擁したドラマチックな本編を経て、アウトロで淳(Vo)がエモーショナルなロング・トーンを響かせる「Sing it」など、重量感を増しつつ、より広大な場所に映えるバンド・サウンドを叩きつけるスタイルが印象的な仕上がりに。ショップで見かけたら二度見必至なジャケットもインパクト大!
    山口 哲生【ライター推薦】

  • Meta-Loid

    MIYU

    価格(税込) :
    ¥3,000
    発売日
    2020年04月22日

    GENRE:HEAVY METAL
    メタル、ロック、サブカルなど多彩な音楽スタイルとMIYU自身が胸に抱く想いを
    6人のヴォーカリストを介して投影した2ndフル・アルバム

    MIYU、5年ぶり2枚目となるフル・アルバム。ギタリストのアルバムとなれば、テクニカルなプレイを前面に押し出したインスト系の作品になりがちだが、本作でインストは1曲のみ。他は、様々なゲストVoを招いた歌曲として作り上げている。それも、MIYU自身の意志を世の中に投げ掛けようとしてのこと。不安な影ばかりを落とす今の時代だからこそ、困難を乗り越え未来を掴もうとする強い姿勢を、曲調や想いを示すに相応しいヴォーカリストたちに依頼。逆境の中から立ち向かう強い意志を歌うRAMI。ツナ(Headphone★Baby)の歌声が胸に希望を抱かせれば、くりざべす(FROZEN CAKE BAR)はヲタク心を刺激する楽曲を遊び心満載で熱唱。歌い手ごとの色を味わいつつ、MIYU自身の想いにこそ注目したい。
    長澤 智典【ライター推薦】

  • MAN WITH A “B-SIDES & COVERS” MISSION

    MAN WITH A MISSION

    ベストセラー

    価格(税込) :
    ¥2,530
    発売日
    2020年04月01日

    GENRE:LOUDROCK
    マンウィズ結成10周年記念3部作第1弾
    王道にとらわれないサウンドのレンジの広さやコラボ曲が光るB面&カバー集

    結成からこの10年の活動の中で生まれた数々の楽曲を、それぞれに集大成する3部作の第1弾は、シングルB面曲とカバー曲に新曲「The Victors」を加えた全15曲を収録している。その「The Victors」はMAN WITH A MISSIONの音楽ドキュメンタリー映画の主題歌。彼らが持つアンセミックな魅力が凝縮されている。アレンジの妙に思わずニヤリのMR. BIG、和田アキ子のカバーもさることながら、聴きどころはやはりB面曲。ポップ・パンク、アコースティック・ナンバー、バラードと自らの王道にとらわれない曲の幅広さは、このバンドが持つポテンシャルとして改めて押さえておきたい。さらに、10-FEET、miletとのコラボ曲も収録と聴き応えありすぎ!
    山口 智男【ライター推薦】

  • MAN WITH A “REMIX” MISSION

    MAN WITH A MISSION

    人気

    価格(税込) :
    ¥1,980
    発売日
    2020年05月13日

    GENRE:LOUDROCK
    マンウィズ印のキャッチーな魅力際立つ、豪華メンツによる集大成リミックス集
    結成10周年の集大成3部作第2弾はリミックス集だ。Ken Ishii、Jagz Kooner、SLUSHII、石野卓球らによるリミックスに新たに上田剛士(AA=)が手掛けた「Take Me Under」、そして「FLY AGAIN -Hero's Anthem-」を加えた全12曲を収録。デジタル・ハードコアでインダストリアルな「Take Me Under」をはじめ、リミキサーの個性が前面に出た曲ほど聴き応えがあるリミックスに。そしてダンサブルだったり、アンセミックだったり、ヒップホップだったりとそれぞれ趣向を凝らしているなかで、改めて際立つのがフレーズやメロディに表れるマンウィズ印のキャッチーな魅力。それをアピールするという意味でもリミックス集を発表する意味は大いにある。
    山口 智男【ライター推薦】

  • Hydra 【初回限定盤 A Type】(+DVD)

    DIAURA

    価格(税込) :
    ¥2,200
    会員価格(税込) :
    ¥1,980
    発売日:
    2020年04月01日
    まとめ買い価格(税込) :
    ¥1,980

    GENRE:ROCK
    重厚なサウンドで描き出す、独自の暗黒ロマンチシズム
    “愛憎”滲むDIAURAニュー・シングル到着

    根絶しにくい害悪。一筋縄ではいかない難問。ギリシャ神話においてヘラクレスが退治した九頭龍。海ヘビ。ヒドラ属や近縁属のポリプの総称。2005年に発見された海王星の衛星名。今作のタイトル“Hydra”を検索してみると出てくるのはこれらの言葉だが、この曲の中でいうそれはどうやら人の間における愛憎を象徴したものであるようだ。重さと閉塞性を漂わせた音像の中で、DIAURAが描き出す独特な暗黒ロマンチシズムは聴く者を捉えてきっと離さない。どこか「Hydra」との関連性を漂わせる「ポワゾ」、一転しての軽やかな世界が繰り出される「Promised Land」(通常盤収録)で打ち出されるギャップが、意味するものはなんなのか。それらに思いを巡らせながら聴いてみるのも、また一興かもしれない。
    杉江 由紀【ライター推薦】

  • RAKUGAKI

    RAKUGAKI

    価格(税込) :
    ¥3,300
    発売日
    2020年04月01日

    【先着特典】ポストカード ライブ映像が見られるQRコード付き〜プランクトンにはなれない。編〜

    GENRE:LOUDROCK, PUNK
    V系パンク&ロック・バンド、RAKUGAKI
    自由奔放なラウドロック/パンクで自身のコンセプトを具現化した1stフル・アルバム

    尖ってもいるし熱くもあって、何しろ自由奔放。昨春に始動し今年元旦より名称が現表記となった彼らの1stフル・アルバムは、バンド・コンセプトである“幼い頃に描いた落書きの創造性や可能性”なる言葉を、具現化した1枚へと仕上がった印象だ。ラウドロックやパンクの手法をふんだんに用いながらも、例えば、「もう絶交だ!」で、ヘルマン・ネッケ作曲の「Csikos Post」(運動会の徒競走などでよくかかるアレ)をエッセンスとして加えているあたりには、洒落心も垣間見える。全編にわたりやんちゃさが全開である一方、バラード「僕は涙が出ない。」などでは、悪ガキがたまに見せるような純粋さがほろりと零れ落ちていたりもして。「平成後遺障害」をこの時代に投下するセンスも面白い。
    杉江 由紀【ライター推薦】

チェックした商品をまとめて