エガー&エンシェント室内管/ヘンデル:ブロッケス受難曲

2019年11月13日 (水) 18:50 - HMV&BOOKS online - クラシック


リチャード・エガー&AAM/ヘンデル:ブロッケス受難曲

ドイツの文筆家バルトルト・ハインリヒ・ブロッケス[1680-1747]。彼が書いたイエスの受難のテキストは18世紀に高い人気を誇り、ヘンデルをはじめラインハルト・カイザーやヨハン・マッテゾン、ゲオルク・フィリップ・テレマンらの作曲家が彼の詩を用いて受難曲を作曲、1719年にはこの4作品が相次いで演奏された記録が残っています。またJ.S.バッハも『ヨハネ受難曲』のいくつかの楽章でブロッケスの詩を用いています。
 前述のとおり、ヘンデルも1716年頃にこのブロッケスの詩による受難曲を作曲しており、これは彼の生涯唯一の受難曲であるとともに、イギリス時代のヘンデルとしては珍しくドイツ語で書かれた声楽作品であることでも知られています。ただし、残念なことにドイツとロンドン間での楽譜送付のトラブルのため自筆原稿が失われてしまったこともあり、作曲された経緯などはあまりわかっていません。
 2017年から2019年にかけてエンシェント室内管弦楽団(AAM=アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージック)はこの作品に取り組み、その集大成となったのが、2019年の聖金曜日にロンドン、バービカン・ホールで開催された“「ブロッケス受難曲」初演300周年記念”の演奏会でした。エリザベス・ワッツ、ロバート・マレイ、ティム・ミードを始めとしたバロック作品に定評のある歌手を起用し、リチャード・エガーの指揮による素晴らしい演奏がこのアルバムに収録されています。
 演奏の素晴らしさもさることながら、とりわけ話題となったのが、この演奏に使用された2年間の学術研究による「15の手稿」を取り込んだ新校訂版でした。この手稿は5か国、8つの都市の図書館のコレクションに所蔵されていたものを集め、ヘンデルの研究者であるルース・スミスをはじめ、オックスフォード大学、ケンブリッジ大学、キングス・カレッジ・ロンドンの研究者、音楽学者たちの協力を得て、ようやく演奏可能になったものです。これまで『ブロッケス受難曲』の演奏では1965年に出版された版が用いられてきましたが、この50年の間にヘンデルに関する研究が飛躍的に進歩し、ブロッケス受難曲についても次々に新しい原稿の存在が明らかになり、今回の新校訂版を作成するというアイデアが生まれました。もちろん発見された譜面をそのまま演奏するのではなく、既存のものと比較し、どれを採択するのが一番ふさわしいのかを議論しなくてはいけませんでした。
 優れたオーボエ奏者でもあるレオ・デュアルテは、エンシェント室内管弦楽団の音楽監督リチャード・エガーとともに、数多くの協力者の力を得て、この新校訂版を創り上げました。
 アルバムには220ページのブックレット(英語)が付属。全ての曲の歌詞はもちろん、新校訂版が出来上がるまでの過程や、追加曲目の研究結果、ブロッケス受難曲が辿った経緯なと興味深い記事を始め、作品からインスパイアされた現代絵画が掲載されており、現在の「ブロッケス受難曲」における決定的なガイドとなっています。(輸入元情報)


【収録情報】
ヘンデル:ブロッケス受難曲 HWV.48(世の罪のために苦しみ死にたまいしイエス)

 レオ・ドゥアルテ編集による新校訂版(追加部分はリチャード・エガーによる)

Disc1
● 第1番〜第50番

Disc2
● 第51番〜第105番

Disc3
● 追加曲目A

1. シンフォニア 1a: grave e staccato/1b:Adagio e staccato
2. 11a: 合唱: chorus of disciples
3. 71a: アリア: daughter of Zion
4. 93a: レチタティーヴォ: Faithful Soul (soprano), Evangelist

● 追加曲目B
5. 2b: chorus of disciples to the cross our lord is bound
6. 3b: レチタティーヴォ: Evangelist When Jesus at the table sitting
7. 4b: accompagnato 伴奏付叙唱: Jesus take, eat: this is my body
8. 5b: アリア: daughter of Zion the God, whom th’heav’n and heav’n of heavens
9. 6b: レチタティーヴォ: Evangelist he took the Cup
10. 7b: accompagnato 伴奏付叙唱: Jesus this is my blood of the new testament
11. 9b: 合唱: The christian church As the hart pants after pure streams
12. 10b: レチタティーヴォ: Evangelist, Jesus And when they had sung an hymn
13. 11b: chorus should the whole world at once forsake you
14. 12b: レチタティーヴォとアリア: Peter, Jesus th’event is certain
15. 13b: レチタティーヴォ: Peter, Jesus but i will still be firm
16. 14b: Soliloquium 独白: Jesus how sorrowful
17. 15b: レチタティーヴォ: Jesus the heavy load of sins oppress me
18. 21b: アリオーソ: Jesus, John, James, Peter here watch with me
19. 62b: アリオーソ: Faithful Soul behold the love of God towards us

 シオンの娘…エリザベス・ワッツ(ソプラノ)
 福音史家…ロバート・マレイ(テノール)
 イエス…コーディ・クアトルバウム(バス)
 ペテロ…グウィリム・ボウエン(テノール)
 ユダ…ティム・ミード(カウンター・テナー)

(忠実な魂たち)
 ルビー・ヒューズ(ソプラノ)
 レイチェル・ロイド(メゾ・ソプラノ)
 ニッキー・スペンス(テノール)
 モーガン・ピアース(バス)

 キャシー・ベル(メゾ・ソプラノ)
 ケイト・シモンズ=ジョイ(メゾ・ソプラノ)
 フィリッパ・ハイド(ソプラノ)

 エンシェント室内合唱団
 エンシェント室内管弦楽団
 リチャード・エガー(指揮)

 録音時期:2019年4月11,17,18日&19日
 録音場所:ロンドン、ヘンリー・ウッド・ホール&バービカン・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル)



ブロッケス受難曲 リチャード・エガー&エンシェント室内管弦楽団、ロバート・マレイ、コーディ・クアトルバウム、他(3CD)

CD輸入盤

ブロッケス受難曲 リチャード・エガー&エンシェント室内管弦楽団、ロバート・マレイ、コーディ・クアトルバウム、他(3CD)

ヘンデル(1685-1759)

価格(税込) : ¥5,929

会員価格(税込) : ¥4,666

まとめ買い価格(税込) : ¥4,566

ご予約商品 - 2019年12月26日 発売予定

5件中1-5件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて