トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > ジャパニーズポップス > インディーズ > 無人島 〜俺の10枚〜 【森は生きている 連載編 〜第三弾 : 大久保淳也 / 五野上欽也〜】

無人島 〜俺の10枚〜 【森は生きている 連載編 〜第三弾 : 大久保淳也 / 五野上欽也〜】

2014年11月4日 (火)

無人島 〜俺の10枚〜 【森は生きている 連載編 〜第三弾 : 大久保淳也 / 五野上欽也〜】
昨年リリースしたデビューアルバム『森は生きている』が、いきなりの大名盤。カントリー, ソフトロック, スワンプ, アンビエント, モンド, エキゾチカ,トロピカル, ジャズ, ブルース, クラシック, アフロなど. . . メンバーの雑多な音楽嗜好に裏付けられたチャンポンミュージックが、老若男女問わず音楽を愛する者の心をがっちり捉えたのも記憶に新しい。そんな彼らが1stアルバムのさらに上いく圧倒的完成度のセカンドアルバム『グッド・ナイト』を11月19日に発表する。アルバムの発売を祝し先週からスタートした、『無人島 〜俺の10枚〜 【森は生きている 連載編】』!毎週火曜夕方更新を目安に各メンバーがHMVの鉄板企画「無人島10枚」に参戦してくれます!第三弾は大久保淳也(Flute,Reeds, etc) に加えサポートベースの五野上欽也が登場!どうぞお楽しみ下さい。

無人島 〜俺の10枚〜 【森は生きている 連載編】 一覧


『グッド・ナイト』 森は生きている [2014年11月19日 発売]

『グッド・ナイト』 森は生きている 予てよりバンドが血肉化してきた数々の有機的な音楽遺産に加えて、このセカンドアルバムでは、サイケデリックロックや、時にはプログレッシブロック〜アヴァンギャルド的な語法も交えつつ、枚挙するに戸惑われるほどの数多の要素や音楽美が溶かし込まれている。レコーディング〜ポストプロダクションにおいてもバンドの完璧主義が全面的に敷衍され、ベーシックトラックに於けるアナログテープ録音から、様々な楽器音・電子音の重層的配置、更にはリーダーの岡田拓郎自らによる偏執的とも言える精緻かつ玄妙なミキシング作業までを通して、生鮮と爛熟が奇跡的にバランスする、圧倒的な音楽世界が作り上げられている。そして、ファーストアルバムでも独自の美意識を薫らせていた歌詞表現も更に奔放な羽ばたきを得て、音像と詩的心象がただ一つに融解していくように、聴くものを幻夢の世界へと誘い混む。それは恰も、歴史に晒されながらも清廉を保つ芳醇なシンフォニーのようでもあり、かつてモンパルナスに集った吟遊の芸術家集団による狂騒歌のようでもあり、老練の工人によって紡ぎ出される生活歌( ブルース) のようでもあり、そして、いつか見た未来を朧気に映し出す幻燈の静寂音のようでもある。2014年という時代に屹立する、森は生きているという純音楽集団にしか創り出し得ない圧倒的名盤にして孤高の作品が、ここに誕生した。

【HMVオリジナル スペシャル音源特典】
森は生きている「early tape of “グッド・ナイト” vol.2」CD-R

[収録内容]
1.プレリュード demo
2.青磁色の空 demo

※特典は無くなり次第終了となります。ご購入前に必ず商品ページにて特典の有無をご確認下さい。

『グッド・ナイト』収録楽曲

  • 01. プレリュード
  • 02. 影の問答
  • 03. 磨硝子
  • 04. 風の仕業
  • 05. 痕跡地図
  • 06. 気まぐれな朝
  • 07. 煙夜の夢 (a,香水壜と少女 / b,空虚な肖像画 / c,煙夜の夢(夜が固まる前))
  • 08. 青磁色の空
  • 09. グッド・ナイト

森は生きている プロフィール

岡田拓郎(Gt.,etc.) /竹川悟史(Vo.,etc.) /谷口雄(Pf.,etc.) /増村和彦(Dr.,etc.) /大久保淳也(Flute,Reeds, etc)
柔軟な吸収力と表現力を武器に、滋味豊かでいて瑞々しい独自の音楽を生み出す「純音楽楽団」、森は生きている。
2012年、リーダーの岡田拓郎を中心に東京で活動を開始。その年の末、ファーストCD-R「日々の泡沫」を発表し、自主制作盤にもかかわらず各レコード店にて軒並みソールドアウトを記録。2013年にはP-VINE RECORDS よりファースト・アルバム『森は生きている』をリリース。音楽シーンを代表する作品として各界から高い評価を得、発売を記念して行われた各地でのリリースツアーも大盛況のうちに終える。その後もさまざまなイベントやフェスへ出演するなど活発な活動を繰り広げる中、2014年にはファースト・アルバムのアナログ盤をリリース、それに合わせバンド初となるワンマン公演を東京渋谷WWW にて大盛況のうちに開催。11 月には待望となるセカンド・アルバム『グッド・ナイト』をリリースする。
カントリー、ソフトロック、サイケ、スワンプロック、アンビエント、モンド、トロピカル、ジャズ、ブルース、アフロ、クラシック、現代音楽etc…数々の音楽遺産を深く咀嚼しつつもあくまで現代的な表現として昇華する有機的且つ先鋭的なプロダクション、卓越した演奏、そして仄かに文学の匂いが薫る歌詞世界。森は生きているの奏でる音楽が、時代の心象を儚く切り取るように、そこここへ満たされていく…。

http://www.moriwaikiteiru.com/


無人島 〜俺の10枚〜 【森は生きている 連載編 〜第三弾 : 大久保淳也 / 五野上欽也〜】

▼ No.1〜5 大久保淳也 select

Sweet Smoke

Sweet Smoke 「Darkness To Light」

1ヶ月間出張に行った際にお世話になった作品。出張期間中ずっとこのアルバムだけを聴き続けていました。ホテルに帰りいざ音楽を聴こうとなると,なぜかこのアルバムしか聴きたくなりませんでした。非常に中毒性のあるアルバムではないかと思います。管楽器のアレンジが非常に好きな作品。

Emperor

Emperor 「Wrath of the Tyrant」

ブラックメタル界を代表するバンド,Emperorといえば「In The Nightside Eclipse」「Anthems To The Welkin At Dusk」のアルバムが有名ですが,私はこのアルバムを推します。というのも1音1音の破壊力が圧倒的過ぎて,はじめて聴いたときはゾクゾクしました。ボーカルIhsahnの声は今とはだいぶ異なり,相当エグい声を出しています。悪魔にとり付かれているのかと心配しましたが,かなり癖になる声です。音質は決して良いとは言えないので何をやっているのかわからなくなる時がありますが,それがかえってノイズ的な要素としても楽しめるのかと思います。おそらく無人島で暇になったらこのアルバムを聴きながらおもいっきりヘドバンしていると思います。誰も見ていないですし。

Mayhem

Mayhem 「De Mysteriis Dom Sathanas」

上記に続いてブラックメタル界を代表するバンド,Mayhemの言わずと知れた名盤。とにかく最初から最後まで突っ走っています。私も初めて聞いた時は全然ついていけませんでした。気が付いた時にはアルバムも聴き終わっていて,何か強烈な術にかけられたような,悪魔にとり付かれたような感じだったのを覚えています。3曲目“Cursed in Eternity”が最高。暴力的で殺気出まくりの強烈なアルバムです。

Ralph Irizarry

Ralph Irizarry 「Best Kept Secret」

大学のサークルの先輩から勧められたアルバム。最初は勉強用で聴いていたのですが,アルバムとしての完成度も高い作品です。このアルバムのリーダー,Irizarryのティバレスは大抵暑苦しいのですし,他のメンバーも重苦しい音の持ち主が集められることが多いのですが,このアルバムは落ち着いた感じがあり,珍しい作品となっています。ラテンジャズとしては他に類を見ない作品となっていると思います。

Hermeto Pascoal

Hermeto Pascoal 「Musica Livre De」

このアルバムの中の1曲“Asa Branca (White Wing, a Bird)”が好きすぎて,何回も聴いていました。それがきっかけでPascoalのアルバムをいろいろ聴き,彼の魅力にどっぷりはまりました。彼の作り出す音は複雑で,かつ様々な表現がなされていますが,それらがほんとにうまく絡み合っていて,神秘,狂気などの言葉が当てはまるようなサウンドが作り出されています。ただのマルチで終わらない,1つ1つの楽器の特性をうまく生かした音作りは圧巻です。

▼ No.6〜10 五野上欽也 select

Ornet Coleman

Ornet Coleman 「Dancing in your head」

一挙一動が全て生きるための動作となる過酷な環境。その生活の中で魂を開放し一時的な自由を手に入れ、生命を脈動させ続けるためにオーネットコールマンのこの作品を持って行きたい。清々しいまでにノーテンキなテーマから始まり、曲が進行していくにつれだんだんと調性を離れ自由に精神性を表現しはじめるこの1枚は間違いなく無人島で生きていくのに欠かせないアルバムであると思う。炎天下の下太陽に身を焼かれようとも、タンパク源入手のために海に出て荒波に苛まれようとも、バカバカしいメロディと狂気を感じるほどに軽やかなリズムはこれらの苦行を盛大に笑い飛ばしてくれるはず。僕にとっては火と同じくらい必要なものです。

Velvet underground

Velvet underground 「White light White heat」

無人島に行く理由はなんであろうか。おそらく僕の場合は周囲で切磋琢磨してきた人々が死も含めて何らかの理由で去っていき、対人関係に意義を感じなくなったときだと思う。そんな時は絶対にヴェルヴェッツの2ndを持って行きたい。このアルバムはジョンとルーの個性、もっといえばエゴのぶつかり合いが生み出し、今もなお多くの人々に対して影響を与えている奇跡のような1枚。無人島の生活の中でこのアルバムを聴き、個性をぶつけ合って新しい音楽を、もっとカッコいい音楽を生み出そうとしてきた日々や殴り合いに近い音楽についての討論の日々を懐かしみたい。こんな妄想が実際に将来起これば良いなとも思います。強く郷愁の念に駆られるほど密度の濃い青年期を送った上で、老いて一人無人島でこのアルバムを聴きたいです。

Brigitte Fontaine

Brigitte Fontaine 「ラジオのように」

どんな楽器奏者にも、その人の演奏の根幹になるものの存在があるはず。タイム感やフレージングなど、多くの音楽を吸収していこうともその基礎となるプレイに終着すると僕は思う。この1枚はまさに僕にとって全てのベースプレイの根幹となっている作品。少ない楽器隊のなかでブリジットフォンテーヌというまさに宇宙の概念といっていい偉大な歌手の空間を最大限に広げるためにマラカイ・フェイヴァースのベースは時に表現の限りを尽くして耳に残るリフを弾き、果てしなく伸びていく声に応じてミニマルなフレーズを展開する。多くの音楽を吸収したことによる果てしない知性を感じさせるベースプレイは僕の目標としているもの。どこへ行こうともこの向上心を忘れないために持って行きたい1枚です。

Sun Ra

Sun Ra 「The Magic city」

サン・ラを初めて聴いたとき、極端に狭い場所であろうとも、電気さえ消してしまえばいくらでも空間を拡張して壮大な物語を展開してくれる魔法のような音楽だと思った。体内にも浸透し無意識を呼び起こすこの音楽を、今度は対極的に最初から開けた場所で聞いてみたらどんな事が起こるのだろうか。そう考えた上で無人島に持って行きたい1枚に選出しました。周りを表面上水のみで構成された海に囲まれた無人島という空間。地球の営みの縮図といえる孤独の島でMagic Cityを聴いたとき、周囲の景色に溶け込んでいくのだろうか、海のさざめきや風の生み出す自然の音はこの音楽に交じり合うのか、そんなことを考えると期待に胸が高鳴ります。是非とも探求のために持って行きたい1枚。

Velvet underground

Velvet underground 「Velvet underground」

無人島というと流刑地というか、どうしても死について考えてしまうので、死んでいく過程の中で聴いていたいアルバムとしてこの1枚を上げたい。大学に入り音楽をやり始めた頃に多くの刺激をくれた恩人に教えてもらった思い出の1枚。ルーリードの音楽性が全て詰まっているんじゃないかと思ってしまうほどポップで優しいメロディの「Candy Says」を聴き、「Jesus」でこれまでの悪行を悔い改め、「That's the Story of My Life 」を聴きつつ今まで歩んできたきた道に思いを巡らせる。おそらく「Murder Mystery, The 」が流れる頃には既に危篤状態で意識も朦朧としいよいよ死を迎えるために少しずつ身体の機能も停止し始めているだろう。しかし魂が肉体を離れるその瞬間、モーリンタッカーの声を聴くことができたなら、孤独の地であろうと安らかな顔で極楽浄土に向かうことができると思います。

無人島 〜俺の10枚〜 【森は生きている 連載編】 一覧はコチラから!

無人島 〜俺の10枚〜 【森は生きている 連載編】 一覧 
森は生きているが1stアルバムのさらに上いく圧倒的完成度のセカンドアルバム『グッド・ナイト』を11月19日に発表する。アルバムの発売を祝し、『無人島 〜俺の10枚〜 【森は生きている 連載編】』がスタート!毎週火曜夕方更新を目安に各メンバーがHMVの鉄板企画「無人島10枚」に参戦してくれます!発売週まで続く連載をどうぞお楽しみ下さい。

第一弾 : 増村和彦 | 第二弾 : 谷口雄 | 第三弾 : 大久保淳也 / 五野上欽也

その他オススメ情報はコチラから!

【エイチオシ】 『Smart Citizen』発売記念!吉田ヨウヘイ×岡田拓郎×柳樂光隆・特別鼎談 
HMVがイチオシするネクストブレイクアーティスト「エイチオシ」にて絶賛大プッシュ中の吉田ヨウヘイgroup。彼らのニューアルバム『Smart Citizen』がついに到着!吉田ヨウヘイさん、森は生きているの岡田拓郎さん、さらには音楽ライターの柳樂光隆さん、三者の特別鼎談現場にお邪魔してきました!
【HMVインタビュー】 森は生きている  
はっぴいえんど〜細野晴臣『泰安洋行』、さらにはキセルやくるりなどを髣髴とさせるスーパーグッドミュージック。「森は生きている」オススメです。
「45分アルバムのすすめ」 森は生きている 選
アーティストがHMV店長に!?「music curator」第15弾に、フジロックROOKIEステージへの出演が話題になっている「森は生きている」が登場!
[HMV担当者推薦SSW] SASAKLA(a.k.a.笹倉慎介) 
彼の朴訥なうたごえ、開放的で暖かく豊かなその音楽は、どこか73年の狭山、HOSONO HOUSEと現在を繋ぐ手がかりのようだ。
無人島 〜俺の10枚〜 【Nohtenkigengo 編】
音楽好きには超定番の企画『無人島 〜俺の10枚〜』!第309回目のお客様は、トクマルシューゴや森は生きているも賛辞を贈る、青春インディドリームポップの若手最注目株!Nohtenkigengo

Twitter【 最新J-POP情報つぶやき中! HMV J-POP Twitter!】
HMVの邦楽バイヤーによる、邦楽専門アカウントです。独自の視点でオススメ作品をご紹介!特集・連載企画などもバシバシUpしていきますよ。
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

グッド・ナイト

CD

グッド・ナイト

森は生きている

価格(税込) : ¥2,640
会員価格(税込) : ¥2,429

発売日:2014年11月19日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

煙夜 (カセットテープ)【完全初回限定生産】

カセットテープ

煙夜 (カセットテープ)【完全初回限定生産】

森は生きている

価格(税込) : ¥1,100
会員価格(税込) : ¥770

発売日:2014年11月05日
在庫あり

  • 欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

フィーチャー商品

featured item

森は生きている

CD

森は生きている

森は生きている

価格(税込) : ¥2,619
会員価格(税込) : ¥1,834

発売日:2013年08月21日
在庫あり

  • 欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%