激ロック×HMV


激ロック×HMV
ラウドロックのポータルサイト“激ロック”とのコラボコーナー登場!
毎月レコメンドアーティストとアイテムをご紹介!

今月は2アーティストのセルフライナーノーツを掲載!


激ロック×HMV 今月のレコメンド:KNOCK OUT MONKEY 7/23「Wonderful Life」,8/20「Greed」

今月のレコメンド@:KNOCK OUT MONKEY 7/23「Wonderful Life」,8/20「Greed」

KNOCK OUT MONKEY
KNOCK OUT MONKEY 『Wonderful Life』
[2014年7月23日発売]
“神戸の暴れ猿”KNOCK OUT MONKEYが、バンドが得意とする“真夏”をテーマにした“メジャー感プンプン”“KOM節全開”の超強力シングルを2ヶ月連続リリース!
2014年“真夏”のシングル第1弾となる「Wonderful Life」は、夏の空に広がっていくような開放的なメロディーとヴォーカル、ラテン調のサウンドが心地良く、照りつける太陽の下で聴きたくなるご機嫌なナンバー!M-2「No Ending」はヘヴィーに疾走するサウンドが印象的なナンバー。どちらもライブで体感したい楽曲!
KNOCK OUT MONKEY
KNOCK OUT MONKEY 『Greed』
[2014年8月20日発売]
2014年“真夏”のシングル第2弾!「Wonderful Life」から1ヶ月、8月20日にリリースされる「Greed」はキャッチーなロック・チューンで、KNOCK OUT MONKYの魅力を存分に感じられる仕上がり。
M-2「Only」は「Greed」から一転、詩情に満ちたミディアムナンバー。夏の終わりのせつない空気感を感じさせる、じっくり味わいたい作品となっている。

KNOCK OUT MONKYによる「Wonderful Life」「Greed」セルフライナーノーツ

7/23 「Wonderful Life」
1. Wonderful Life
「とにかく夏っぽい曲を作りたい」ということで事で作りました。今までアルバム曲ではやっていたソカのビートを初めてシングルでやってみて、よりメロディを意識し、更に出来上がっていくものを大きく壊していくという作業がとても印象に残っています。声を大にして「楽しい」、「夏を感じている」って時に聴いてもらえるとより曲の高揚感が伝わると思います。肩肘張らずに2014年の夏をエンジョイしてください。 (w-shun)

2. No Ending
初っ端からド派手で破壊力のあるヘビーロックな曲です。男臭さ全開のギラギラ感と混沌としたモヤモヤ感をぶっ放したサウンドが綿密なアレンジとミックスして聴き応えありまくりです。夏を意識して作った曲ではないのですが、熱帯夜の中、眠れなくて部屋で暴れ散らかしちゃいましたみたいなノリ? ヤンチャなギターフレーズも面白いのでとりあえず大音量で聴いてほしいです。Rock!!
(dEnkA)

8/20「Greed」
1. Greed
3,4年前からネタとしてリフがあったのですが、どうにかして活かせないかとずっと思っていました。当時からイメージとしては“サーフロック”だったので、夏ということもあって今回アリなんじゃないかと思ったのと、今であれば今年2月に出した1stアルバム制作の時の経験値を活かして良い形に出来るのではないかと思って取り組んだ中で出来た楽曲です。一聴するととてもポップな曲なんですけど、楽器的には色々と複雑なことも詰め込めたし、僕らとしてはとても面白い楽曲が出来たなぁという印象です。
(w-shun)

2. Only
“夏の終わり”をテーマとして作りました。どちらかといえば僕(w-shun)個人の素に近い曲なんじゃないかなと思います。今までもスローテンポ、ミドルテンポの曲はありましたが、終始レゲエ調のゆるい4つ打ちはなかったので新鮮だと思います。思いっきり夏を感じて遊んだ後に浸るにはよいお供かと思います(笑)
(w-shun)


激ロック×HMV 今月のレコメンド:HEAD PHONES PRESIDENT「Disillusion」

今月のレコメンドA:HEAD PHONES PRESIDENT「Disillusion」

HEAD PHONES PRESIDENT
HEAD PHONES PRESIDENT 『Disillusion』
[2014年8月6日発売]
日本へヴィロック界の至宝、世界を股に掛けるHEAD PHONES PRESIDENTの約2年振りとなるフル・アルバムが完成!!
パワフルなヴォーカルによる突き抜けた表現力、そしてそれをサポートする重厚かつ緻密なバンドサウンドが更に進化!!日本ロック史に新たな1ページを刻む名盤の誕生だ!!

HEAD PHONES PRESIDENTによる「Disillusion」セルフライナーノーツ

01. The One To Break
MVにもなってる曲。
比較的HPPの中でも聞きやすく分かりやすいメロディーかな。
ライヴでは是非Dメロで一緒に歌って欲しい♡←願望(笑)
(ANZA)

前作『Stand In The World』を超えるべくリーダーのHIROが苦しみ抜いて出してきてくれた渾身の一曲。アレンジに最も時間がかかった曲。様々な要素を取り込みながらも極限まで無駄を削ぎ落として磨き上げた作品。
Music Videoも曲調通りの爽快なものに仕上がったのでそちらも是非視聴してほしい。
(BATCH)

02. A New World
HPP初のスラッシャーな曲。
ライヴでは、各々拳あげるのもよし!頭振るのもよし!お好きに感じて下さい!
(ANZA)

今までのHPPには殆ど無かった2ビート系がメインのグルーヴ曲。時にせわしく、時に壮大に変化していくスピード感のある楽曲。
Feel So Heavy, Fast!! and So LOUD!!!!
(BATCH)

03. I Mean It
ベースのスラップが心地良く曲の展開も面白くなってる曲です。
ライヴでは、身体動かしてステップ踏んでみたりとか…いいかも!
(ANZA)

今回のアルバム収録曲の中で最後まで"The One To Break"とMV曲の座を争っていた曲。ベースの地を這うような畝るグルーヴとその上で自由に弾きまくるギターの絡みが絶妙!
ボーカルラインがまたひと味違ったドラマチックな展開で魅せてくれる。
NARUMIのスラップベースソロは必聴!!!
(BATCH)

04. Breeze
この曲の歌詞は、HPPがとても大切にしている台湾の仲間を思って書きました。
国は違えど、大切な仲間がいる場所への思いに距離なんて関係ない。
ライヴでは、各自大切な場所を思いその場所に思いが届けと言う気持ちで両手を上げて届けてみて欲しい!
(ANZA)

この曲はもともと自分が叩きたいと思ったリズムをV-Drumsで叩き録音したものを基にNARUMIがバッキングを弾き、ANZAが歌を乗せて出来た曲。なのでドラムを叩いてて一番気持ち良い曲かも。
歌メロラインがかなり攻めてて気持ち良い。めまぐるしく変化する高音と低音の音を取るのが難しそう...
(BATCH)

05. Wait
この曲は…The 女心を歌ってます!HPP初のラブソングかな。
って言ってもドストレートなラブソングって言うよりはツンデレ系(笑)
ライヴでは、ガールズの皆さん一緒に歌いましょう!(笑)
メンズの皆さん、私がステージから目線を送ります(笑)
(ANZA)

かなり実験的な楽曲。
ドラムのパターンとしてはボーカルのラインが先に完成していて、『この歌に合うドラムパターンを考えて!』と言われて感じるままに叩いたら意外とすんなり出来上がった。
ANZAから一発OKを貰った時はホッとしました。。
サウンド的にはダンサブルな曲調でダブステップ的なアプローチやマシンのリズムトラックとの共存共栄を追求した。
実験的なだけで終わらせずにしっかりと自分達のモノに消化出来たと思います。
(BATCH)

06. Miss You
この歌詞は、とにかく大切な人…この世を去ってしまった人へ書いたものです。
ライヴでは、それぞれ感じるままに。
(ANZA)

今回のアルバムの中では最もダークな作品。
レコーディング寸前に出来た曲のひとつ。
ギリギリなのにも関わらず変拍子を持ってくるHIRO氏。
しかも曲の終盤には変拍子でドラムソロ的なモノをやって欲しいなんて…
HIROはドS☆
(BATCH)

07. Dance With Shadows
民族的なリズムにマンドリンの心地良さと、おまじない的な歌になってます。
ライヴで…いつかやりたいな(笑)
(ANZA)

レコーディングスタジオにあったマンドリンを使ってHIROがいつの間にか作った曲。出来上がったトラックにフロアタム・シェーカー・鈴などのパーカッション類を重ね、そこにANZAの歌が乗った。
民族的なフィーリングの曲で古くからのHPPファンにとっては懐かしい感じのする曲だと思います。
(BATCH)

08. Far Away
今回のアルバムの中で最も頭おかしい曲です(笑)
曲の展開も歌詞も。
ライヴでは狂ったように暴れてみてはいかがでしょうか(笑)
(ANZA)

めまぐるしく変わる曲調が特徴的。DTM作業で作っていった楽曲をどこまで生バンドで再現し、更にそれを超えられるか?といった感じでレコーディングした曲ですが意外と違和感無くすんなり聴けてしまうのが自分達でも驚き。
(BATCH)

09. Left Alone
HPPのダークな曲。
歌詞は大切な人達ばかりを奪われて行く怒りを書いてます。
でも今回はただダークだけではない。
サビのオケはとても光りを求めてます。
歌はめちゃ怒って泣き叫んでますけど(笑)
人間の悲しみや怒り、そして脆さ、心のリアルを残しました。
ライヴでは、きっと皆凝視しちゃうかな…(汗)
(ANZA)

出だしはギターの怪しいフレーズとANZAの語りから始まり、今作最もヘヴィなフレーズへと移行した後にサビが突然のアコースティックに…
悲しみ・切なさ・儚さと透き通るような明瞭さが共存している不思議な曲。
(BATCH)

10. Too Short
凄く懐かしいような新しいような曲。
ギターのリフだけを聞くとメタル要素満載だけど、Dパートは突然展開が変わる面白い曲。
どんな生き方しててもどんな仕事をしててもとにかく前向いて後悔しないように頑張れ!って歌詞です。
ライヴでは、是非拳を高く上げて欲しい〜。
(ANZA)

曲の前半は古き良きHR/HM的な要素が満載な感じですが後半の展開でジャジーなギターソロが入ったり壮大な展開とボーカルラインの変化の付け方はかなり聴き応えがあると思う。
(BATCH)

11. In Dreams
ピアノとアコギと歌だけのとてもシンプルな曲。
メロディーラインは今までのHPPにはあまりなかった感じになってます。
歌詞は会う事が叶わない人に、夢の中でもいいから会いたいと言う内容です。
ライヴで、アコースティックライヴなどでやる事が多くなると思うんだけど、皆さんの心で感じて下さい。
(ANZA)

前作から恒例になったHIROのピアノと歌の曲。
今回はエレピでは無く、生ピアノでの一発録音という事でかなり大変だったようです。
しかし、そのおかげで静けさの中にある一音一音の緊張感と空気感が何とも言えない雰囲気を醸し出していて自然と聴き入ってしまう曲です。
(BATCH)

・総評
今回のアルバム"Disillusion"は、今まで好きだけどこのバンドに合うのかな?という疑問などから試みなかったアプローチを数多く盛り込んだアルバムで、それも実験というよりは自然にその方向へ向かっていったように感じている作品。
だからこそ違和感無く聴くことが出来る。
前作で探り探りだった新しいHEAD PHONES PRESIDENTの世界というものがこのアルバムで構築されてきたと思う。
これらの楽曲達が今後ライヴで披露されていくうちにどのような変化・進化を遂げていくのかが非常に楽しみなアルバムです。
(BATCH)


激ロック | ラウドロックポータルサイト

パンク/ハードコアTOPページ(PC)
パンク/ハードコアニュース一覧へ(PC・スマホ)
12件中 1-12件を表示
50件 100件 200件
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

  • 今月の激ロックレビュー

    世界の名だたるバンドを手掛けたJohn Feldmannプロデュースによる 約1年半ぶりのニュー・シングル!

    CDシングル

    Mighty Long Fall/Decision

    ONE OK ROCK

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥1,296
    会員価格 (税込)
    ¥1,192
    発売日
    2014年07月30日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,102

    [GENRE : ROCK]
    映画“るろうに剣心 京都大火編”の主題歌と、バンドのドキュメンタリー映画のメイン・テーマを表題とし、さらに新曲を収録した3曲入りのダブルAサイド・シングル。「Mighty Long Fall」はダンサブルな手法で我流ロックに仕上げている。対して「Decision」はオリエンタルなメロディ・ラインが新鮮なスケール感のある曲調。日本を代表するロック・バンドの座を手に入れた感がある彼らは、もはやどんな曲調でも乗りこなす凄味さえ漂う。
    荒金 良介【ライター】推薦

  • “新世代ラウドロック・シーンの覇者” Fear, and Loathing in Las Vegasが 2年ぶり3枚目のフル・アルバム『PHASE 2』をリリース!

    CD

    PHASE 2

    Fear, and Loathing in Las Vegas

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,700
    会員価格 (税込)
    ¥2,484
    発売日
    2014年08月06日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,295

    [GENRE : LOUDROCK, SCREEMO, ELECTROCORE]
    7000人キャパの地元神戸ワールド記念ホールにて初ワンマンをソールドアウトさせ、新たな“PHASE”へ突入した彼ら。オートチューンをかけたハイトーン・ヴォーカルと強烈なシャウトが交錯するツイン・ヴォーカル・スタイル、アッパーなEDMサウンド、激重リフが唸るブレイクダウン、性急でカオティックな曲展開。錬磨された音楽性に加え、新ベーシスト、Keiのテクニカルなスラップ・ベースやSoによるラップ、7分越えの過去最長曲など攻めの新機軸も満載。
    村岡 俊介(DJ ムラオカ)【激ロック オーガナイザー】推薦

  • 2ヶ月連続シングル・リリース第2弾! 正真正銘の夏男たちが贈るサマー・ロック・チューン!

    CDシングル

    Greed

    KNOCK OUT MONKEY

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥1,080
    会員価格 (税込)
    ¥994
    発売日
    2014年08月20日

    販売終了

    [GENRE : LOUDROCK, PUNK ROCK]
    猿だけにバナナを使った斬新なキャンペーンの数々……と、この夏も話題にこと欠かないKNOCK OUT MONKEY。ジャパレゲ調のラウド・ナンバーだった前作『Wonderful Life』とは異なったアプローチで、人気アニメ“名探偵コナン”のOPテーマにも抜擢された表題曲「Greed」は、夏にピッタリのアゲアゲ・パンク・ナンバー。Track.2の「Only」はユル〜いレゲエ・ナンバーという、彼らの多面性を見せつけられる完成度の高い1枚。
    山本 真由【ライター】推薦

  • “迷宮”という意味を持つタイトルに込められたメッセージを噛み締めながら楽しめる1枚

    CD

    MAZE

    NOISEMAKER

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥1,620
    会員価格 (税込)
    ¥1,490
    発売日
    2014年08月20日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,377

    販売終了

    [GENRE : LOUDROCK]
    北海道出身の4人組ラウドロック・バンドによる3枚目のミニ・アルバム。その確かな実力と、エネルギッシュなライヴ・パフォーマンスも人気の秘訣だ。収録されている6曲の内容は多彩ではあるが直球で、一貫したサウンド・コンセプトを感じる。彼らのルーツとなった1990年代から2000年代の音楽を現代的にアップデートし、いつの時代に聴いても色あせることのない普遍的な魅力を持つ粒揃いの良曲ばかり。後味も絶妙なので、気がつけばアルバムを何周もしてしまう。
    KAORU【ライター】推薦

  • 迷いを一切感じさせない爽快で強靭なラウドロック! SCREWがメジャー2作目となるフル・アルバムをリリース!

    SCREW

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥4,100
    会員価格 (税込)
    ¥3,771
    発売日
    2014年08月20日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥3,485

    [GENRE : LOUDROCK, SHOCK ROCK]
    自らの美学を追求した前作に比べ、5人の肉体や精神を至近距離で感じられる生々しさが、聴き手の心臓にねじ込むように迫りくる今作は、ヘヴィかつダークな曲世界で、時には突き動かし、時には包み込み、と思えば突飛にジャジーなパートを入れ込むなど、音の随所にちらつく遊び心や人間味。これは間違いなく聴き手とのコミュニケーションの所望。彼らが積み上げてきたものが、今回で見事に固まった。このモンスターたちがどうライヴ会場で暴れまわるのか、乞うご期待。
    沖 さやこ【ライター】推薦

  • 大阪のエモ・ピアノ・ロック・バンドANOTHER STORY OF THE OTHER SIDE、 通称ASOOSが、初の全国流通盤となるEPを完成!

    ANOTHER STORY OF THE OTHER SIDE

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥1,400
    会員価格 (税込)
    ¥1,287
    発売日
    2014年08月06日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,190

    [GENRE : EMO, SCREEMO]
    Silhouette from the Skylitに続きSTOIC RECORDS第2弾アーティストとしての全国デビューとなる彼らは、光と闇、希望と失望、正義と悪……など“二面性”を大きなテーマとして掲げている。そのコンセプトは音楽性にもしっかりと投影されていて、静と動の対比を際立たせたサウンド・メイクはまさに“劇的”。存在感を放つスクリーム・パートやデストーション・ギターに加え、美しいピアノ・ソロや澄んだヴォーカルの声色も印象的。
    小林 詩央里【ライター】推薦

  • “ポップ×ラウド×ガスマスク”!?R&B、ボカロ、J-POPまで雑多なジャンルを乗りこなす6人組が1stフル・アルバムをリリース!

    Central 2nd Sick

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥1,620
    会員価格 (税込)
    ¥1,490
    発売日
    2014年08月13日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,377

    [GENRE : ELECTROCORE, SCREEMO]
    これまでにミニ・アルバムとシングルを1枚ずつリリースしてきたCentral 2nd Sickが、1stフル・アルバムを完成。彼らの音楽性は、ラウドロックにEDMをミックスさせるというそれほど珍しくはないスタイルだが、あらゆるジャンルからの影響を感じさせる点は非常に興味深い。オートチューンを駆使したポップなヴォーカルに低音の効いたバッキング、ジャジーな要素も取り入れたピアノが斬新なTrack.2「MuSiQ」を名刺代わりにどうぞ。
    小林 詩央里【ライター】推薦

  • “公式体重120kg”のフロントマン率いるTHE SPAMの初全国流通盤!

    CDシングル

    キャンディー

    THE SPAM

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥1,080
    会員価格 (税込)
    ¥994
    発売日
    2014年08月06日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥918

    [GENRE : ALTERNATIVE, EMO]
    公式体重120kgのポッチャリ・フロンマン=イッチャン(Vo/Gt)率いるTHE SPAM。J-ROCKやメロコアを基本にしつつも、ハードコアやエモなどの影響もあり、日本語詞でありながらも洋楽志向というハイブリッドな楽曲が揃っている。カッコつけもない、シンプルでストレートな日本語詞は、エモーショナルで爽やかなメロディと合わさることで、より聴く者の胸に刺さる。奇をてらわずに素手で勝負するスタイルで、どんどん広い舞台へと勝負を挑んでほしい。
    山本 真由【ライター】推薦

  • シーンの重要バンドとして活躍し続けるCRYSTAL LAKEの新章がここから始まる! 待望のニューEPをリリース!

    CD

    CUBES

    CRYSTAL LAKE

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥1,620
    会員価格 (税込)
    ¥1,490
    発売日
    2014年08月06日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,377

    [GENRE : METALCORE, HARDCORE]
    彼らによるニューEPはシンガロング必至のブチあげトラック「Ups & Downs」、完全にクリスタル節へと染め直したLIMP BIZKITのカヴァー「Rollin'」など、ライヴのアツいパフォーマンスを詰め込んだトラックを並べつつも、前アルバム『INTO THE GREAT BEYOND』収録の「See This Through」のアコースティック・バージョンなど7曲の中にもバラエティを見せる構成は流石。アルバムへの期待も高まる1枚!
    米沢 彰【ライター】推薦

  • PANTERA、SLAYER直系の骨太メタルを響かせる “国産爆撃機” GUNSHIP666のニュー・アルバム!

    GUNSHIP666

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,800
    会員価格 (税込)
    ¥2,577
    発売日
    2014年08月13日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,381

    [GENRE : METAL]
    プロデューサーにSNOTのメンバーであり、SOULFLYなどを手がけたMikey Dolingを迎えLAにてレコーディングされたという本作は、大陸的な乾いたメタル・サウンドをグルーヴィなノリで落としこんだ直球メタルを主体としながらも、ギター・ソロではブルージーなフレーズを巧みに取り入れるなど、自由な展開が聴いていて痛快な1枚。メタル愛を持ったリスナーならば、全編通して聴きながらこの自由さにニヤニヤしてしまうこと間違いなし。
    米沢 彰【ライター】推薦

  • “ANIME MATSURI”にメイン・アクトとして出演するなど、海外での活躍も見せ始めたMary's Bloodが遂にメジャー・デビュー!

    [GENRE : HARD ROCK, HEAVY METAL]
    激しいドラム・パートからスタートする本作は、アルバム全体をヘヴィなサウンドが支配しつつも、EYEのヴォーカル・ラインはキャッチーでツボを外さない構成の上手さを見せる。SAKIのテクニック満載のギター・ワークにRIOのメリハリのついたベース・ライン、MARIの手数の多いドラミングがいずれもガールズ・バンドの枠を超えたレベルでサウンドのクオリティを支えている。ライヴでもそのパフォーマンスを遺憾なく発揮する彼女たちのこれからの飛躍に期待。
    米沢 彰【ライター】推薦

  • ポピュラリティに向き合いストレートなサウンドを追求するHEAD PHONES PRESIDENT、2年ぶりのフル・アルバムが完成。
    評価:5点
    ★
    ★
    ★
    ★
    ★
    (1)

    HEAD PHONES PRESIDENT

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,700
    会員価格 (税込)
    ¥2,484
    発売日
    2014年08月06日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,295

    [GENRE : HEAVY ROCK]
    紅一点カリスマ・フェメイル・ヴォーカリスト、Anza擁するHPPが2年ぶりにフル・アルバムをリリース。リズミックでダンサブルなTrack.1「The One To Break」やTrack.3の「I Mean It」は彼らの“今”を象徴するサウンド。個人的にはDAFT PUNKのサントラ『TRON : LEGACY』に感化されたというTrack.5「Wait」がオススメ。ダークな質感とテクニカルでハイセンスなギター・サウンドが無性に心地いい。
    村岡 俊介(DJ ムラオカ)【激ロック オーガナイザー】推薦

チェックした商品をまとめて