激ロック×HMV


激ロック×HMV
ラウドロックのポータルサイト“激ロック”とのコラボコーナー登場!
毎月レコメンドアーティストとアイテムをご紹介!

激ロック×HMV 今月のレコメンド:THE STARBEMS「VANISHING CITY」

今月のレコメンド:THE STARBEMS「VANISHING CITY」

THE STARBEMS「VANISHING CITY」
THE STARBEMS 『VANISHING CITY』
[2014年11月12日発売]

ex-BEAT CRUSADERSの日高央(ヒダカトオル)を中心に、ex-毛皮のマリーズの越川和磨らが参加する実力派PUNKバンド“ THE STARBEMS”待望の2ndアルバム!

THE STARBEMS 日高央による「VANISHING CITY」セルフライナーノーツ


01. Working Youths
THE STARBEMS流ワーク・ソングです。このアルバムをひとりでも多くの人に“日々のサントラ”としてもらうべく、シンガロングな楽曲で幕開けしようと思って制作しました。“俺的なTHE BLUE HEARTS”みたいなニュアンスに初挑戦した曲でもあるので、拳を振り上げながら一緒に歌ってもらえたら嬉しいです。

02. Sublime
“年齢と共にBPMも上がるパンク・ロッカーがいてもいいんじゃないか?”という思いから着想した、アルバム中最高BPM(約250)をマークする曲。流麗なサビになるよう配慮しつつ、途中にブレイクダウン・パートも挟んでいるので、スラッシュにもメロディックにも、そしてハードコアにもグラインド的にも楽しめると思いますので、身体を動かしながら聴いてほしいです。

03. Let Lights Shine
シングル・バージョンは今年3月にテキサスで開催された音楽見本市SXSW(通称:サウス・バイ・サウスウエスト)に参加した際に現地でレコーディングしたのですが、サポート・ベースに元ASPARAGUSの潤(山下潤一郎)を迎えて機材を一新したため(TCエレクトロニクスのベース・アンプ)、低音の鳴りがよりモダンに変わったので、アルバムの中で浮かないようにアルバム・バージョンとして新録。結果、よりワイドでラウドに生まれ変わりました。

04. Vanishing City
90’sのラウドロックやラップコア……RAGE AGAINST THE MACHINEやKORN、RED HOT CHILI PEPPERSやLIMP BIZKIT的なサウンドが個人的に再ブームだったので、ヒップホップ風バウンシーなリズム+パンクな曲として制作。拡がり感のあるサビに突入できるように、AメロやBメロはわざと突っ込んだ感じに録っています。

05. The Midnight Sun
自分のキャリアも長くなったので、そろそろいろんなリズムでパンク・サウンドを構築できなければ男じゃないっ! と思い、頭打ちのリズムで疾走感を持つ楽曲をイメージして制作しました。この曲も途中にブレイクダウン・パートを入れて、一筋縄ではいかない、オリジナリティ溢れるラウドな曲になったと思います。

06. Pitfalls
Track.3と同じく、アメリカで録音したシングル・バージョンだと低音が軽く感じてしまったので、アルバム用に新録しました。ギター群のワイド感が拡がり、ボトムの低音も迫力が増したと思います。ヘッドホンで聴くとより顕著に違いがわかるかと。ちなみにシングルでは西くんとゴスケでギター・ソロをハモっていましたが、今回はより疾走感を出すために、西くんがひとりでダビングしています。

07. Sweet Nothing Blues
昨年の1stアルバムの時点では、震災以降の社会に対して怒りが充満していたので、明るい曲やセンチメンタルなメロディをボツにする傾向にあったのですが、1年半経って余裕も出てきたし、何よりキャッチーなメロディが武器のバンドだという自負もあるので、思いっきりおセンチな曲にしました。とはいえ2ビートの性急感やラウドさを失わずにできたと思いますので、ライヴでも楽しんで欲しい1曲です。

08. Dinosaur Boy
これも1stの時点ではボツにしていたであろうメロディアスさの曲で、もともとはDINOSAUR Jr.のようなグランジ再評価のつもりで作りました。2ビートなどいろいろなリズム・パターンを試してみましたが、結果グランジに少しノイズ感をプラスすることで、全く新しいパンク・サウンドになったと思います。

09. Vengeance Sea
80’sハードコアの2ビート感、いわゆるDビート的なニュアンスの曲として制作。オールドスクールなハードコアの男らしさと、モダンなサウンドの融合を目指し、アレンジ面でもいろいろ試行錯誤しました(キックの位置やギターの刻み等々)。結果アルバムの中でも1、2を争うデモーニッシュな感じが出たので、ストレス発散にピッタリです。

10. Everybody Needs Somebody
これも1stならばボツにしたであろうポップな1曲。甘くなりすぎないようにシャウト・コーラスを多用し、さらに今まで禁じ手にしていた“ウォーウォー”コーラスも活きにしました(ウォーウォーを使わずにシンガロング感を出せたらいいなと思っているので)。結果、男臭さが倍増しつつ、明るいポップさも出せたので、自分的にも新機軸な1曲だと思います。

11. Burning Heart
90’sバウンシーなラウドロック曲その2です。跳ねるビートに人数感のあるコーラスは90’sの定番だったと思いますが、そこに2000年代以降のエモいメロディを重ねることで、THE STARBEMSらしい新しい側面が出せたと思います。間奏にはベース・ソロもあり、サポート・ベース潤の見せ場的な1曲でもあります。

12. Pig Ministry
個人的再ブームその2は80’s後半からのインダストリアル系……NINE INCH NAILSやWHITE ZOMBIE、MINISTRY等、硬質なマシン・ビートに叙情的なメロディを載せたバンド群の感じを出しつつ、PIG DESTROYERなどグラインド的な怒涛の展開をイメージして制作。曲タイトルもそれらのバンドへのオマージュになっています。

13. Evening Star / Morning Star
そもそもウルトラセブンに登場する哀しき怪獣“ギエロン星獣”からバンド名を取っているので、歌詞の世界観の中にもウルトラセブン感を強調したかったのですが、セブン最終回“史上最大の侵略”での主人公モロボシ・ダンの別れのセリフにインスパイアされた楽曲です。この曲もおセンチすぎないようAメロでの男臭さを強調したので、サビの切なさとのギャップに萌えながら聴いてもらえたら嬉しいです。


激ロック | ラウドロックポータルサイト

パンク/ハードコアTOPページ(PC)
パンク/ハードコアニュース一覧へ(PC・スマホ)
11件中 1-11件を表示
50件 100件 200件
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

  • 今月の激ロックレビュー

    KNOCK OUT MONKEY、ヒリヒリで剥き出しのニュー・シングルが到着!

    KNOCK OUT MONKEY

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥1,944
    会員価格 (税込)
    ¥1,788
    発売日
    2014年11月19日

    [GENRE : LOUDROCK]
    夏仕様のシングルを2枚立て続けにリリースしてきたKOMから再びシングルが到着。タイトル・トラックの「How long?」はBPMの速いソリッドな攻め曲で4人それぞれの魅力が堪能できる。パーティー・ソングもいいが、ヒリヒリして剥き出しのKOMも刺激的だ。カップリングにはウインター・ソング「If you fly」。また初回限定盤にはなんばHatch公演のライヴDVD、通常盤には代表曲「TODAY」のリアレンジ・ヴァージョンが収録。
    村岡 俊介(DJ ムラオカ)【激ロック オーガナイザー】推薦

  • ハードコアの切っ先は研ぎ澄まし、ポップなメロディ・センスもさらに開花した最高傑作!

    THE STARBEMS

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥3,000
    会員価格 (税込)
    ¥2,760
    発売日
    2014年11月12日

    [GENRE : HARDCORE, PUNK, LOUDROCK]
    全13曲、トータル・タイム35分という内容だが、息せき切るテンションと曲展開の激しさが濃密体験をもたらす。Track.2は鼓膜をつんざくノイジーなラウド感を放ち、若手ラウド勢に1歩も引かない逞しい音像を叩き付けている。日高のヴォーカルの表現力、演奏やアレンジも凝ったものが増え、パンク/ハードコアのむせ返るエナジーはそのままにストーリー性を備えた広がりと奥行きも感じさせる。こんなに猛々しい音なのに幸せな気持ちにさせてくれるのは彼らだけだ。
    荒金 良介【ライター】推薦

  • ジャンルレスで進化し続ける5人が完成させたバンド名を冠した待望の1stフル・アルバム!

    CD

    ALL OFF

    ALL OFF

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,484
    会員価格 (税込)
    ¥2,285
    発売日
    2014年11月12日

    [GENRE : LOUDROCK, PUNK, POPS]
    メンバー5人の好きなジャンルが幅広いゆえに、1つのジャンルに凝り固まらない音楽性が魅力のALL OFF。今作はその持ち味が1曲1曲に結実したゴージャスかつダイナミックな音像を叩き付けている。冒頭からライヴ・ハウス仕様のヘヴィでダンサブルでシンガロングできる発汗作用抜群のナンバーで迫ってくる。熱情的な曲調以外にも、ストリングス、鍵盤、アコギなど多彩な楽器を用い、百花繚乱のサウンドで聴き手を魅了する。ALL OFF爆発!の1枚。
    荒金 良介【ライター】推薦

  • アメリカや台湾のフェスに出演し、海外ツアーも精力的にこなしたGEEKSの約1年ぶりのニュー・アルバム!

    GEEKS

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,160
    会員価格 (税込)
    ¥1,987
    発売日
    2014年11月05日

    [GENRE : PUNK ROCK]
    従来のシンプルなパンク・ロック/クラシック・ロックのエキスはそのままに、よりカラフルでゴージャスな楽曲が並ぶ。メンバー4人全員がヴォーカル/コーラス・ワークを取れるのもバンドの強みで、重厚なハーモニーも曲調をより一層煌びやかにしている。また、美メロもブラッシュ・アップされ、ポピュラリティを高めた光彩感も聴きどころだろう。アルバム後半にはアイリッシュ・パンク調の「PENNY BLACK」もあり、また違うバンドのルーツ的な側面も感じられる。
    荒金 良介【ライター】推薦

  • PIZZA OF DEATHの秘蔵っ子 WANIMA、ついにデビュー!

    WANIMA

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥1,728
    会員価格 (税込)
    ¥1,590
    発売日
    2014年10月22日

    [GENRE : MELODIC PUNK, PUNK ROCK]
    ドラマ性たっぷりのメロディやコーラス、サウンドを収めてポップに聴かせたかと思えば、スカ/レゲエ・テイストにのせ下ネタを飛ばし、或いは生きていくことについてや、故郷や在りし日の面影を、グッド・メロディで歌い上げる今作。ざっくばらんに気分を詰め込んだ遊びのある感じは、90年代のパンクやミクスチャーのアルバムの匂いもするし、飄々とした3人だがメロディにはポップのツボも泣きのツボもありとウマさもある。今後さらにその暴れぶりを発揮してくれそうだ。
    吉羽 さおり【ライター】推薦

  • 新ドラマーを迎え、新たな1歩を踏み出した大阪 寝屋川発の3ピース・バンドDay Tripperによる2ndアルバム!

    Day tripper

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥1,620
    会員価格 (税込)
    ¥1,490
    発売日
    2014年11月05日

    [GENRE : MELODIC HARDCORE]
    アルバム名でも謳うように全13曲トータル・タイム16分、1分前後のショート・チューンで矢継ぎ早に攻めてくる今作。息つく暇さえ与えぬ猛攻撃ぶりだ。とはいえ、一本調子で押すわけではなく、フレーズやアレンジも凝っており、起伏激しいジェットコースター的展開で飽きることはない。メロディック・パンク、ハードコア、メタル、スカ、レゲエなどを柔軟に取り込み、1曲1曲表情豊かなナンバーが揃っている。粗削りで武骨で気合い一発みたいなテンションだけどそこが彼らの魅力だ。
    荒金 良介【ライター】推薦

  • 歌メロで真っ向勝負!ラウド、パンク、エモなど、どの枠組みにも収まらないスケールの大きい1枚が完成!

    As Cities Shine

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥1,620
    会員価格 (税込)
    ¥1,490
    発売日
    2014年11月05日

    [GENRE : SCREEMO, POST ALTERNATIVE]
    東京、神奈川を中心に活動するツイン・ギター擁する5人組。結成から3年の月日を経て、5曲入りの1stミニ・アルバムを完成。憂いを帯びたエモーショナルなヴォーカルを主軸に、繊細かつダイナミックな演奏を披露し、ミドル・テンポでじわじわと迫る曲調が印象的だ。特に英語詞で歌われる抑揚のあるメロディ・ラインは、ジャンルを越境した強い訴求力で聴き手を虜にする。また胸を締めつけるような切なさも感じさせ、その手が好きなリスナーにはお薦めだ。
    荒金 良介【ライター】推薦

  • 結成10年!マイペースすぎる横浜の4人組、jamming O.P.による初の全国流通盤!

    jamming O.P.

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,484
    会員価格 (税込)
    ¥2,285
    発売日
    2014年11月19日

    [GENRE:LOUD ROCK、CROSSOVER、MIXTURE]
    このバンドの大きな魅力は、今作のTrack.8「crossover」という曲名が物語るとおり、メタルコアとジャズ/フュージョン/ファンクの融合を熱度満点の演奏とともに追求しているわけだけれど、それが難解なものにならず、いわゆる歌ものとしてもアピールしているところだろう。激しいスクリームも交えながら、終始、温もりが感じられる太田垣哲也(Vo/Gt ex-all is vanity、静カニ潜ム日々)の歌声が特に心地よい。
    山口 智男【ライター】推薦

  • イマジネーションを刺激される傑作メジャー3rdアルバム完成!

    LIGHT BRINGER

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥3,600
    会員価格 (税込)
    ¥3,311
    発売日
    2014年11月05日

    販売終了

    [GENRE : PROGRESSIVE METAL,POWER METAL]
    年内をもって無期限の活動休止を発表したばかりのLIGHT BRINGERが『monument』をリリース。表題の言葉は、記念碑、金字塔、他に類のないもの、など複数の意味だが、バンドにとってどこから聴いてもブレのない、最高作を手にしたという実感があるのではないだろうか。今作はメタル好きはもちろん、ドラマティック且つシンフォニックな音色が好きで、美メロをこよなく愛するリスナーには必聴の内容。聴くたびに発見があり、異世界に運ばれ、新天地に誘ってくれるようなワクワク感が詰まっている。
    荒金 良介【ライター】推薦

  • “今までのBMLFをぶっ壊す” 新たなステージへと歩み始めたBEFORE MY LIFE FAILSがニュー・シングルをリリース!

    CD

    SOLARIS

    BEFORE MY LIFE FAILS

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥1,080
    会員価格 (税込)
    ¥994
    発売日
    2014年11月05日

    [GENRE : HARDCORE, LOUDROCK]
    ややとっつきづらかった“ダークさ”と“コアなイメージ”を払拭し、より普遍的なラウド・サウンドを纏った今作。リリースに先駆けて公開された「Direct Solaris」で幕を開け、わずか3曲ながら、BMLFがその方向性を変化させ、自らの可能性を大きく広げ始めたことがしっかりと伝わってくる。アグレッションはさらに増し、これまで以上に力強いパートが光るのだが、構成の上手さやサビでのメロディのキャッチーさが曲全体の印象を大きく変えている。
    米沢 彰【ライター】推薦

  • 秋葉原には憧れてるだけで縁もゆかりも関係ない!京都出身の“オタイリッシュ・デス・ポップ”バンド、キバオブアキバの1stフル・アルバム!

    CD

    YENIOL

    キバオブアキバ

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,268
    会員価格 (税込)
    ¥2,087
    発売日
    2014年11月05日

    [GENRE : OTAILISH DEATH POP]
    アニメ“私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!”のOPで鈴木このみとのコラボをするなどなかなか目立っていていたが実は初のフル・アルバム。収録11曲中、新曲は5曲で残りは再録曲という構成だが、再録曲もずいぶんと今のアレンジになっていて、過去曲を聴いていた人が楽しめるのはもちろん、過去曲を聴いてなかった人は彼らの代表曲ばかりなのでなんら損はない。サウンド面もメタルコアをベースに、カオティックなフレーズを随所で見せるなど進化を遂げている。
    米沢 彰【ライター】推薦

チェックした商品をまとめて