激ロック×HMV


激ロック×HMV
ラウドロックのポータルサイト“激ロック”とのコラボコーナー登場!
毎月レコメンドアーティストとアイテムをご紹介!

今月のレコメンド:激ロック presents EXTREME PRIMER

激ロック×HMV 今月のレコメンド:激ロック presents EXTREME PRIMER

New Release !!!

激ロック presents EXTREME PRIMER
『激ロック presents EXTREME PRIMER』[2013年6月26日発売]
昨今、日本のロック界を最も騒がしていると言っても過言ではない“ラウド”や“エモ”といった、いわゆる日本の“エクストリーム・ミュージック”と呼ばれるシーン。このシーンの中で、現在多くの勢いのあるバンド達がひしめき合っています。本作「激ロック presents EXTREME PRIMER」は、そんな日本のエクストリーム・ミュージックシーンで今後飛躍するであろうバンドばかりをピックアップした1枚!本作の監修は、フリーマガジン/WEBサイト/ライブイベント/DJパーティーの企画・運営などを行う、ラウドロック・シーンの最重要メディア『激ロック』が担当!

コンピ監修の激ロック代表 村岡氏へのメールインタビュー

■まずは自己紹介をお願いいたします。
激ロック代表の村岡です。『激ロック』はラウドミュージックに特化したフリーマガジン、ポータルサイト、モバイルサイトの運営、そして国内外のバンドを招聘してのライブ・イベント、13年間続くROCK DJパーティーの企画、運営を行っています。また渋谷宇田川町にMusic Bar ROCKAHOLICとロック・ファッションショップ&通販サイトのGEKIROCK CLOTHINGの運営をしています。一言で言うとレコード会社とCDショップ以外のロック全般に携わってます。

■最初にHMVから「激ロック presents EXTREME PRIMER」の企画の話があった時、率直にどう思われましたか?
実は今まで何度もこういった企画の話は各所からいただいていたのですが、いつもお断りしてたんです。しかしHMVさんの企画は方向性も明確ですし、HMVさんの店舗やウェブサイトでの展開とリンクした非常に面白い展開ができるのではと思い受けさせていただきました。

■では今回アーティストの選定に関して、こだわった部分はどういった所でしょうか?
すでに地位を築いているバンドではなく、次に来て欲しい、来るべきバンドをフックアップできるようなコンピにできればなと思ってセレクトのお手伝いをさせていただきました。

■ムラオカさんが、ロックバンドを観る/聴く時に1番気にしているのはどういった部分ですか?
1番というとなかなか難しいですが、演奏力だけでなく、観ているものを惹きつけるフックとなる要素があるか、または今後要素になり得るものがあるかどうかですね。その部分が今後のバンドの伸びシロに直結してくる部分だと思います。

■今回のコンピの曲順は、どういった事を念頭において決められたのでしょうか?
1つのバンドのアルバムでしたらどんな曲順で並べてもなんとなくまとまってくるものですが、コンピですとジャンルもバンドもバラバラですし、レコーディング環境、曲の持つ雰囲気も皆それぞれ異なりますので、何も気にしないで曲を並べてしまうと凄い違和感が出てしまうんですよね。
ですので、曲を壊さずに持っている魅力を生かしつつというバンド目線、そして聴き疲れしない、飽きさせない流れを意識したリスナー目線の両方を意識して決めました。

■できあがったものに対して、率直な感想をお願いします。
自分でいうのもなんですが、すごくいいものが出来上がったと思いますので1人でも多くの方に聴いていただきたいですね。聴いていただいて気に入ったバンドがいたらそのバンドのCDを買ったり、ライヴに行ってほしいですね。

■日本のラウドミュージックのシーンは、今後どのように変化or成長していくと予想しますか?もしくはどのようになっていってもらいたいですか?
現在ラウドミュージックシーンのバンド数は急激に増えてきています。その分、そのシーンの音楽が好きなファン、つまり固定のパイの取り合いのようになってしまっているので、今後coldrain、SiM、Fear,and Loathing in Las Vegasのようにな大きくブレイクを果たすことはさらに難しくなってきています。そんな競争が激化しているシーンの中から抜け出すにはバンド自身の切磋琢磨はもちろん、レーベル、マネジメント、ファン、CDショップ……そのバンドを応援するみんなでフックアップしていくことが鍵になると思います。

■最後に、今後このシーンを担う若手のバンド達に期待する事をお伺いできますでしょうか?
ラウドロックシーンが今アツい!と言われていますが、インディロックやギターロック・シーンと比較するとまだまだシーンとし未成熟な部分が多いように感じます。シーンを一過性の流行ではなく日常的なものにしていくにはみんなの絶え間ない努力と頑張りが不可欠だと思います。
激ロックはそんな才能溢れるバンドたちをもっとフックアップできるように激ロックの有するメディアへの露出や激ロックツアーへの出演オファーなど、今まで以上にいろいろな機会を作ってシーンの繁栄に繋げていければと考えています。

■ありがとうございました!!


激ロック×HMV 【6.5月号】ROTTENGRAFFTY特集

激ロック×HMV 【6.5月号】ROTTENGRAFFTY
ROTTENGRAFFTY待望のニューアルバム「Walk」6/26発売!KAZUOMIによるロットングラフティー「Walk」セルフライナーノーツ掲載!

激ロック | ラウドロックポータルサイト

パンク/ハードコアTOPページ(PC)
パンク/ハードコアニュース一覧へ(PC・スマホ)
12件中 1-12件を表示
50件 100件 200件
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

  • 今月の激ロックレビュー

    天性のポップ/メロディ・センスが光る、最後まで飽きがこない1枚!

    ALL OFF

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥1,944
    会員価格 (税込)
    ¥1,788
    発売日
    2013年06月19日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,594

    [GENRE : ALTERNATIVE、LOUD ROCK]
    前作から10カ月で届いた3rdミニ・アルバムは、ポップ・パンクを下地に、エモ/スクリーモのラウドな要素も消化した表情豊かなロック・サウンドに仕上がっている。もちろん、彼らが持つ天性のポップ/メロディ・センスはさらに開花した印象だ。前作やライヴ経験を踏まえ、よりリスナーに多様な楽しみ方や乗り方を提供した楽曲の数々にバンドの成長が刻まれている。また、初の日本語詞導入や英語詞のチョイスもフックがあり、演奏や曲展開も凝っている。ONE OK ROCK辺りが好きな人にはお薦め。
    (荒金 良介)

  • 聴き手の心を目掛けて真っ直ぐ飛び込む、心の中を全て出し切るように叫ぶ歌声!

    SPYAIR

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥1,404
    会員価格 (税込)
    ¥1,292
    発売日
    2013年05月29日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,151

    [GENRE:ROCK]
    ドラマ主題歌に書き下ろされたという表題曲「虹」は、歌詞にもあるように青く広がる雨上がりの空を思わせる壮大なサウンド。日常の中に生まれるもやもやと誰もが感じる孤独や不安を丁寧にひとつずつ抱きかかえ、未来に向けて進んでいこうとする決心が漲る。そこにより強い説得力を持たすのがIKEのヴォーカルだ。シンプルで力強いメロディと、心の中を全て出し切るように叫ぶ彼の歌声は、聴き手の心を目掛けて真っ直ぐ飛び込む。SPYAIRのネクスト・ステージを予感させる1曲だ。
    (沖 さやこ)

  • 不動のメンバーで結成15年を迎えたロットン節炸裂の5thアルバム『Walk』!
    評価:5点
    ★
    ★
    ★
    ★
    ★
    (1)

    CD

    Walk

    ROTTENGRAFFTY

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,160
    会員価格 (税込)
    ¥1,987
    発売日
    2013年06月26日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,771

    [GENRE : LOUDROCK]
    「銀色スターリー」、「金色グラフティー」、「D.A.N.C.E.」、「灯」の既発曲を含む5thアルバムは、上昇気流に乗るバンドの勢いを見事にパッケージしている。ラウド、スカ、パンク、ハードコア、エレクトロなどを煮込んだロットン流ミクスチャー・ロックは今作も全開だが、「かくれんぼ」の続編と言える「鬼ごっこ」、「マンダーラ」の延長線上で作ったという表題曲といい、日本人の琴線を激しく揺さぶる郷愁漂うメロディも絶品だ。彼らの熱い意志がどの曲にも流れている1枚だ。
    (荒金 良介)

  • KEMURI完全復活の狼煙!彼らの揺ぎない音楽への情熱が詰まった1作!
    評価:5点
    ★
    ★
    ★
    ★
    ★
    (1)

    KEMURI

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥4,104
    会員価格 (税込)
    ¥3,776
    発売日
    2013年06月05日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥3,365

    [GENRE : PUNKROCK、SKA]
    昨年のAIR JAM 2012で奇跡の再結成を果たした、国内スカコア・ブームの先駆け的存在KEMURIが2013年、ついに本格始動した。楽曲自体は、基本的には何も変わらず……という印象だが、一度KEMURIというブランドを脱ぎ捨てて、それぞれの道を模索し、色々乗り越えて来た彼らだからこそ奏でることが出来る、色褪せることのないPMA (Positive Mental Attitude)の精神と、揺ぎない音楽への情熱が詰まった彼らの再出発にワクワクしているのは私だけではない筈。
    (山本 真由)

  • BEAT CRUSADERS散開後、日高央が再始動したニュー・バンド!

    THE STARBEMS

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥3,292
    会員価格 (税込)
    ¥3,028
    発売日
    2013年06月05日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,700

    [GENRE : METAL、PUNK ROCK、HARDCORE]
    デビュー・シングルを経て、間髪入れずにリリースされる1stアルバムはさらにタフでワイルドな音像に仕上がっている。勇壮なコーラスも聴きどころだが、外部からWAGDUG FUTURISTIC UNITYのKYONO、Northern19の笠原健太郎、GOOFY’SHOLIDAYのEndyと3人のゲスト・ヴォーカルを迎え、男臭度の底上げを図っている。とはいえ、越川(Gt)の実姉DJ PRINCESS CUTがスクラッチを入れた楽曲ではミクスチャー色もあったり、どれだけ激重になろうともメロディアスかつエモーショナルな日高節は健在だ。
    (荒金 良介)

  • “Crossfaith meets 凛として時雨”!?ハイトーン・ヴォイスが突き刺さる期待のニューカマー!

    a crowd of rebellion

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥1,620
    会員価格 (税込)
    ¥1,490
    発売日
    2013年06月05日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,328

    [GENRE : SCREEMO、METALCORE、INDIE ROCK]
    前作は欧米のメタルコア、スクリーモ・サウンド直系のサウンドであったが、今作『Zygomycota』にて大きく進化を果たしている。誤解を恐れずに言うなら“Crossfaith meets 凛として時雨”か!?マッチョなスクリーム・ヴォーカルに凛として時雨のTK氏を思わせるハイトーン・ヴォイスが突き刺さるという、エクストリーム・ミュージックとインディー・ロックの意外な組み合わせではあるが、これが実にいい。あとはライヴでこの曲たちをどうやって表現していくか、今後の活動に注目だ。
    (ムラオカ)

  • クールでコミカルなロック×ベース・ミュージック×8bitサウンドで踊り狂え!

    THE GAME SHOP

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥1,851
    会員価格 (税込)
    ¥1,703
    発売日
    2013年06月19日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,518

    [GENRE : ROCK、DUBSTEP、GLITCH HOP]
    ドラムンベース、ドラムステップ、ダブステップ、グリッチ・ホップなど様々なビートがクールかつコミカルに襲い掛かる!あらゆるコンピ盤で話題を集める神戸発の6人組、THE GAME SHOPの初音源がとうとうリリース。オリジナル7曲、リミックス4曲のミニ・アルバムは、バンド・サウンドとEDM、8bit/ゲーム・サウンドが巧みに交錯する非常に完成度の高い楽曲が揃った。懐かしさと新しさが同居するキャッチーなサウンドは日本人的な親しみ易さも併せ持っている。
    (沖 さやこ)

  • 今最も旬な音と普遍性を兼ね備えた若き台風の目、TRANSLATIONSのEP!

    TRANSLATIONS

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥1,620
    会員価格 (税込)
    ¥1,490
    発売日
    2013年06月12日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,328

    [GENRE : POST-HARDCORE、ELECTROCORE]
    ポスト・ハードコアを基軸に、今が旬なダブステップやエレクトロの要素をふんだんに取り入れつつ、流行だけに留まることのない普遍的なメロディの良さが際立っている。とても現代的なサウンドであると同時に、最盛期のスクリーモ・バンドの良いとこ取りをしたようでもあって、この独特なバランス感覚こそが彼らの個性を確固たるものとしている。元SIKTHのMikee Goodmanが逆オファーをした唯一のバンドという話題性もたっぷりだが、それだけ身のあるサウンドであることは、作品を聴けば一目瞭然!
    (KAORU)

  • ELECTRO+MIXTURE的な超キャッチー&ヘヴィな新たなサウンドが凝縮された1枚!

    GNz-WORD

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥1,851
    会員価格 (税込)
    ¥1,703
    発売日
    2013年06月19日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,518

    [GENRE : LOUDROCK、MIXTURE]
    常に新しいサウンドに挑戦し続けている大阪のGNz-WORD。前作『ELEPHANT』は歌に重点を置いた作品だったが、原点回帰とも言えるラウド&ヘヴィなサウンドの新作が完成。今作はDragon AshのギタリストHIROKI氏をプロデューサーに迎え、彼らの基盤にあるハードコアを通過したヘヴィなバンド・サウンドに、ドラムンベース、エレクトロ、レゲエ、ヒップホップなどを柔軟に取り込み、KOJI ZERO THREEのヴォーカルがぶれない軸となることで、散漫にならず筋の通ったサウンドに仕上がった。
    (篠崎 祐介)

  • インディー・ロックにラウドロックを掛け合わせた優しくもソリッドな音像がキッズの心を打ち抜く!

    BLUE ENCOUNT

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥1,543
    会員価格 (税込)
    ¥1,420
    発売日
    2013年06月26日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,265

    [GENRE : LOUD ROCK、EMO、INDIE ROCK]
    熊本発、都内在住の4人組エモーショナル・ギター・ロック・バンドBLUE ENCOUNTがミニ・アルバムをリリース。まず驚かされるのがその音楽性の幅。ギター・ロックからラウドロック、メロディック・パンク、ロック・バラード、J-POPまでお手の物だ。昨年は150本のライヴを行ったというバンドの、生々しくアグレッシヴな感情が奏でる鋭い音像。その中でちょっぴりセンチメンタルなメロディとヴォーカルが清らかに輝く。4人の素直な想いをダイレクトにぶつけられるような感覚になり、高揚感でいっぱいになった。
    (沖 さやこ)

  • メロコア・シーンを代表する3バンドが、ガチでぶつかり合った最強スプリット・アルバム!

    locofrank / HAWAIIAN6 / dustbox

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,571
    会員価格 (税込)
    ¥2,366
    発売日
    2013年06月05日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,109

    [GENRE:MELODIC PUNK]
    今までありそうでなかった夢の共演が、ついに実現!国内メロコア・シーンを代表する3バンドであるlocofrank、HAWAIIAN6、dustboxが集結し、それぞれの個性をぶつけ合った最強のスプリット・アルバムが発表された。タイトルの通り、まさにアンセムと言える、各バンドにとってテッパンの曲となり得る渾身の楽曲が、これでもかとばかりに詰まっている。しかも全て新曲!バンド毎の持ち味はしっかりと活かされたまま、それぞれが新境地とも言える楽曲を盛り込んで、進化を見せつけているのも面白い。
    (山本 真由)

  • “激ロック”がHMVとタッグを組んでコンピレーション・アルバムを監修!

    Various

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥1,543
    会員価格 (税込)
    ¥1,420
    発売日
    2013年06月26日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,265

    [GENRE:ROCK、LOUDROCK]
    ANGRY FROG REBIRTH、ARTEMA、BLUE ENCOUNTなど今後の日本のエクストリーム・ミュージックを牽引すること間違いなしのバンドの、これぞ“激!ロック”な楽曲が収録されている。それと同時に、現在のラウドロック・シーンの縮図になっているところも興味深い。EDMやオート・チューンを導入したバンドは数あれど、バンドによってその取り入れ方も千差万別で、日本の若手バンドたちのサウンド・センスにも思わず唸る。常に進化し続けるラウドロック・シーンの現在がここにある!
    (沖 さやこ)

チェックした商品をまとめて