CD 輸入盤

チェリビダッケ・エディション VOL.1〜3(33CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
5677322
組み枚数
:
1
レーベル
:
Emi
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明

EMIからリリースされて話題になった“チェリビダッケ・エディション”第一期から第三期発売分全33枚を集大成したアルバム。
 通常のオーケストラ演奏では考えられない響きの繊細な美しさや大胆なデフォルメの数々が、作品の可能性を改めて考えさせてくれる個性的名演の宝庫です。
 特にブルックナーやブラームス、ベートーヴェンの演奏にはこれまでにもさまざまな賛辞が寄せられていましたし、また、《展覧会の絵》などというちょっと信じられない凄い演奏も含まれているので、チェリビダッケに関心のある方には文句なしにおすすめの内容といえるでしょう。
 横長ボックスを縦に捉えたデザインも秀逸です。
 詳しくはこちらをごらんください。

収録曲   

  • 01. Sinfonien Nr. 103 & 104
  • 02. Sinfonien Nr. 35 & 40, Sinfonie Nr. 92
  • 03. La Mer, Ma Mere L'oye
  • 04. Sinfonien Nr. 4 & 5
  • 05. Sinfonie Nr. 5
  • 06. Sinfonie Nr. 6
  • 07. Ouvertuere Zu 'die Meistersinger' + 'tannhaeuser'
  • 08. Sinfonie Nr. 3 & 4
  • 09. Bolero, Bilder Einer Ausstellung
  • 10. Sinfonie Nr. 9
  • 11. Konzert Fuer Orchester
  • 12. Sinfonie Nr. 3
  • 13. Sinfonie Nr. 4
  • 14. Sinfonie Nr. 5
  • 15. Sinfonie Nr. 5
  • 16. Sinfonie Nr. 6
  • 17. Sinfonie Nr. 7
  • 18. Te Deum
  • 19. Sinfonie Nr. 8
  • 20. Sinfonie Nr. 8
  • 21. Sinfonie Nr. 9
  • 22. Sinfonie Nr. 9
  • 23. Messe Nr.3
  • 24. Sinfonie Nr. 2 & 4
  • 25. Sinfonie Nr. 3
  • 26. Sinfonie Nr. 6, Ouvertuere: Leonore Nr. 3
  • 27. Sinfonien Nr. 7 & 8
  • 28. Sinfonie Nr. 9
  • 29. Ein Deutsches Requiem; Sinfonie Nr. 1
  • 30. Ein Deutsches Requiem; Sinfonie Nr. 1
  • 31. Sinfonien Nr. 2, 3 & 4
  • 32. Sinfonien Nr. 2, 3 & 4
  • 33. Sinfonie Nr. 2, Haydn-variationen

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
19
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
チェリビダッケに欠けているのは、一つ一つ...

投稿日:2008/08/08 (金)

チェリビダッケに欠けているのは、一つ一つの音の美しさ・美しい旋律や響きの素晴しさに対して、リズム感や各パート楽器の出し入れの抑揚を使っての立体感であります。音楽の構築バランスがうまくないのでオケが横に寝そべってイージーリスニング音楽風に聴こえます。クラッシクの超1級の演奏は構築が聳え立って聞こえます。そこが師匠のフルトヴェングラーを超えられなかった限界と感じられました。

由布岳 さん | 大分ゆふいん | 不明

1
★
★
★
★
★
チェリビダッケの音は透明でただひたすら美...

投稿日:2008/05/06 (火)

チェリビダッケの音は透明でただひたすら美しく心に響いてきます。旋律のなかにひとつひとつの音をたどるように聴いていると、夜の静謐のように弱く響く弱音から雷鳴のような重量感のある音のすべてが緻密に設計されているようにも感じます。感動の大きさに比べれば2万円台という価格は信じられないくらい安かったです。

cloud color さん | 富山 | 不明

0
★
★
★
★
☆
一音一音が、ひとつひとつ意味を持ち、息吹...

投稿日:2007/03/26 (月)

一音一音が、ひとつひとつ意味を持ち、息吹を与えられているかのような演奏で楽しめる。 精神的な自律と間合いを音楽の中に感じ取れるのが気持ちよい。 最近のオケの妙にバランスばかりを整えた演奏が出てくる中で、音の持つ自由さがしっかり出ているのは、自分も楽器を演奏する身だけに共感出来る。

年一パウケン さん | 福井 | 不明

0

Orchestral Concertに関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品