マンガでわかる 新訳 道は開ける

D・カーネギー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041023600
ISBN 10 : 4041023602
フォーマット
出版社
発行年月
2015年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
174p;19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ☆よいこ さん

    27歳広告代理店勤務OLの新山今日子は新たなプロジェクトを任され張り切るが、ミスばかりで落ち込む。部屋も汚く、仕事もうまくいかない。そこで、マキ先輩のアドバイスで会社の机の整理から始める今日子。▽今日というひと区切りを生きる。不安に先手を打つ方法。批判を気にせず忘れる方法。疲労と不安を予防する方法。幸福と成功をもたらす仕事の見つけ方。心に平穏と幸福をもたらす方法。▽マンガなんで一瞬で読める。決断と行動が早くてさくさくすすむ自己啓発本。たまにはいい。

  • みき さん

    前から持っていた本を再読。生きることを先延ばしにしないで今日一日に区切りをもって生きること。"今日だけは"幸せに生きよう。行き詰まっているならば解決法を見出すこと。 最近できない理由を求めて自分を責めてしまいがちだったけれど、どうしたらできるのか、できる理由を考えようと気にしていたところだった。 久々に読んでちょっとすっきり。休むことも大切にして、すべてをやりきろうとせず一日一日を全うしたい。

  • すやすや さん

    漫画版だけあって内容の一部しか書かれていない。しかし、さくっと読める。 とりあえず、目の前のことに集中すること。疲れる前に休むこと。批判を自分を変える材料として活用すること。自分の力で変えられないことはいい意味で諦めること。

  • シルク さん

    2016年春先に読んだ本。この頃といえば、自分の昔からのやり方(ひたすらがんばる、嫌なことも我慢する)で仕事をしていて、苦しくて仕方なかった頃。……で、アドバイス、救いを求めた色々な本も、大体自分の選んできた道の延長線上にあるものだから、結局根本的なところは変わらないのだ。この本も、元になってる本(カーネギーの『道は開ける』)も、名著なのだと思う。ただ自分には、転換点にはならなかった。「とにかく頑張る」「我慢する」今までの自分は変えないまま、この本の提案するところ「も」、「がんばって」こなそうとするから。

  • ふぇるけん さん

    立ち読みでさらっと読了。原作は随分前に読んだけど、こんな内容だったかなぁ〜。また原作を読みなおしてみたいと思いました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

D・カーネギーに関連するトピックス

  • 名著『人を動かす』が文庫版で登場 人が生きていく上で身につけるべき人間関係の原則をデール・カーネギーが説いた不朽の名作『人を動かす』。1936年の初版... |2016年01月14日 (木) 13:45
    名著『人を動かす』が文庫版で登場

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品