世界的優良企業の実例に学ぶ 「あなたの知らない」マーケティング大原則

足立光

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784022516350
ISBN 10 : 4022516356
フォーマット
出版社
発行年月
2020年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
368p;19

内容詳細

世界的な優良企業で実践してきたマーケティングの「原則」を実例とともに解説。困った時・迷った時にすぐ使える、マーケティング実務者のための戦略指南書!P&G、コカ・コーラ、マクドナルド、ツイッター、スマートニュースなど、最新事例を多数掲載!マーケティング業界のキーパーソンたちとの対談も収録!

目次 : 1 マーケティングの基礎(戦略的コンセプト/ マーケティング戦略 ほか)/ 2 基本的製品戦略(価格設定/ 製品ミックス ほか)/ 3 消費者コミュニケーション(広告1:良い広告とは/ 広告2:広告代理店との付き合い方 ほか)/ 4 販売促進・その他のマーケティング活動(消費者プロモーション/ 協賛/戦略的提携 ほか)

【著者紹介】
足立光 : (株)ナイアンティックシニアディレクタープロダクトマーケティング(APAC)。P&Gジャパン(株)、シュワルツコフヘンケル(株)社長・会長、(株)ワールド執行役員などを経て、2015年から日本マクドナルド(株)にて上級執行役員・マーケティング本部長としてV字回復をけん引。18年9月より現職。(株)I‐neの社外取締役、(株)ローランド・ベルガーやスマートニュース(株)のアドバイザーも兼任。オンラインサロン「無双塾」主催

土合朋宏 : 一橋大学大学院商学研究科卒業。外資系戦略コンサルティングを経て、日本コカ・コーラ(株)に入社。16年間マーケティング本部で、世界初のライフスタイルやトレンドの調査部門の立ち上げ、ファンタ、アクエリアス、爽健美茶など既存ブランドの立て直し、綾鷹などの新製品開発などを指揮。その後20世紀フォックスホームエンターテイメントに移り、代表取締役社長を務め、2017年より外資系映画配給会社で事実上のCMOとして全部門のマーケティングを統括。新市場創造型商品を研究する日本市場創造研究会の理事を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ミライ さん

    次々と類似製品が発売され、広告メディアも多岐にわたる現在の複雑なマーケティングについて、マーケのスペシャリスト(足立光さん・土合朋宏さん)が業界のキーパーソンとともに語り尽くした一冊。価格設定や製品ミックス、パッケージング、流通戦略まで内容は多岐にわたる、この本一冊読めば現代のマーケティングの概要は理解できるはず。自分はマーケ担当ではないのだが、これを読んでいればある程度マーケ担当者と対等に話せるようになるかなと思わせる内容だった(マーケティングの奥は深いとしみじみ)。

  • 読書ニスタ さん

    定番商品がビジネスを安定させる。 ほっておくとどんなビジネスも縮小均衡するので、そもそも知らないか、知っていても使っていない顧客に、新たなコンセプトで、売り込みをしていかなければならない。 顧客のステージによってマーケティング、ブランディングは異なる。 マーケティングとは、砂漠で砂を、海で塩水を売る仕事という言葉に痺れた。それは、詐欺師の言葉ではなく、差別化、顧客のベネフィットへ訴求するということである。千人に売るより、1人に売る、という言葉、シンドラーのリストでも聞いた、1人を救うものが千人を救う。

  • ireadertj さん

    なかなか現場感のある大原則だった。全部をいきなり適用できるとは思えないが、できるものから取り組むのかな。 何よりも、まずはデータもツールも施策もすべてはどうしたいのかを自身でしっかり考えられるかどうかにかかっているということだと改めて実感。 各チャプターの大原則はメモっておこ。

  • west さん

    2002年に発売された「マーケティングゲーム」のUPDATE版であり、マーケティング入門書的に網羅された本。著者の経験から、事例もわかりやすく複数紹介されているが、大切なのは、@顧客が求めている価値を理解(WHO)、A企業が便益として価値を定義(WHAT)、B最適なmormentでコミュニケーション(HOW)の3つにまとめられる。この@〜Bに加えて、明確なロジックの裏付けである「WHY」を定義するというのが基本フォーマットになる。この原則は、昔も今後も変わらない物になるし、マーケターとしては必須能力

  • Jun さん

    マクドナルドやコカコーラなど自分の知っている企業の具体例が豊富で、途中で苦になることもなく読めた。 マーケティング職でなくとも、マーケティングの視点で物事を考えたり分析したりすることは、顧客目線に立ち返る上で勉強になった。 マーケティングにおいても基本はPDCAがベースで、5W1Hを深堀し明確にした後、迅速に取り組むことが重要。 自分の仕事にも落とし込んでいきたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品