参謀の思考法 トップに信頼されるプロフェッショナルの条件

荒川詔四

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478106693
ISBN 10 : 447810669X
フォーマット
出版社
発行年月
2020年06月
日本
追加情報
:
280p;19

内容詳細

一流のCEOが、「参謀」を抜擢する評価基準を明かす!世界No.1企業で14万人のトップを務めた元CEOは「誰」の意見に耳を傾けたのか?上司を「人」ではなく「機関」と考えるなど、キャリアを拓く22の思考法。

目次 : 第1章 上司は「機関」と考える(従順であることは「美徳」ではない。/ リーダーの「先」を行くのが参謀である。上司を「人」ではなく、「機関」と考える。/ 一流の「カバン持ち」であれ。)/ 第2章 すべては「合目的的」に考える(上司とは異なる「自律性」を堅持する。/ 「自己顕示」は非知性的な言動である。/ 「トラブル」は順調に起きる。/ 上司を守ろうとして貶める「愚者」になるな。)/ 第3章 「理論」より「現実」に学ぶ(本で学んだ「知識」は危険である。/ 「理論家」に優れた参謀はいない。/ 議論で「勝つ」という思考を捨てる。/ 自分を俯瞰する「視点」を常にもつ。/ 参謀は「1円」も稼いでいない。/ コンサルタントはあくまで「使う」ものである。)/ 第4章 「原理原則」を思考の軸とする(トップと「ビジョン」を共有する。/ 仲間と力を合わせる「楽しさ」を知る。/ 参謀は常に「自分の言葉」で語る。/ 「原理原則」を思考の軸とする。/ 「制約」こそが思考の源である。)/ 第5章 人間関係を「達観」する(「人間関係は悪いのが普通」と達観する。/ 参謀が死守すべき「中立性」とは何か?/ 結局、自然体で「仕事」を楽しむ人が強い。)

【著者紹介】
荒川詔四 : 世界最大のタイヤメーカー株式会社ブリヂストン元代表取締役社長。1944年山形県生まれ。東京外国語大学外国語学部インドシナ語学科卒業後、ブリヂストンタイヤ(のちにブリヂストン)入社。タイ、中近東、中国、ヨーロッパなどでキャリアを積むなど、海外事業に多大な貢献をする。40代で現場の課長職についていたころ、突如、社長直属の秘書課長を拝命。アメリカの国民的企業ファイアストンの買収・経営統合を進める社長の「参謀役」として、その実務を全面的にサポートする。その後、タイ現地法人社長、ヨーロッパ現地法人社長、本社副社長などを経て、同社がフランスのミシュランを抜いて世界トップの地位を奪還した翌年、2006年に本社社長に就任。世界約14万人の従業員を率い、2008年のリーマンショック、2011年の東日本大震災などの危機をくぐりぬけ、世界ナンバーワン企業としての基盤を築く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぶぶぅ さん

    自身の会社人生を変えるような本になったかもしれない。夢中で読み終わった。荒川さんの本は、前作の『優れた〜』も学びが多く、今作も著者買いに近かった。加えて、ちょうど本のテーマが最近の悩みに近いものだった。読みながら、これまでの社会人生活の色々な場面が思い出され、「こうすればいいのか」「あれは、ここがまずいのか」と思考を巡らせる瞬間が多かった。上司との接し方、人間関係やトラブルに対する考え方など、学びが多かった。今、出会えて良かったと思える本。何度も読み返したい。

  • yuta.h さん

    「部下=上司の奴隷」との考えを持っていた節があったが、本書を読んで考え方が大きく変わった。大切なことは、上司とは異なる自律性を堅持すること。上司の苦手な部分を補うことや、原理原則を守るといった具合だ。上司からの指示待ち人間になることなく、常に上司の視座で物事を捉えて、日々の業務に邁進することで、結果として信頼を得ていければと感じた。

  • クリアウォーター さん

    ★★★☆☆前作「優れたリーダーはみな小心者である。」はとても良書であり、その著者の最新作なのですぐに購入を決めた。本を読んで思ったのは、題名にある「参謀」は著者らしい言葉だということである。内容はよかったが、今の私の立場とは少し離れるので、前作程のインパクトはなかった。会社の中で、ある程度の視座の高さを求められる人にはお勧めしたい。若い人には現実としてイメージが難しいだろうから、引いた視点で読むことをお勧めしたい。

  • モビエイト さん

    参謀とは、当たり前な事を公平に行い、目配り、気配りを行い社長の考えを進めていくポジションだと思いました。 自分が考えている事と同じ事だったので、このまま進めていけばいいのだとも思いました。

  • 吉積康太 さん

    読書メモ64/150✍️ ✍️「人間関係は悪いのが普通」と達観する 1日何時間も一緒にいると、「仲良くしよう」「不和を起こさないようにしよう」と願って、最大限の配慮をしたとしても、それれは絶対に叶わない。 逆に、「人間関係は悪いのが普通」と達観すれば、職場の人間関係でくよくよ悩むのがバカらしくなってきます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

荒川詔四

世界最大のタイヤメーカー株式会社ブリヂストン元代表取締役社長。1944年山形県生まれ。東京外国語大学外国語学部インドシナ語学科卒業後、ブリヂストンタイヤ(のちにブリヂストン)入社。タイ、中近東、中国、ヨーロッパなどでキャリアを積むなど、海外事業に多大な貢献をする。40代で現場の課長職についていたころ

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品