白洲次郎の流儀 とんぼの本

白洲次郎他著

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784106021183
ISBN 10 : 4106021188
フォーマット
出版社
発行年月
1970年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,143p

商品説明

セクシーでダンディ――。20世紀を駆け抜けた無類のカッコよさ。

若くしてイギリスへ渡り、カントリー・ジェントルマンとしての素養をたくわえ、同時にブガッティやベントレーでオートレースに参加した稀代の「オイリー・ボーイ」にして、スポーツマン。帰国後は自らのプリンシプルをたてに昭和史の危機を乗り越えた。この“風”のような生涯を、愛娘の回想を中心にグラフィックに甦らせる。

内容詳細

無類のカッコよさで、風のように20世紀を駆けぬけた白洲次郎―若くして英国に学び、カントリー・ジェントルマンとして自身をみがき、帰国後は自らのプリンシプルをたてに昭和史の危機を乗り越える。このセクシーでダンディな男の生涯を、愛娘の回想を中心にグラフィックによみがえらせる。

目次 : アルバム 白洲次郎、誕生ス/ グラフ 白洲次郎のダンディズム/ グラフ オイリー・ボーイの精髄/ グラフ 英国カントリー・ジェントルマンへの変貌/ 同級生交歓(白洲次郎)/ 娘からみた白洲次郎(牧山桂子)/ 主人のきものと福田屋千吉(白洲正子)/ 白洲次郎のヴィンテージ・ベントレー(涌井清春)/ 義父、白洲次郎と車(牧山圭男)/ 白洲次郎のいる風景(青柳恵介)

【著者紹介】
白洲正子 : 1910年、東京生れ。98年、没

青柳恵介 : 1950年、東京生れ。成城大学大学院博士課程(国文学)を修了。現在、成城学園教育研究所勤務、成城大学短期大学部日本文学科非常勤講師

牧山桂子 : 1940年、白洲次郎・正子夫妻の長女として、東京で生れる。2001年10月、旧白洲邸「武相荘」を記念館としてオープンさせる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 文句有蔵 さん

    書庫から引っ張りだして再読。「白洲次郎」という、日本を代表する色男を更にうっとりと忍ぶにはうってつけの一冊。ふんだんに写真が使われているが、中でも17歳の次郎はハッとするほどの美少年ぶりである。生まれた時はビリケンさんだったのが、どうしてこうも変わったのか(笑)若い頃、といっても2004年の初版本なのでほんの10年前のことだが、当時は気づかなかったが今改めて読み返すと、次郎は相当にスノッブな人だったのだなと思う。クレオパトラの鼻の話は有名だが、次郎もまた、後20cm背が低ければ歴史は変わったのかもしれない

  • ルル さん

    ダンディとは彼のための言葉

  • 雨巫女 さん

    白洲次郎さんは、若い時も歳を重ねても、ダンディーだ!

  • ラーメン小池 さん

    白洲次郎とは、戦後日本の独立回復のためGHQに対し正々堂々と渡り合い、「従順ならざる唯一の日本人」と評され、また英国流の教養を身につけた本物の紳士である。本書では、その生い立ちから、英国時代、晩年までを、ダンディズムにあふれる美しい写真を豊富に用いて紹介する。”カントリー・ジェントルマン”と呼ばれる、地方に住んでいながら中央の政治に目を光らせる、という生き方を理想とし、田舎と農業を愛すなど、白洲のバックボーンも覗える。そして、白洲を白洲たらしめているのは英国の教養であり、また妻の正子である、と感じた・・。

  • fuji. さん

    昭和の激動の時代を生きた白洲次郎氏の回想録。写真がたくさん使われており、次郎氏の人生を共に旅しているような気分に浸れる。ダンディと評される次郎氏だが、いつも義憤に駆られ何かに怒っていたというエピソードはなんだか親近感が沸く。また愛娘とのエピソードは読む人の心を温かくする。「夫婦円満の秘訣は一緒にいないこと」という氏のジョークから、正子夫人は氏にとって最高の伴侶だったことが感じられた。この本を入門書として、白洲次郎という人が昭和史に残した足跡をさらに詳しく知りたいと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド