白洲次郎 占領を背負った男 上 講談社文庫

北康利

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062762199
ISBN 10 : 4062762196
フォーマット
出版社
発行年月
2008年12月
日本
追加情報
:
15cm,254p

商品説明

第14回 山本七平賞 受賞!

日本でいちばん格好いいといわれている男・白洲次郎。
明治35年に兵庫県で生まれ、英国へ留学。戦後、吉田茂の側近として日本国憲法制定の現場に立ち会い大きく関与した。しかし、彼は表舞台には立たずに、在野精神というダンディズムを貫き通すのであった。
初めて知る方にもお勧めの白洲次郎評伝決定版。

「この本を読めば、日本国の絶体絶命の状況下で、ひとりひとりの日本人が、如何に力を尽くして闘ったかが見えてくる」――<櫻井よしこ・解説より>

内容詳細

日本でいちばん格好いいといわれている男・白洲次郎。明治三五年に兵庫県で生まれ、英国へ留学。戦後、吉田茂の側近として日本国憲法制定の現場に立会い大きく関与した。しかし、彼は表舞台には立たずに、在野精神というダンディズムを貫き通すのであった。初めて知る方にもお勧めの白州次郎評伝決定版。

目次 : 稀代の目利き/ 育ちのいい生粋の野蛮人/ ケンブリッジ大学クレア・カレッジ/ 近衛文麿と吉田茂/ 終戦連絡中央事務局/ 憤死/ “真珠の首飾り”―憲法改正極秘プロジェクト/ ジープウェイ・レター/ 「今に見ていろ」ト云フ気持抑ヘ切レス/ 海賊と儒学者と実業家のDNA

【著者紹介】
北康利 : 昭和35年12月24日名古屋市生まれ、東京大学法学部卒業後、富士銀行入行。資産証券化の専門家として富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長等を歴任。平成20年6月末でみずほ証券退職。本格的に作家活動に入る。現在、PHP総合研究所「次代を考える東京座会」メンバー、中央大学専門職大学院国際会計研究科客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mitei さん

    日本国憲法の成立過程がよくわかる内容だった。この憲法を変えることを後世の人に託して涙を飲んでいったのに、今の時代目の前のことだけに終始しているように感じた。しかし白洲次郎カッコイイな

  • saga さん

    【再読】以前NHKドラマスペシャル「白洲次郎」を観たのが購入動機。その時は、ただ格好良さに惹かれたが、下山事件や『日本の黒い霧』を読了後に読むと、本書で語られる白洲次郎が果たしたGHQとの攻防は光と影の光の部分だ。GHQや吉田茂を含めた高官と関わっていたと言うことは、人知れない闇の部分にも関わっていたことを想像させる。それを差し引いても彼の生き様に感銘を覚える自分がいる。

  • mazda さん

    史実を読むのにはいいかも知れないが、近衛がこれほど美化されて描かれているのは許容できないと思う。吉田茂については、広田、白洲に随分助けられたことで、後年総理大臣としてやっていけたのだ、と改めて思った。しかし、怒り狂ったときの吉田の「GHQなど”Go Home Quickly”だ!」という発言には、怒りながらもウィットを感じさせるものがある。大物はやはり違うんだな。

  • 佐島楓@勉強中 さん

    白洲次郎の評伝。三人称ながら次郎の視点で書かれるところも多く、読みやすい。上巻は誕生から日本国憲法施行まで。下巻へ。

  • 佳乃 さん

    なかなか今の世の中、こんな風な生き方をしている人なんていないよなぁ。人としても魅かれるなぁ。名前は聞いたことあるなぁ・・・くらいでいてごめんなさい。と、思ってしまいました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

北康利

昭和35年12月24日愛知県名古屋市生まれ。東京大学法学部卒業後、富士銀行入行。資産証券化の専門家として富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長等を歴任。平成20年6月末でみずほ証券退職。本格的に作家活動に入る。“100年経営の会”顧問。日本将棋連盟アドバイザー。著書に『白洲次郎 占領を背負った

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド