白洲次郎 占領を背負った男 下 講談社文庫

北康利

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062762601
ISBN 10 : 4062762609
フォーマット
出版社
発行年月
2008年12月
日本
追加情報
:
15cm,252p

商品説明

少年のようにスポーツカーをこよなく愛した一方で、戦後いち早く日本の経済的独立を目指し通商産業省創設に奔走。ところが創設後はすっと身を引く。全てが次郎の「紳士の哲学」であった。エッセイスト白洲正子とともに過ごした彼の人生を膨大な資料を基に解き明かす必読の白洲次郎評伝。

「北氏が描いたこの魅力ある人物の、大きな権力を相手に、臆せず果敢に闘う精神にこそ、学びたいものだ」――<櫻井よしこ・解説より>

内容詳細

少年のようにスポーツカーをこよなく愛した一方で、戦後いち早く日本の経済的独立を目指し通商産業省創設に奔走。ところが創設後はすっと身を引く。全てが次郎の「紳士の哲学」であった。エッセイスト白洲正子とともに過ごした彼の人生を膨大な資料を基に解き明かす必読の白洲次郎評伝。

目次 : 巻き返し/ ケーディスとの最終決着/ 通商産業省創設/ 只見川電源開発/ 講和と独立/ そして日の丸は再び揚がった/ 素顔の白洲次郎/ 日本一格好いい男/ 葬式無用、戒名不用

【著者紹介】
北康利 : 昭和35年12月24日名古屋市生まれ、東京大学法学部卒業後、富士銀行入行。資産証券化の専門家として富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長等を歴任。平成20年6月末でみずほ証券退職。本格的に作家活動に入る。現在、PHP総合研究所「次代を考える東京座会」メンバー、中央大学専門職大学院国際会計研究科客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mitei さん

    とにかくかっこ良かった。今の日本人にはこのような人がいるんだろうか?

  • やてつ さん

    歳を経るごとにさらに凄味を増す二郎の仕事っぷり!この人がGHQ占領時代の日本に居なかったなら、現在この国はどうなっていたことやら。ただただ感謝。生き様も死に様もかっこいい!次郎を重用した吉田茂についてもいずれ研究したい。

  • mazda さん

    読みたい内容としては、少し物足りない感じ。それでも、白洲が戦後日本の立場をできるだけよくできるように尽力したことはよくわかった。晩年、ゴルフ倶楽部の理事になった際、やってきた中曽根首相に対し、会員でないからということで記者とSPの入場を断った。このとき、SPは双眼鏡で首相を監視するしかなく、「バードウォッチングか?」と言ったという。当時、首相がその時々で立場を変えることから、「風見鶏」と呼ばれていたことを皮肉ったものらしい。こんなジョークがすんなり出てくる日本人、いますか?白洲さんはやはり大物だと思う。

  • 佐島楓@勉強中 さん

    吉田茂の懐刀であり、親友を超えたような存在でもあった次郎。彼の考え方すべてに首肯するわけにはいかないが、その強引な正義感がなかったら今の日本のかたちは違ったものになっていたかもしれない。すさまじい時代を駆け抜けていった次郎。関連する本を今後も読んでゆこう。

  • saga さん

    【再読】上巻での憲法改正のエピソードの次に大きな山場が講和・独立に関することだ。吉田全権の講和受諾演説を日本語で行わせるくだりは緊張感が伝わる。次郎は墓場に持っていくべき闇にも触れていたが、彼の生き様に通る筋=プリンシプルがあったからこそ、表舞台でも縁の下でも力を発揮できたのだろうと思う。そして死に様「葬式無用、戒名不用」も憧れる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

北康利

昭和35年12月24日愛知県名古屋市生まれ。東京大学法学部卒業後、富士銀行入行。資産証券化の専門家として富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長等を歴任。平成20年6月末でみずほ証券退職。本格的に作家活動に入る。“100年経営の会”顧問。日本将棋連盟アドバイザー。著書に『白洲次郎 占領を背負った

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド