墓場鬼太郎 3 角川文庫

水木しげる

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041929155
ISBN 10 : 4041929156
フォーマット
出版社
発行年月
2006年10月
日本
追加情報
:
15cm,323p

商品説明

懐かしく微笑ましい妖怪ワールド。貸本まんがが主流だった時代に描かれた、水木しげるの代表作『ゲゲゲの鬼太郎』の原点ともいうべき作品を完全収録したシリーズ第3弾。ゲゲゲとも違う鬼太郎やねずみ男が描かれている。

誰もが知っている正義の味方『ゲゲゲの鬼太郎』が誕生する前に貸本まんがとして描かれた、水木しげるのセンスが光る妖怪まんがの第3巻。おなじみのねずみ男や目玉おやじだけでなく、人狼や吸血木、ニセ鬼太郎などとの日常生活を描いた『ゲゲゲの鬼太郎』とはひと味違った作品。第3巻では、恋とそしてお金に重きを置き、人間社会の皮肉さを描いている。解説は水木しげると親交の深い荒俣宏氏。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • コウメ さん

    ネズミ男の性格と生態がよくわかる第三巻。「人が困っている時に助けないのが僕の趣味」。ネズミ男の皮膚の粉に触れるとウルシにかぶれたようになる。汚い。ネズミ男の服を着ると麻疹(はしか)になる。汚い。/偽鬼太郎と鬼太郎を召使いにする話だけど、鬼太郎はともかく偽鬼太郎はネズミ男の仲間じゃなかったのか!でもネズミ男の全く人間性のなさは逆にに面白い。

  • ベーグルグル さん

    鬼太郎がタバコ吸っていたり、結構、出てくるメンバーは悪役な感じで突っ込みどころ満載。トランク永井(フランク永井)や大空ひばり(美空ひばり)、坂本九(そのまま)も出てくる。

  • アビ太郎 さん

    主要メンバーであるキャラクターがあっさりと死んでも、それを特に気に留めることもなく淡々と話が進んでいく。水木さんの戦争体験が、この感覚を生み出しているのだろう。

  • キッチンタイマー さん

    なんかすごく好き。全員悪役でユーモラス。対象年齢何歳なんだろう。現代だったら鬼太郎の喫煙で中学生向けでもアウトだよね。図書館だけど揃えて買おうかなあ。

  • ふろんた さん

    ★★★

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

水木しげる

1922年生まれ。鳥取県境港市で育つ。幼少時、近所に住む老婆『のんのんばあ』から不思議な話や妖怪の話を聞き、強い影響を受ける。太平洋戦争時、激戦地であるラバウル・ニューギニア戦線に従軍。爆撃を受け左腕を失う。復員後、魚屋、輪タクなどの職業を転々としたのち、神戸で紙芝居作家となる。その後単身上京し、貸

プロフィール詳細へ

水木しげるに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド