墓場鬼太郎 6 角川文庫

水木しげる

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041929186
ISBN 10 : 4041929186
フォーマット
出版社
発行年月
2007年01月
日本
追加情報
:
15cm,271p

商品説明

日本に妖怪ブームを巻き起こした『ゲゲゲの鬼太郎』。その原点というべき貸本時代の名作『墓場鬼太郎』シリーズが堂々完結。「怪奇オリンピック」と「ないしょの話」の2本をカラーページもそのままに完全収録。

「妖怪が人間社会でいきてゆくのは楽じゃねえや……」
世知辛い世の中生きるため、『あの世保険』の勧誘を始めた鬼太郎にそそのかされた男の死後の世界での物語を描いた「―怪奇オリンピック―アホな男」。幻の怪獣、ゼウグロドンの捕獲に挑んだ探検隊とねずみ男の活躍を描いた「ないしょの話」の2本を収録。妖怪ブームの原点『墓場鬼太郎』シリーズついに完結。 解説は高橋克彦氏。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

水木しげる

1922年生まれ。鳥取県境港市で育つ。幼少時、近所に住む老婆『のんのんばあ』から不思議な話や妖怪の話を聞き、強い影響を受ける。太平洋戦争時、激戦地であるラバウル・ニューギニア戦線に従軍。爆撃を受け左腕を失う。復員後、魚屋、輪タクなどの職業を転々としたのち、神戸で紙芝居作家となる。その後単身上京し、貸

プロフィール詳細へ

水木しげるに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド