墓場鬼太郎 5 角川文庫

水木しげる

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041929179
ISBN 10 : 4041929172
フォーマット
出版社
発行年月
2006年12月
日本
追加情報
:
15cm,269p

商品説明

2007年に公開されるウエンツ英士主演の実写映画『ゲゲゲの鬼太郎』。その原点となったこの墓場シリーズも第5弾。ついにあのブリガドーン現象が東京を襲う。このままでは全世界が妖怪のものに。そのとき鬼太郎は!?

タバコを吸い、人を殺し、溶けても再生する。正義の使者でもヒーローでもなければ、毛ばりも指鉄砲もない。けれど最も妖怪らしい鬼太郎に出会える人気シリーズ。仙術を極め魂だけで行動する仙人との対決を描いた「おかしな奴」。調布の町を襲った怪奇現象ブリガドーンの中で、繰り広げられる鬼太郎たちの活躍を描いた「ボクは新入生」の長編2編を収録。墓場鬼太郎文庫シリーズのカバーも珍しいものばかり。要チェックの1冊。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • リッツ さん

    再読〜。久しぶりに読んだら面白い!でも鬼太郎誕生パターンで微妙に違って幾つもあるんだよねぇ。子供もの頃並べて比べた覚えが。これは比較的穏やかなほう、赤ん坊の鬼太郎かわいい!そしてそう思ってみると、アシスタントだったつげ義春さんが描いた?と思える人物が。それも醍醐味ですねぇ。煙草ふかして色気づく鬼太郎、目玉おやじとの親子の会話、そしてねずみ男!ハマるぅ!今のアニメのつるんとした鬼太郎にはない味わいに「うわぁ♡」当時の世相にそこかしこ風刺もきいている。もっと読みたーい!

  • ふろんた さん

    ★★★

  • 袖崎いたる さん

    どうやら1〜4巻とは別の世界線らしく、巻き戻って微妙に設定が削れていたり加えられていたりしている。ねずみ男などは鬼太郎と友達になってしまっている(それでも唾棄すべき友人の範疇にあるが)。この巻ではぼくの知っているアニメでの『ゲゲゲの鬼太郎』の、怪奇事件専門家みたいな設定になっている。ぼくはこの『墓場鬼太郎』の物語も好きなんだけど、鬼太郎の設定も大好きで、更にこの巻を眺めていて改めて思い至ったのは、水木さんの描くキャラの愛嬌に惚れている自分がいるということだった。嵐の夜に扼されているロリ鬼太郎は特にやばい。

  • 三柴ゆよし さん

    「僕は新入生」がとにかく凄い。ブリガドーン現象のインパクトが周到な隠れ蓑となって忘れがちだが、実はそれ以前に、作中人物たる水木しげるは、冒頭の喫茶店において、より深度の深いメタ世界へと足を踏み入れている。さらに、作中人物たる水木の上位には、本作の創造主たる「水木」が当然存在するのであって、つまり本作は計三重のメタ構造を有していることになる。現実→現実主義的作中世界→魔術的作中世界→超魔術的(?)作中世界という流れが、妖気放出機の崩壊によって一気に逆流するクライマックスには、只々唖然。怪物的傑作。

  • flatscan さん

    1巻と被るが、鬼太郎が生まれた経緯が描かれている。別出版社での別物。比較すると面白い。「おかしな奴」は、鬼太郎が謎解きめいた事を無理して?やってるのが可笑しい。「ボクは新入生」はブリガドーンの話。主人公は水木しげる自身。想像で描いてたはずの鬼太郎が御大の前に現れて、実は想像上の人物ではなかった!という、衝撃の展開なんだが、その辺はさらっと流してブリガドーン現象の方がメインに。御大の妻子の生活の様子・会話とか描かれてて、興味深い。このユルさよ。あと”勲章もらえない”こだわりは何なの。ある意味、予言なの?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

水木しげる

1922年生まれ。鳥取県境港市で育つ。幼少時、近所に住む老婆『のんのんばあ』から不思議な話や妖怪の話を聞き、強い影響を受ける。太平洋戦争時、激戦地であるラバウル・ニューギニア戦線に従軍。爆撃を受け左腕を失う。復員後、魚屋、輪タクなどの職業を転々としたのち、神戸で紙芝居作家となる。その後単身上京し、貸

プロフィール詳細へ

水木しげるに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド