墓場鬼太郎 4 角川文庫

水木しげる

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041929162
ISBN 10 : 4041929164
フォーマット
出版社
発行年月
2006年11月
日本
追加情報
:
15cm,275p

商品説明

アニメで正義妖怪として活躍する鬼太郎ではなく、人間よりも人間らしく、そして何よりも妖怪らしい鬼太郎が堪能できる一冊。現代社会や人間模様を風刺しつつ、妖怪という存在を滑稽に描く水木テイスト満載の第4弾。

最も妖怪らしかった時代の「鬼太郎」に会える(中沢新一)

『ゲゲゲの鬼太郎』とはひと味違う、ディープでニヒルな鬼太郎と出会える貸本まんがシリーズ。鬼太郎と人間との対決を描いた「怪奇一番勝負」と、吸血鬼との対決を描いた有名な作品「霧の中のジョニー」が収録されている。圧倒的な画力とダークな展開に、当時の子供たちが熱狂した妖怪ブームの原点。今読んでも新鮮さと感動を味わえる4巻目は、水木しげるの独創性と先見性に驚かされる。 解説は中沢新一氏。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ベーグルグル さん

    今回は2話収録。霧の中のジョニーはアニメでも観た記憶がある。鬼太郎が人間を殺したりすると思いきや、首相を守るための正義の味方だったり。ネズミ男も鬼太郎を救う手助けをしたり、今までの墓場鬼太郎とは少し違う感じだった。

  • ホークス さん

    貸本の復刻版。解説で中沢新一氏が指摘している通りの要素がここにある。「本物の邪悪さ」「正真正銘の人間の卑劣さ」「生き物の死体に触れてしまったような不気味さ(登場したばかりのミッキーマウスもこんなだった)」。自由というものは本来、野生の残酷さ、冥界の禍々しさ、死と隣合わせの軽やかさなどを併せ持つ事に改めて気付いた。水木しげるは亡くなったが、誰も真似できないメッセージを、到底昔話とは言えない生々しさで送り続けている。有難い事である。

  • アビ太郎 さん

    四巻だけずっと最寄りの図書館で貸し出し中のままになっていた。半年以上待ってようやく読めた。ゲゲゲになってからの点描画に力を入れ始める頃よりも、ベタッと力強く押し付けた感じのタッチの、墓場時代の絵柄のほうが断然好み。殺伐としたというか、飄々とした感じのストーリーテンポも肌に合う。

  • 袖崎いたる さん

    鬼太郎とねずみ男との関係が『ルパン三世』におけるルパンと銭形警部との関係に相似している。双方とも初期では互いを殺害するのも厭わないという関係性であったのだが、憎いも嫌いも好きの似たものといった具合に、ときに助け合ったりし、しかし仲良しこよしというわけでもない。そんな関係。この巻では吸血鬼が登場し、そいつのせいで鬼太郎がピンチになるのだけど、利己を含んでいたとはいえねずみ男は鬼太郎を救うことになる。そんな関係を見ているとなんだかほほえましく思えたりする。それとねずみ男のおちんちんは随分と可愛らしいんだねぇ。

  • ふろんた さん

    ★★★

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

水木しげる

1922年生まれ。鳥取県境港市で育つ。幼少時、近所に住む老婆『のんのんばあ』から不思議な話や妖怪の話を聞き、強い影響を受ける。太平洋戦争時、激戦地であるラバウル・ニューギニア戦線に従軍。爆撃を受け左腕を失う。復員後、魚屋、輪タクなどの職業を転々としたのち、神戸で紙芝居作家となる。その後単身上京し、貸

プロフィール詳細へ

水木しげるに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド