いとも優雅な意地悪の教本 集英社新書

橋本治

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087208993
ISBN 10 : 4087208990
フォーマット
出版社
発行年月
2017年09月
日本
追加情報
:
232p;18

内容詳細

意地悪は単なる悪口や暴力とも違って、洗練を必要とする「知的かつ優雅な行為」である。だからこそ、意地悪には人間関係を円滑にし、暴力的なエネルギーを昇華させる効果がある―。他者への罵詈雑言やヘイトスピーチといった、むきだしの悪意が蔓延する現代社会。橋本治は、その処方箋を「みなが意地悪になること」だとして、古今東西の例を挙げてその技術を具体的に解説する。読めば意地悪な人になりたくなる社会・文芸評論!

目次 : 第1講 意地悪とはなにか/ 第2講 メリル・ストリープに学ぶ意知悪の意味/ 第3講 樋口一葉は頭がいい/ 第4講 紳士は意地悪がお好き/ 第5講 紫式部に陰険さを学ぶ/ 第6講 男と女はどっちが意地悪か/ 第7講 悪を考える/ 第8講 それで、この話はどうまとめればいいのだろう

【著者紹介】
橋本治 : 1948年、東京生まれ。東京大学文学部国文科卒業後、小説、評論、戯曲、エッセイと幅広く文筆活動を行う。『古事記』『源氏物語』『枕草子』『平家物語』といった古典の現代語訳も多い。『宗教なんかこわくない!』で新潮学芸賞、『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』で小林秀雄賞、『蝶のゆくえ』で柴田錬三郎賞、『双調平家物語』で毎日出版文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • くさてる さん

    「意地悪」というテーマを、樋口一葉、夏目漱石から紫式部にアメコミヒーローまで縦横無尽に取り上げて、さらさらと饒舌に語っていくこの形式は、まさに橋本治っぽい。理解できそうなところでぱっと手を離されて、分からなくなったところでぎくりとするような言葉が差し込まれる。丸一冊読み終えて、なにが分かったか分からないかも不明なままで、でも面白かったし、もういちど読み直せばまたなにか見つかりそうな、そんな一冊でした。

  • ophiuchi さん

    この人は自己を過大でも過小でもなく評価していると意味で「自分の頭の良さ」を分かっていて、私の書いていることが分からないのはあなたの頭が悪いからだよと意地悪をしかけている。要は日本人全体が馬鹿になったと言いたかっただけ?

  • 香菜子(かなこ・Kanako) さん

    いとも優雅な意地悪の教本。橋本治先生の著書。意地悪は肉体的暴力や攻撃とは違う。意地悪は悪口や陰口、罵詈雑言とも違う。意地悪は本来は知的で優雅な行為。橋本治先生から優雅な意地悪の仕方を学べる良書。

  • とくま さん

    ×P12。 最初っからちょっと良くわからない。

  • 田中峰和 さん

    橋本治が自分の意地悪の定義に基づき、古今の文学者とその作品、映画作品など思いつくまま評価する。頭がよくなければ意地悪になれないという橋本なりの定義から、「樋口一葉は頭がいい」と断定する。「たけくらべ」冒頭の名文を、いきなりの啖呵といわれても大抵の読者は理解が困難。むしろ橋本の意地悪ぶりが面白い。NHK朝ドラで一葉をモデルにしたものができない理由をあげる。「あさが来た」のヒロイン、本物は柔道女子並みのガタイだが、主演は細身の波留。おかずクラブのゆいPでは誰も見ないが、本物が綺麗な一葉ではキャストが難しい?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

橋本治

1948年東京都生まれ。東京大学文学部国文科卒業後、1977年『桃尻娘』で小説現代新人賞佳作を受賞しデビュー。1996年『宗教なんかこわくない!』で新潮学芸賞、2002年『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』で小林秀雄賞、2005年『蝶のゆくえ』で柴田錬三郎賞、2008年『双調平家物語』で毎日出版

プロフィール詳細へ

橋本治に関連するトピックス

  • 追悼・橋本治さん 小説「桃尻娘」や異色の古典現代語訳「桃尻語訳 枕草子」をはじめ、評論など多彩な執筆活動で活躍した作家の橋本治(はしも... |2019年02月05日 (火) 11:48
    追悼・橋本治さん

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品