予知夢 文春文庫

東野圭吾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167110086
ISBN 10 : 4167110083
フォーマット
出版社
発行年月
2003年07月
日本
追加情報
:
16cm,270p
16cm,270p

商品説明

深夜、十六歳の少女の部屋に男が侵入、母親に猟銃で撃たれた。男は十七年前に少女と結ばれる夢を見たと言う。天才科学者湯川、参上。

内容詳細

深夜、16歳の少女の部屋に男が侵入し、気がついた母親が猟銃を発砲した。とりおさえられた男は、17年前に少女と結ばれる夢を見たと主張。その証拠は、男が小学四年生の時に書いた作文。果たして偶然か、妄想か…。常識ではありえない事件を、天才物理学者・湯川が解明する、人気連作ミステリー第二弾。

【著者紹介】
東野圭吾 : 1958年、大阪生まれ。大阪府立大学電気工学科卒。エンジニアとして勤務しながら、1985年、「放課後」で第31回江戸川乱歩賞受賞。1999年、「秘密」で第52回日本推理作家協会賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
前作の「探偵ガリレオ」よりも科学的な要素...

投稿日:2012/10/26 (金)

前作の「探偵ガリレオ」よりも科学的な要素が薄まり、オカルト色が強くなっています。前作の専門的な部分がなくなった分、読みやすく楽しめました。

ameg さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
【概要】 物理学者・湯川学と刑事・草薙俊...

投稿日:2010/01/15 (金)

【概要】 物理学者・湯川学と刑事・草薙俊平のコンビが活躍するシリーズ第2弾。 今回も次々に巻き起こる数々の不思議な現象に挑む湯川と草薙。 ”夢想る”, ”霊視る”, ”騒霊ぐ”, ”絞殺る”, ”予知る”の5編を収録。     【感想】 前作と同様、読みやすい短編集になってます。 湯川は”ガリレオ先生”の呼び名が定着しちゃってます。 今回は前回に比べると、一見すると特に不思議でもないような事件の裏側に隠された真実に迫る!みたいな色が強いかなぁ…と。 あと、前作よりも理工系色はちょっと弱まってるような気がします。 個人的には、第5章”予知る”のラストが「なるほど、そう来たか…」という感じで印象的でした。

NoViTa さん | 兵庫県 | 不明

1
★
★
★
★
★
ガリレオの続編。科学的な捜査のみならず複...

投稿日:2009/12/16 (水)

ガリレオの続編。科学的な捜査のみならず複雑な人間関係を軸に展開させながら、湯川の分析力で味付けしている。

サニーデイズ さん | 千葉県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Tetchy さん

    本書に収められている不思議は予知夢、虫の報せ、ポルターガイスト現象、予知視といったオカルト風味の不可解な現象なのが特徴的だ。そんな謎に湯川学は少ない証拠から閃いて真相を推理する。東野版御手洗潔というのが妥当か。本書では謎の強さで云えば、冒頭の「夢想る」が強烈。危ういながらも論理的に解き明かす。非常にアクロバティックだが一応納得はできる。逆にシンプルながらも余韻が残るのが最後の「予知る」だ。今までの構成とは逆のパターンを取っているのが面白いが、何よりもラストの余韻が抜群だろう。さて次は『容疑者Xの献身』だ!

  • mitei さん

    一件普通の事件に怪奇現象が入ってそれを科学的に解明していくというパターンが多かったが、いつもどんな現象なのか気になるようになってるので面白い。

  • 愛の伝道師カロン@初めての人とは上手にお喋りできませんよっ さん

    ガリレオシリーズ第2弾。読みやすくて面白い。科学で事件の謎を暴く、他ではあまり見られないストーリーにワクワクです。短編だからか、少し軽い気もしますが、まあ、それほど気になりませんね。さあ次は傑作と誉れ高い、ガリレオ初の長編『容疑者Xの献身』を読みます。楽しみ―♪

  • どんちん さん

    ガリレオシリーズではあるが、少々淡白?前回より物理現象に関しては、わかりやすさを考慮したせいかもしれない。そのせいか、どこかで聞いたような、読んだような話が多くなってしまったのかなと感じた。それでも、なるほどという視点で解決への糸口をみつけるところは、さすがである。個人的には、第5章「予知(し)る」がいい。これは物理現象というよりは、東野マジックがしかりとまぶしてあるからだ。長編にしても、それなりにいけるのでは?と感じた作品だ。

  • 射手座の天使あきちゃん さん

    シリーズ第二弾 短編なので肩が凝らずに読めます。オカルト事件担当刑事(笑)・草薙が持ち込む謎を、天才物理学者・湯川が鮮やかに解き明かします。下調べはしているにしても、東野さんの物理学応用力と突飛な場面設定力に脱帽・お見事です! m(_ _)m  それにしても大学の助(准)教授が、こんなに暇してていいのかなぁ!?(笑)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

東野圭吾

1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒業。85年、『放課後』で江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。99年、『秘密』で日本推理作家協会賞、2006年、『容疑者Xの献身』で直木賞、12年、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で中央公論文芸賞、13年、『夢幻花』で柴田錬三郎賞、14年、『祈りの幕が下りる時』

プロフィール詳細へ

東野圭吾に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド